「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2013-11-13

=2013-11-13=

ワードからコピー

想像力をつけると、覚えるようになる。
想像力は、止まって、動いているものを見ればつく。
心理的に考えれば、治る。
記録するのを止めれば良い。
精神分析で、新しい精神を作るのを止めれば良い。
意識をそんなに分からなくて良い。
自動で考えず、手動で考えれば良い。
あとは、記録しなければ、昔に戻る。
昔は、想定と洞察と分析で分かっていた。
色んな体験を予想して分かっていた。
具体的な理由と具体例から分かっていた。
時計というものがあることで、物事の移り変わりに時間と言う意味を追加できる。
月の光の反射を見れば、太陽があることが実感できる。
そのように、実感から存在と意味を考えて、気づいていただけだ。
人間は、分からないものは分からない。分かるものから分かれば良い。
不可知論と、唯名論と、理性主義や経験主義は、同じだ。
人間が作ったものなのだから、前提や考え方を分かれば、他人の発想も分かる。
辛いことを書くと辛いから、辛くないことだけを書けば良い。
それは、感情で分かる。
実際と仮想、構造と関係から、世界を証明せよ。積み重ねよ。
それで、終わりだ。
あとは、社会や心理の「出来る」や「出来ない」でも考えれば良い。
辛くても治りたいのがおかしい。辛かったから、仕方ない。
もう、治らなくて良い。
昔は、世界観とモデル、環境と活動、考え方、自由と認識と共同体ぐらいしかなかった。
最近は、数学的認知学をした。
言葉で証明し、認識で考え、論理学を作った。
そのまま、神と戦いで全てが分かった。
全ては、状態、成り立ち、条件、実現、システムだ。
推論し、実現するための方法を考えて、何を誰に与えるべきか考えることだ。
自殺が悪かった。自殺を殺した方が良い。
歩き回らなくなって、楽にはなった。
だが、自殺は辛い。耐えれば良いようで、殺せば良い。
僕は、宇宙を創って、世界観を辿った。
建設的に考えるべきだ。
全て最後まで分かるのも、治るのも、世界を変えるのも、日本を利用して支配するのも、諦めた方が良い。
すぐに止めて、自分だけ治るべきだ。
僕は、一切失敗しないのは良いが、それでは、成功もしない。
間違わなければ、正しくすることも出来ない。
成功は、失敗から生まれる。
1つ1つ、どうしたら良いか考えるべきだ。
おかしなまま精神がくっついて、足がおかしくなったのは、統一して、同質化すれば良い。