「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2013-11-11

=2013-11-11=

ワードからコピー

そろそろ書きたくない。だが、当たり前の科学を書いていたのを、まだ書いていない。
当たり前のことを書くと、科学が出来て分かる。
昔も、科学を作っていただけだ。
昔は、仮想と現実の本質や、思考の積み重ねと適用で分かった。
最近は、定義を書いて、説明して、物理的に分かった。
どちらも、物理だ。
ものは、動く。光は、反射し、吸収される。
地球は、丸い。生命は、遺伝子の通り生きる。植物は、ツリー構造をしている。
コンピュータは、計算する。惑星は、自転と公転がある。
そのように、当たり前の科学を書いて、全てを言葉で分かっていた。
昔は想像力と知性の言葉が多かったが、最近は判断と理性の言葉が多かった。
もう、書かない。辛いだけだ。
コンピュータは、人間のすることや手順を自動で実行する。
抽象的に論理を積み重ねて、全部同じにして、説明可能にして分かった。
変化、想像力、感情、可能性だ。
現象を正しく分かり、存在を吸収すれば宇宙が科学的に分かる。
脳が死ぬ。それで終わりだ。
若いうちに色んなことを経験すると、すべて良く分かる。ネットはそういう風に良い。
だが、パソコンは悪い。ゲームや学校ごと、すべて消え去って分からなくなる。
悪いものが多いようで、ただ自分の遺伝子が悪いだけだ。
文章を書くなら、全部同じ言葉にして、思い出して分かると良い。
人間は皆同じだ。経験は違う。だが、自分の脳は、あまり違わない。普通はすべて普通だ。
あとは当たり前の法則が多い。
人間は、ものを食べなければ生きられない。酸素や水も必要だ。
法則と手法は対応関係にある。原因と結果だ。
すべての地点に到達出来る文章を書きたかった。
すべてを知りたかった。
すべてを体験したかった。
全員は、認識と世界観の共鳴だ。
皆を治す意味がない。自分だけ治れば良い。
水は川となって海に流れる。時間は関係する。当たり前のことから法則を導いて分かる。
原因と結果を知れば出来るようになる。
環境とモデルを知れば理由が分かる。
意識と脳を記録し、ツリー構造で全員作って神が生まれるだろう。
脳が死んだ。
あとは、頑張っただけだ。頑張るのが悪いから、頑張らなくて良い。
あとは、思い出せば良い。
馬鹿なのに賢いのもおかしいから、馬鹿で良い。本当にそこまでの馬鹿だ。
具体的な人間と体験と考え方で分かると良く分かる。それが自由だ。
自由とは、方法とシステムと共同体と決まりを皆で作り、築き、与えることだ。
自由とは、個人の自由を認めながら、集団で組織になることだ。
理性と経験、言葉と数学で全て分かる。むしろ、感情と人生で最初から分かっている。
馬鹿が賢いのはおかしい。馬鹿は、分からなくていい。
一番馬鹿で賢いなら、その方が賢いから、馬鹿になる。馬鹿は、馬鹿で良い。
自由とは、環境と文化を守り、共存することだ。
戦いは、同質化と不自由から生まれる。だが、自由や多様性も同じだ。
平等で自由な方が良い。それが平和だ。
説明すれば知性がつく。説明可能にすれば分かる。
変化と考え方を考えれば良い。
ものはものから生まれる。
すべては、エネルギーと想像力と変化だ。
ものは、加工し、工夫して生まれる。
論理には意味があり、適用出来る。また、積み重なる。
そして、角度を変えて理解し、意味を持たせることが出来る。
意味を増やすだけで、数学や言語が作れる。
想像力で把握すれば、科学や体験や変化が分かる。
環境は、宇宙だ。
食べ物には、味がある。
物理には、質量とエネルギーと熱と等速運動がある。
そのように考えれば分かる。構造にすれば良い。
死ぬことが無くて、安心出来て、余裕と楽がある世界が良い。
出来れば、材料と手段と基礎と情報があると良い。
ただ、怖いまま放っておくと、分かる人間も多い。
人間は、治れば分かる。
イデアと工夫を共有すると、世界が良く分かる。
神は、信じれば信じるほど分からなくなる。
世界観と考え方を考えれば分かる。
認識や記憶、感情、意識と環境を考えれば、全員が分かる。
言語の順番を自由にせよ。
言葉にして、視点を表現せよ。
モチベーションを高め、常に挑戦せよ。
諦めること無く、希望を持って継続せよ。
すべてを信じなさい。
知恵に従いなさい。
すべては、遺伝子とドイツ語だ。
すべては、細胞と自由だ。
すべては、理性と平等だ。
生き物は、水と光と空気と栄養素の循環だ。
宇宙は、原子と力だ。
現象は、運動と波だ。
農業の本質は、種と土、そして生きる力だ。
すべては、下準備と初期投資だ。
ピアノは、五線譜と練習による演奏だ。
物語は、登場人物とシナリオ、場面を繋げ、伏線を作り、感動させることだ。
機械は、仕組みと原理、実現だ。
自由は、考えて便利なものを作り、国を豊かにする。
自由は、他の国に勝って、好き勝手に勝つだけだ。
美しいものが賢い。絵画や彫刻だけでなく、音楽や数式も美しい。
下準備から研究すれば分かる。世界を変える発想をすれば良い。
資本主義も自由だ。市場開発せよ。
良く考えると、原子と分子、細胞と仕組みと材料がすべてだ。
馬鹿にならず、冷静になって、もっと良く考えれば良い。
もっと思い出せば良い。
方法と手段から自由に実現し、基礎と概念から自由に発想をすれば良い。
どこの国にも悲惨なものが多いから、ナチが悪い。ナチや右翼を倒すべきだ。
平等は悪くない。平和だ。そんなに辛くない。
皆が辛いと、辛い人間が楽なように見える。
英語はおそらくこういう言語だ。白人は神になっている。
神を信じれば同じになる。日本人は、神を信じないのが悪い。
絶対的なものを信じれば、馬鹿が治る。ただ、賢い方が馬鹿だ。
良く考えると、日本人にも馬鹿が多い。馬鹿はこうなっている。
日本人には、辛い人間が多い。だが、辛いが良い人間が多い。
日本人は日本人で賢い。ユダヤでないだけ、良い国だ。
世界に宣言せよ。
もう全部分かったからもういい。
パソコンは、やけに高度なシステムを乗せるだけ、馬鹿だ。
簡単なことがすぐに出来ない。
だが、壊れないし、コピー出来るし、高度な自動化が出来る。
それだけの計算機だ。
ユダヤ人は悪くない。ユダヤ人は、神になっている。
ユダヤ人や左翼を悲惨に言う、ドイツや日本が悪い。
ただ、ドイツもおかしくはない。ユダヤ人は、こういう風になっている。
唯一1人の指導者が世界を支配して、神と対話し、宣言し、革命と戦争を司る。
それが僕で、ユダヤの天使で、ガブリエルだ。
間にあったものは、それぞれ、ガブリエル、ミカエル、ラファエルだ。
また、ガブリエルの前がウリエルで、ラファエルの後がカマエルだ。
そのように、おかしなユダヤが最初から多い。神に見えて、神はキリストだ。
ガブリエルも、ミカエルも、ラファエルも、ただのユダヤ人だが、天使のような聖書のような文章になっている。それが天使だ。
独立した環境では、自由な多様性と可能性が生まれる。
人間と社会は、もっと正しくなるべきだ。
世界を正す人間の方が良い。皆、自由で平等な世界となれ。
システムを共有しても良い。だが、悪いものは要らない。
愛と創造性の豊かな世界か、楽で賢い努力する世界が良い。
あるいは、皆が決めるべきだ。
全ての決定と解放は、平等であるべきだ。
いつか書いた文章は、世界観を言っていた。
まず、数学を、代数、幾何、解析と言って、微積分や数列と言っている。
そして、宗教をキリスト教イスラム教、ユダヤ教の兄弟と言っている。
また、政治経済を、能力と指導者と言って、インフラに牛乳を流せと言っている。
また、社会主義やナチを言っている。
そして、自分を思い出して、考え方や発想を言っている。
そういう文章が多かった。そのまま、神との対話になった。
あとは、世界をシステムにして全部創っていた。
文章で世界を作る。
環境とシステムが、世界を自由にし、多様で自然な変化を許す。
支配と共同体、経済と政治が、世界を発展させる。
そこでは、取り組みと取り決めが自由に成り立ち、手段と発想を実現する。
そのように、文章で世界のシステムを全部書いていた。
出来るだけ、意味が無く馬鹿になる。何も出来ない方が賢い。
昔は、全部学習して、抽象的に考えて、全部出来るようになった。
だが、それで知性が無くなった。そこが分からなかった。
精神がつくのは、辛い。頑張ると治らない。頑張らない方が治る。