「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2013-11-08

=2013-11-08=

ワードからコピー

書くのも辛いが、書かないのも辛い。何時間も何もしないでいるのは、辛い。
昔は、皆とともに成長して分かった。
皆とネットで関わりながら、色んな大人と話して、関わり合って成長した。
色んな人間とともに知った自由だった。
そのまま、ITのニュースを見て、LinuxWikiを書いて、分かった。
自由と理解を積み重ねて、存在を分かった。
あとは、意識を研究し、真理を探究し、影響力の風上に立っていた。
最近は、文章を書いているだけで、ピアノや農作業をしている。
何もすることがないから、学校に行けばいいが、何か出来るようには見えない。
英会話や、放送大学フリースクールなども多かった。
あとは、iPodで音楽を聴いているだけだ。
テレビやネットは見ないし、ゲームもしない。
戦争や革命、支配者やユダヤのような戦いは、永遠だった。
神が与えた試練は、全て失敗せず、最高で完璧に達成したのだった。
それくらいが、間の時代に合った。
覚えていないから無いように見えるが、支配者の戦いは、多かった。
戦いは、文章から始まり、宣言となって、教え、導き、言葉にするようになった。
それはそのまま、永遠と神になって、対話するようになった。
神だけではなく、黒人やユダヤ人、天使やヒトラーなどが多かった。
それが、そのまま、ヒトラースターリンになって、全て忘れた。
それが、思い出して、昔を書いている。それが今の僕だ。
そのため、戦いではなく、昔の内容が多い。
文章を書いて戦っていたため、文章が昔の内容になった。
最近は、神がドイツ人やフランス人と言ったり、自分のことを全て教えていた。
未来のことが多かったが、この文章のことだった。
ただ、色々と、気持ちの悪い内容が多かった。忘れた方が良い。
最近は、賢い。事故をして、出版して、賢い詩人の哲学者になった。
全ては、この時のために。
それが、今現在の僕だ。
おかしな理解で狂っていたのは、最近、事故をして放っておくと、治った。
死ぬ前が普通だから、普通が分かる。
あとは、自分の文章が普通過ぎるせいで、普通が分かるようになった。
思い出して、全て分かった。
世界は、もう、僕の支配とその終わりによって、滅びずに滅びるだろう。
あとは、Linuxと国と自分の人生と、文学と哲学ぐらいが分かった。
最近の方が国語だ。昔の方が数学だ。社会と理科は、さらに最近に多い。
意識が二重構造になって、ロボットになっていた。
分かって治るのは、何も治らない。忘れてしまえば、普通になるものだ。
全て決めて、導いて分かっていた。
一番正しく、一番普通の支配者だった。
全ては、愛と自由のために。
全ては、秩序と平和のために。
全ては、賢さと真実の探究だった。
昔は、ネットと現実で人間を支配したいだけの馬鹿だ。
想定し、試すことで分かった。客観視と全体像、Linuxのシステムを研究した。
自由な人間だった。
最近は、戦いの末に、自分を治すようになった。
遺伝子を変えても治るが、死ぬほど頑張るとすぐに治る。
あとは、世界は、もう自由になれ。
支配するのはつまらない。皆、全員自由になるのが良い。
人間は、沢山いると、可能性が高まる。組織も間違っていない。
戦争は悪くない。戦えば、強い兵器を作る技術がある日本が勝つのが普通だ。
それに、人種差別は、悪いマイノリティの革命に、多数派の国民が勝ちたいだけだ。
だが、滅びるのは良くない。しかしながら、軍需産業で経済が良くなる可能性もある。
あとは、微積分を書いていない。関数とグラフに接線と面積を付け足して、変動と総和を分かる。おかしな関数、おかしな数だから、そういうおかしな式だと思えばいい。変化が分かって、増え方や減り方が分かる。
また、原子はクォークだが、クォークは、電磁波を素数として捉えれば分かる。自分でも、何だったか覚えていない。
色んな人間と環境や世界を分かっていた。
人間は、原始人と同じだ。
ネットの戦いは、現実の戦いであり、ネットの議論は、現実の議論である。
悲しい時は悲しい。嬉しい時は嬉しい。怖い時は怖い。分かる時は分かる。
そのように、想像力と経験、心理学で分かる。
あとは、支配や解放の関係性を分かる。
また、社会的に分かることも出来る。
参加し、自由にすれば出来るし、管理し、強制すれば出来ない。
そのまま、組織の意見と参加、アイディアの集積、環境の変化を分かれば分かる。
出来るようにすれば良い。手段と機会を与えれば良い。
あとは、根源的な意識と、神と自由と理性で分かる。
精神分析でもすれば、全てを正しくかつ神秘的に理解することが出来る。
変化を想像力で、予想しながら捉え、把握すると、世界が良く分かる。
また、文章を書き、当たり前のことから推論や発想をすることで、新しい知が生まれる。
そのように分かれば良い。
また、文章を書く時に、分からなくするのは悪い。
きちんと分かるようにすれば良い。
あとは、色んな社会が世界中にある。多様性だ。
社会主義から遊牧民キリスト教イスラム教など、沢山の文化がある。
国家モデル的に考えると、支配と自由の形態、実現と共同体の形態を考えられる。
文化を守るのも良いが、勝利しなければならないことも多い。
変化を実感で捉え、想像力で感情を知ることで、世界観を作ることが出来る。
変化はモデルとなり、感情は条件となる。
核兵器は、大国から大国に売却すれば良い。
ユダヤ人とイスラム教徒は、同じ国に共存するべきだ。
EUを拡大するか、アジア帝国を作るかだ。
あるいは、帝国か評議会が、一番出来る。
EUは良い国だ。フランスでも、ドイツでも、イタリアでもある、大きくて強い国だ。
平等も悪いが、自由も悪い。奴隷を作って、奴隷で儲けるだけだ。
だが、健全にするためには、自由競争しかない。
MicrosoftGoogleAppleLinuxが戦うしか、良くならない。
OSはオープンソースにするべきだ。
オープンソースにすれば、別の会社がいつまでもサポート出来る。
OSは無料にするべきだ。
皆が同じ最新のOSを入手し、使うことで、古いパソコンも最新のOSが動く。
遅いなら、ライト版を作れば良い。
国家は、集団で力を持つが、戦争で戦う。
共同体は、皆のものにして、全員助け合って生きられるが、奴隷となる。
どちらも、古い。
評議会が全ての力を持つことで、何でも出来る国が、国家主義社会主義だ。
だが、社会主義は民主主義で、国家主義で無い方が良い。
国家なんか、必要ない。支配者も要らない。そういう共同体も良い。
だが、実現力や判断力があって、全てのことをする、右翼の政治家は、きちんと出来る。
国が良くなるから、保守の方が良い。
自由は、楽だ。
それに、OSは、コードを公開した方が動く。
Windows以外は、皆オープンソースだけで、賢いソフトウェアが全て揃う。
FirefoxPerlだ。
そのようなものになるべきなのが、これからのソフトウェアだ。
だが、むしろ、それは古い考え方かもしれない。
最近は、大競争時代だ。MSからGoogleまで、全ての会社が全力で戦う。
だが、スピードが速すぎる。おかしなコンピュータだけの世界になった。
便利だが、悪い。
アメリカも悪いが、日本も悪い。
日本はおかしい。
日本語は、文字を3つも使うし、おかしな言葉を最後につけるし、中国からパクった象形文字をいくらでも使う。
言う順番もおかしいし、敬語や訓読み、音読みがあるのもおかしい。
だが、結構、ドイツ語やラテン語と同じ順番を使っているのが、日本語だ。
日本は、相撲もおかしい、寿司もおかしい、仏教神道を同時に信じるのもおかしい、侍の文化もおかしい。
だが、結構良い国だ。日本語は、一番賢い言語にした。
社会に銃を氾濫させたりしない。
日本は、きちんと賢く考える良い国になった。
良い機械が作れるのは、皆まともに賢くて、きちんと働くからだ。
ただ、太平洋戦争に負けて、パクっただけの、シンガポールのような東京が栄える、平和な民主主義国家が日本だ。
日本を馬鹿にする意味も無いか。
ドイツは、ただの国家主義の自由だ。
ドイツの方が悪い。
GoogleAndroidのようなシンクライアントのモバイル機器とクラウドは、ITの問題を全て解決する。
データの紛失やセキュリティを、Googleの管理下において、ウィルスの被害を無くし、キーボードやマウスなどの操作を簡単にする。
手法と結果がある。ピアノには、弾き方がある。
実現するために必要な、前提と背景知識がある。
弁護士やプログラマは、そのために必要な全てを分かっていなければならない。
その上で、概念と操作、方法と習得の本質を積み重ねる。
全て出来るようになって、大学を自分で作れるようになる。
基礎を作って、自由に考え、能力をつけ、人の話を聞くべきだ。
Microsoftは悪くない。Microsoftの製品が、一番使える。
昔から、OSに不具合や動作不良はつきものだ。だが、皆、Microsoftが好きだ。
ただ、アメリカはおかしい。自由とはいうが、皆を馬鹿にしたのは、全部アメリカだ。
日本の政治家も、テレビも、会社も、学校も、文化も、アメリカのせいで低くなった。
経済や文化、知性をおかしくし、世界を破壊したように見える。
帝国主義は悪い。植民地競争をする。
他の国が植民地にする前に、自国が植民地にする。
それで戦争しているのが、フランスやイギリスだ。
だが、ソ連も悪い。
一番辛いノルマ生産を、最後までしなければならない。
強制労働の計画経済だ。
レーニンは正しい良い国を作ったのかもしれない。
だが、スターリンでは、反動主義の革命の犯罪国家になった。
アメリカはマシだ。だが、アメリカも、勝ったから良く見えるだけだ。
スピードは確かにあるし、文化も豊かだが、知性が無い。
負けているが、ドイツやイスラムも良い地域だ。
ドイツは、右翼で、キリスト教で、工業国だ。真面目な良い国だ。
ヒトラーが悪かったが、反省して、フランスと共同で歴史教科書を作ったりしている。
イスラムは、ジハードの是非や女性の権利問題などがあるが、皆で礼拝し、修行し、皆が一つになれる良い宗教だ。
それに、石油が出て、金がある。
それらが勝っても良いだろう。
日本は、経済発展しただけ、賢い。
パクるという発想は悪いが、一番安くて高品質なものを作る。
あとは、イスラエルやドイツ、アメリカが嫌いだと、ソ連が好きになる。
だが、ソ連など、意味のない奴隷の国だ。
どの国も悪い。だが、どの国も、良い理想と現実のある、良い国だ。