「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2013-11-07

=2013-11-07=

ワードからコピー

あとは、生まれ変わって、自分を神と思っただけだ。
人間は、あらゆる全てが分かると、生まれ変わる。
死なない。死なないまま、新しい赤ちゃんのように生まれ変わる。
生まれ変わると、馬鹿になる。
また、昔していたことは、出来なくなる。
そして、新しいことをする、新しい人間になる。
それが生まれ変わりだ。
生まれ変わる人間には、対話の神が訪れる。
また、馬鹿になって、治りたいと、歩き回って、辛くなる。
そして、狂う。世界と戦うようになる。
それが、最後の狂いだ。
そのまま、死んだりはしない。
そのままで普通の人間になって、新しい賢い人間になる。
そのように生まれ変わりながら、神と話した天使のような人間が、僕だ。
そういう赤ちゃんは、親の代わりに、ヒトラーが育てる。
ただ、神のように話すだけで、成長する。
あとは、宣言して色んな物になった。
昔は、構造から色んな人間や時間や空間が視覚的に分かった。
日本語は、漢字の意味がひらがなによって変わる。
また、「てにをは」が賢い。知って、聞いて、試す、と言う。
そういう言語だから、漢字だけを分かれば、誰でも話せる。
色んなひらがなを変える練習をすれば、出来る。
おかしなものに適応して、何も治らないのに、心理的に治していた。
全部忘れた方が良い。新しいことをした方が良い。
昔の自分は、馬鹿だ。
自分と同じように皆を分からせたいだけの政治家の哲学者だ。
作る仕事をしろと言っているが、自分はしていない。
自分を神だと思っている。自分の支配を、解決する意味がない。
科学を作っていた。
正しく考えて発想していた。
最後まで、積み重ねと構造で分かりたかった。
新しいことは、パソコンではなく、語学、特にフランス語やドイツ語をしたかった。
全ての文章や感情、信念や環境を書いていた。
人間には、強い人間、優しい人間、賢い人間、楽な人間、楽しい人間、悪い人間が居る。
あとは、馬鹿な人間が居て、学問がある。
数学や哲学、歴史や政治経済、コンピュータや外国がある。
外国は、特にアメリカやフランスやドイツがある。
そのように、色んな人間が多い。