「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2013-11-04

=2013-11-04=

ワードからコピー

僕は、信じるように書く。信じると、分かる。
僕は、精神分析を止める。
精神分析を止めると、昔の自分が分かる。
昔の僕は、自由なまま世界を変えるという理想があった。
昔の僕は、自由な経験で、人を悟らせていた。
環境から発想し、望むだろうことを叶える。
状態と時代を信じて分かっていた。
昔の僕は、社会の改善方法、解決策、実現可能性を考えた。
昔の僕は、コンピュータやシステム、地域や社会の多様性を信じていた。
昔の僕は、習得や原因と結果、構造の本質を考えた。
そして、最近の僕は、それを思い出して、文章にしていた。
そろそろ、もうすべて書いた。もう、終わりにする。
やることがないから、まだ書いている。
昔の僕は、世界に論理を適用して分かっていた。
昔の僕は、価値観とアイデンティティ、独自性を信じていた。
昔の僕は、可能性と共有を信じていた。
昔の僕は、色んな体験をしながら、ネットを見ていた。
昔の僕は、経験と理性を積み重ねて、モデルと構造を信じていた。
最近の僕は、正しく考えて、書いて発想していた。
最近の僕は、世界を導いて、科学を作っていた。
最近の僕は、世界観を、本質や抽象化などの言葉で、全て分かって、書いていた。
社会の改善方法とは、参加と意見、環境への適応だ。
発想とは、実現するために必要な全ての前提を理解し、適用し、実現することだ。
科学とは、当たり前のことから発想し、説明し、気づくことだ。
支配とは、世界を導いて、分からせ、信じることで変えることだ。
振り返って、思い出して、照らし合わせて、環境から考えることで、発想が豊かになる。
そして、実現出来る発想をする。
構造を書いて、自由を成り立たせ、色んな事が出来る自由な国を作ることが出来る。
昔の僕は、言葉による証明と、方法の積み重ねで、理解して分かった。
最近の僕は、文章を書くだけだが、科学を作ったり、戦ったり、神を信じたりする。
この文章は、主観過ぎるのに、客観過ぎる。
もっと、自分の視点を、自分の言葉で、きちんと見た方が良い。
そろそろ、もう足の精神が治って、楽になった。
対話は、意味をきちんと言わず、打ち消すだけを言っている。
対話は、全てを一行にし、最後と最初を同じにし、永遠に繰り返す。
考え方は、地球と人間の歴史から分かれば分かる。
地球と人間は、戦いと愛から生まれた。
生命は遺伝子と進化から生まれ、地球として水と海から生まれた。
人間は、秩序を持ち、認識と考え方を持ち、国を作り、ものを分配した。
世界は、人間の認識と考え方の共存だ。
宇宙は、エネルギーと法則による秩序と、全ての存在だ。
そのまま、人生を思い出して、色んなことを書いていた。
存在は、愛と正しさの中で、己の自由を探し、勝利するまで永遠に戦う。
愛とは、永遠の中で、自らを超えるために、自らの理想をさらに高めることだ。
人間は、自由と平等と愛の中で、存在と共存を知る。
その上で、システムと可能性、努力と達成を作り出す。
そのままで、世界を作り、秩序を作り、必要なものを与え、教え、助ける。
また、愛と真実の中で、発想し、発見し、実現する。
システムとは、存在を高めるための方法と可能性だ。
共有とは、それぞれの世界をそれぞれの理想に保ちながら、分け合うことだ。
多様性とは、自由な中で、方法を与え、自然に世界を作り、システムを作ることだ。
方法とは、実現するための全ての前提と考え方と理由だ。
環境とは、記憶と人格と認識における、全ての基盤だ。
拡張とシステムは、プラットフォームとして、世界の全てを支配しながら、皆の手でルールを決め、自由に機能を向上する。
愛とは、人を助けながら、人に教え、許し、本当の望みを叶えることだ。
参加と意見は、人に記憶と認識による拡張を与え、全てをより多く、大きくする。
神は、永遠の試練から、全ての解放まで、あらゆる全ての体験と理解を与える。
全ては、運命と愛だ。
全ては、記憶と進歩だ。
全ては、正しさと発見だ。
全ては、信じることと疑うことだ。
それくらいで、いつもの文章は終わりだ。
あとは、いくらか考え方を書いて、オープンソースのような知恵を書いていた。
機械は、手順と原理による、発想と機能の実現だ。
意見と発想と方法の集積と共有によって、合理的かつ無限に情報が発展する。
宇宙は、光とものと法則であり、愛と方法である。
考え方は、手順の実現と積み重ねだ。
社会とは、生産の手段とシステムと実現を成り立たせながら、自由にし、自然にし、平等にし、平和にし、まともにすることだ。
支配は、トップダウンボトムアップであり、自由と平等であり、独立と一体だ。
秩序を作るために、警察と軍隊と官僚が必要だ。
生きるために、農業と工業が必要だ。
皆の国にするために、憲法と法律が必要だ。
あとは、正しい国にするために、金か、理論か、宗教か、支配者が必要だ。
また、支配と判断を行うために、王か、内閣か、国会か、大臣が必要だ。
そして、国民のために、景気、雇用、社会保障、福祉が必要だ。
出来るだけ、国民主権の国にするべきだ。そのために、金と選挙が必要だ。
それくらいで、終わりだ。あとは、書いていない。
独立と共有ぐらいを知性で考えていた。
自由な世界では、独立と影響力と自然な変化によって、社会が発展する。
そこでは、共有と所有、多様性と統一によって、世界が進歩する。
また、自由な競争と標準化、組織による決定と民衆の自由によって、世界が決まる。
決定の中で、それぞれが立場と取り組みを持ち、時間と空間と環境を共有する。
世界は、自由であると同時に、平和であるために、自由を制限することも出来る。
それは、支配者が行うべきだ。
あとは、そのまま、共同体や地方自治、組織の自由化や、監視社会などを考えていた。