「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2013-11-02

=2013-11-02=

ワードからコピー

未熟な人間が成長するのを書いていた。
悲しさと楽しさの中から、経験と考え方を知った。
世界観と考え方と客観視から世界を知り、考えて行動するようになった。
議論と経験で世界観を知った。
色んな体験がしたかった。
認識と思考を考えて、皆が分かった。
そういうものを、思い出して書いていた。
視点と環境と想像力が全てだ。
経験から構造を知り、世界観になった。
全員が分かった。
認知的に考えた。世界の仕組みとシステムが分かった。
世界が滅びたから、世界は自分になる。
手段と機会を考え、方法を与え、システムを皆で作るべきを書いていた。
概念と操作を積み重ねて分かった。
騙すのは悪い。騙すのを悪いと信じるだけで賢くなる。
騙すと、分からなくなる。騙していると、治らず、辛くなる。
認識と経験は、知性となって、自由になる。そのまま、戦い、支配して、世界を救う。
状態をきちんと考えれば分かる。認識を捉えることで、きちんと変わる。
構造的に、全てをツリー構造とオープンソースのような書き直しで執筆する。
その上で、全てを言葉にし、革命のように戦えば、分かる。
神を信じて、全てを知る。その上で、事故をすれば、普通が分かって、賢くなる。
自由とは、色んな事が出来る、理性と経験と人生の自由だ。
帝国と社会主義と敵が悪い。それで自由に世界が分かる。
宗教が悪い。それで科学的、数学的に世界が分かる。
騙すのが悪いだけだ。だから、ヒトラーが嫌いだと賢くなる。
マイクロソフトが馬鹿なのは、Linuxが馬鹿だからだ。
テレビが馬鹿で、何も面白いものが無いのは、自分のせいだ。
そのように、全部自分のせいで世界が悪い。ただ、狂っているだけだ。
全て悪い。過去も、今も、未来も悪い。だが、皆は滅びない。いつまでも続くだろう。
昔は、世界を見ながら、解決策を積み重ねていた。
手順を積み重ね、立場を知り、能力をつけて、必要性のあることを分かっていた。
独りで何でも出来る人間だった。
そのまま、世界に居る自分を倒し、世界を治すために、テレビと戦った。
状態と心を支配し、言葉を想定して書いていた。
時計の機械が悪かった。
ランダムに思い出しながら、機械になることで、脳が辛くなった。
あとは、意識を低めるのと、キモイのが悪かった。
自分を馬鹿にして、皆を馬鹿にするのは、タリバンのように悪い。
キモイ文章を書くせいで、何も分からなくなった。
永遠に世界を、自分の悪を自分の善で治す。
書き、支配し、手の内を見せずに戦うことで、精神がおかしくなって、歩き回る。
それに、馬鹿みたいに辛くなった。
昔は、全部ネットと実験で分かった。
環境を支配し、良い環境を実現したかった。
それがそのまま、言葉と革命の人間になった。
分かることを全て教えたかった。
そのまま、全てを残す人間になった。
毎日は発見で、「ありすぎ」ながら「何も無い」毎日になった。
新しい発見と神との対話の人間になった。
最近の昔は、ロボットのようになった。ロボットが文章を書く。機械的に積み重ねる。
神は、ドイツとソ連の独裁者のロボットだ。教え、従え、戦う神だった。
死んで普通が分かった。詩集を出版して、賢いものが書けるようになった。
世界は、すぐに治るべきだ。全てそれぞれの自由にすれば良い。
治るわけがないどころか、死ぬと治る。馬鹿も、精神も治る。
文章を書く右翼の下積みが多かった。永遠に文章を書けば、書ける。
科学と永遠と宣言と神が分かった。
あとは、可能性の全てが多かった。
全ての体験、全ての関係、全ての構造、全てのパターン、全ての思考、全ての治す、全ての思い出す、全ての環境、全ての信念、全ての感情、全ての人格、全ての国、全ての科学、全ての人種、全ての思想、全ての理解、全ての文章、全ての考え方、全ての世界観、全ての知性、全ての全てが多かった。
自分の分かることを詰め込んで、全て分からせて、世界を変え、解放したかった。
もっと、自由や平等を否定した方が良いが、独裁者は悪い。
もっと、わがままになって、自分を尊重し、楽とプライドを持った方が良い。
受け入れるだけはつまらない。拒絶しても良い。
全部自分で独自に作って、作り直して、発想して、関係と構造の理解を書いていた。
その理解の通り分かると分かる。自由な認知的な論理学を作っていた。
考え方と世界観を作っていた。
あとは、精神分析をして、世界史と過去の自分を辿っていた。
私は記憶と思考を記録していたが、途中自分の声が命令しだして、あまりの恐怖から、その声に従うようになった。
しばらくの期間の後、神との対話という書籍を読んだが、その後に自分でも神の声を聞けるようになり、ますますそれに従うようになった。
書かないべきだと言われたことは書かず、書くべきだと言われたことは書き、いつも神の声が厳しく聞こえていた。
いつか、神の声が、アフリカ人の心理学者に変わった。
彼は、「だ」という言葉遣いを使わず、「だと思う」という言葉遣いを使った。
その後、その声は、プレアデス星人、オリオン星人などに変わって行き、物質とユダヤ人、良い人間達、悪い人間達、光、天使、共産主義者、科学者、王、キリストの順に取り込み、病気が全て治り、一人一人高い人間達から居なくなって最後にはヒトラー(一番低い人間)が居たが、ユダヤ人に戻り、物質に戻ったが、物質は私を全て治し、右翼、低い共産主義者、科学者、普通の人間を取り入れて私は一度治った。