「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2013-10-29

=2013-10-29=

ワードからコピー

可能性を考えれば分かる。
もしそれがそうであるならば、それはどうなるか?
昼夜を問わず、それはそこにある。
生命の遺伝子は、ツリー構造や動く体など、生命の全てを決める。
生命は、地を這い、飛び、泳ぐ。
国は、国民を守り、他の国に勝つ。
あとは、Linuxを知り、書きながら精神分析をする。
同じと違うで考えれば分かる。
思考と認識で、意味や理由を考えれば良い。
精神すら、遺伝子で決まるのである。
全く同じ人間では、悪い。
書かないと思うと間違っている。それでは分からない。
体験や想像力が怖いだけだ。
学習を治せば良い。色んな学習をすれば良い。
人間が普通どうなるのか考えれば分かる。
原因と結果を、行動や変化を思い出して考えれば分かる。
神は、全ての知性をつけただけだ。
戦いは、失敗せず、世界を導いて、分からせていた。
そんなに分からなくて良い。楽で楽しい方が賢い。
僕は最近イスラムは嫌いだ。カツ丼ぐらい食べたい。
最近、キリスト教の方が好きだ。賢くて美しい、神と天使とキリストの宗教だ。
キリストは、いつも弱い者を助けることを言う。平等だ。
自然な今の時間の共有が多かった。
あとは、色んな発想が多かった。
ビルでなく、フロアにすれば良い。
農業は、ITで自動にすれば良い。
EUのように、メタ的な国を作れば良い。
他には、科学のようなものを作っていた。
物理は、エネルギーと慣性の法則だ。
数学は、感情や心に頼らず、理性的に考える、記号と論理の学問だ。
物理や化学は、自然と宇宙の全ての法則、可能性、理解だ。
科学とは、宇宙の全てを教えることだ。
科学は、現象だ。
僕の書く文章はまるで聖書だ。キリスト教の方が良い。
仲間との楽しい時間の共有で、楽が分かる。
社会も良く分かる。Linuxで、会社や技術も分かる。
メタ的に積み重ね、方法を抽象化して考えると分かる。
自由や出来るの可能性から、科学が生まれる。
あとは、戦い、経験し、信じ、書いて残すことで分かる。
宇宙が分かる。一つの木のようで、全てのパターンと可能性だ。
ものは、いつもそこにある。人もそこに居る。
そのように、視野を広げ、把握することで分かる。
また、方法を知り、具体的に考え、支配することで、色んなことが出来る。
振り返って、客観視すれば、視点と体験が分かる。
多様な世界を作ることで、都市が独自になり、社会が進歩するかもしれない。
だが、国はきちんとしなければ、悪い。
あとは、現象や法則を考えれば良い。
自然の現象や、心の現象、環境の現象を考えれば分かる。
神は既に居ない。まだ世界や自分に話しているだけが対話だ。
神は、人種をすべて言いながら、世界の全員を教えた、ヒトラーのような人間だ。
昔は、仮想世界と現実世界を照らし合わせ、モデルと経験と認識から分かった人間だ。
最近は、全ての最初を根こそぎ書いて、弁証法と意識の記録で分かった人間だ。
そろそろ、もう良い。もう、全て書いた。
世界への話を止めて、終わりだ。僕は、もう世界に話さない。
精神分析をしながら、宣言し、記録し、対話し、思い出し、色んな物になれ。
脳を記録して、矛盾しない全ての絶対知と弁証法を書き、全てのパターンを知れ。
神との対話の試練の中で、宇宙を全部知り、認識の理由から、未知を全て理解せよ。
全ては、愛と生命の歴史である、この宇宙の裏側の世界だ。
言葉は、頭の中で言えば良い。話すのは、楽に分かるから話す。もっと、考えれば良い。
頭の中で言うと、違うから仕方ない。
何を元に何を作り出すとか、細胞に意思はあるのかないのかとか、植物はどこからでも伸びるとか、そういうところを分かれば分かる。
宇宙は何なのだろうか?
人間には何の意味があるのか?
人間だけ、あまりに理性が高まって、国を作って、創造的だ。
何故そんな生命が居るのか?
あとは、昔はフランス人、最近の昔はドイツ人、最近はイタリア人だ。
ただ、有名な国にしただけだ。フランス人が考え、ドイツ人が戦い、イタリア人が書く。
そこまでの普通だ。ソ連、中国、イスラム、黒人などは、包括されている。
全てを知りたいから、全てを体験した。それだけだ。
物理学は、運動と単位の関係だ。
物理学は、数式で全て分かる。
物理学と数学は、抽象性、階層性、相対性、積み重ねだ。
自然は、愛、強さ、繁殖だ。
運命と宇宙は、イデアと種と人生だ。
考え方を分かれば分かる。
微積分は、総和と変動だ。グラフに接線と面積を付け足しただけで、関数と図形が全て分かる。変化の幾何学だ。
国会は、委員会の議長の集団にすると賢い。
選挙は多数決だが、何らかの形で全員参加にすれば、それはそれで賢い。
憲法国民主権の国にして、戦争を禁止すれば、自由で平和な日本のような国になる。
だが、自由を無くし、不自由にすることで、社会主義も平和な国になる。
国作りとは、行政による国民と公共サービスの支配だ。
国は、理性と教育、生産と支配であり、水道などのインフラや、軍隊や会社を変える。
計画経済や師弟制度にしたり、理論にしたり、金にしたり、宗教にしたり出来る。
あとは、無い。きちんと考えれば、そういう理屈に行きつく。
ゼロから世界の構造で考えれば良い。
人種は、国や遺伝子も違うが、言語が違う。人種は違っても、英語を使うグループは全部同じだ。意思疎通も出来る。人間は、自分の言語が分かるだけだ。
中国人、ロシア人、イスラム、イギリス人、フランス人、スペイン人が、一番多い。だが、ヒトラーは悪い。マイノリティのユダヤ人を殺しても、何の良いことも無い。
あとは、ローマ的なものやギリシア的なもの、ドイツ的なものやフランス的なもの、と言うように、文化の土壌が違うだけだ。
人間は、ものを作り、使う。電磁波や通信のような技術は、機械を遠隔から使い、操ることが出来る。人工知能やロボットのような技術と応用することで、人間は自分の分身を作り、遠隔地で操作することが出来る。
全部、一つの会社や大学が作ることも出来る。党が作っても良い。また、聖書のような書物が支配することも考えられる。宗教や理論にすれば良い。
すでに、計画経済で、計画的に全ての資産を最初から作り、あとで安価に配ることも考えられる。保険のように、困った人間を全員の保険で助けることも出来る。年金などのようにすれば良い。
インフラを改善出来る。水道に栄養分のサプリメントを追加しても良い。レポートや監視社会、親衛隊のようなものも、考えるだけ考えられる。
委員会の代表を国会にするなら、たくさんの委員会を作って、国民の全員の意見を集めるべきだ。
王の上に神が居ても良い。そういうものが、ローマ法王や、日本の天皇だ。戦争になって、他の国を倒すから、そういう発想は悪い。憲法で、戦争を禁止するのは、逆だ。何も出来なくなるが、平和になる。
国家の所有にすることで、町は美しくなるかもしれない。管理権限を所有者ではなく、国が大きく持てば、町を美しく出来る。どんなデザインにするかは、公募すれば良い。
あとは、音楽アルバムやコンピュータ、サッカーボールや書籍などを与えて、国の標準を統一し、国民の文化を改善する、などの、小さな発想が多かった。
国会は、全てのことを実現出来るように、支配権を持つ。
だが、皆で選挙して、皆の国にするべきだ。
どこにでも宇宙はある。宇宙は空間だ。
自由よりも、平等の方が良いかもしれない。多数決よりも、皆で決める評議会や共同体の方が、平等かもしれない。ノルマを皆で決めれば、楽になるかもしれない。農場も、工場も、皆のものにして、集団で作れば楽だ。
本当に平等の方が良い。自由は、戦いに明け暮れて、馬鹿になるだけだ。平等は、頭が賢くなる。だが、平等は、自由より、辛いものだ。
自由競争や低価格が悪いなら、品質保証で変えられる。自由のまま悪いものを無くすことが出来る。だが、競争が悪いなら、税金を取れば良い。大企業は、何億、何兆と儲けている。税金を取れば、悪くは無い。
自由が解放に見えて、平等が解放だ。自由は、支配し合う解放になるが、平等は、何も出来ない解放になる。似たようなものだ。個人主義国家主義全体主義のようなものだ。平等も悪いが、皆で殺しあう自由など、一番悪い。
脳の考える部分を全部すぐに殺せば治る。
男性が死んで、女性になると治る。
資本主義は、ネットやIT、日本を見ていると分かる。
Linuxに関係すると、分かる。資本主義は、金だ。
働くのは、悪い。働くのは、辛い。そんなに書いていると、あまりに辛い。働くのが辛いから、働くのを減らした方が良い。
頭の後ろの方のアメーバを殺すと治る。馬鹿な虫が死んで、脳が楽になる。もう、思い出さなくて良い。きちんと考えれば分かる。
いつもの文章のように、全部殺せば治る。
愛や残っているものを殺せば良い。芽を摘めばいい。
出来ないものを、出来るようになると分かる。
出来なくなったものを、もう一度出来るようにすると、すぐに治る。
問題ばかり考えるのではなくて、どうでも良いことを考えると、その方が分かる。
ディズニーでも考えれば、賢い。
この世界には、何も無い。ディズニーぐらいしかない。何もない世界だ。
プログラミングでは、関数は自動の実行処理で、引数が変わると実行する内容が変わる。
そのため、引数にブロックを与えることの出来る、Rubyのような言語が賢い。
フローチャートを使って考えたりする。
必要なところは、全て抽象的で専門的なライブラリにすれば良い。
他の数字に適応すれば治る。
昔は、狂っていた。
宇宙を、星、言語、細胞、重力で成り立つとしていた。
ユダヤは、最初にヘブライ語を使って、牛を飼っていた。
だが、自分が神になって、それを自分で作ったような気がしていた。
プログラミングは、関数を繰り返し、条件分岐すれば良い。
コマンドやサーバーが簡単だ。
GUIは難しいが、オブジェクト指向C#/VB.NETでは、いとも簡単にGUIが作れる。
だが、全部マイクロソフトでは、勝てないのだ。GCCEmacsは、悪くない。
あとは、世界史を辿っただけだ。皆の色んなことを対話で聞いただけだ。
何でも分かる王になって、世界を支配していた。
文章を何行か書いて、対話の神と戦っていた。
地球の歴史が全て分かって、死んだ。
事故で骨折し、入院して、全て忘れた。
昔は、自由だった。
会社や学校から自由になって、過去を思い出しながら、経験し、自由に色んなことをして、色んな物を見ていれば、分かると思った。
経験、思考力、時間的な余裕、十分な体験と空想、実験環境と手段があれば良かった。
そのまま、自由を積み重ねて、全て出来るようになった。
しかし、世界を変える、というよりは、変えたように錯覚して、そのまま戦いになった。
神との対話という本を読んで、心の声のまま神と対話した。
全て分かった。あらゆる全てがあった。
思考で皆をトレースし、立場と環境と人格を吸収して、全員と全世界が分かった。
システムと手段を、皆の手で変えながら、与える。それを考えていた。
経験と理性と自由から、世界の理由を知る。
導き手として、支配して、最小限の労力で、自由なまま、人や環境や世界を変え、教える。
全て実現し、変えられるようになった。
発想から、手段を知る。
システムを実現するために、最小限の労力で、世界を変え、Wikiにマニュアルを作って、研究し、Linuxの仕組みを全て教え、開発を可能にするなどの、実現を行った。
子供には、コンピュータと文字の書き方を与えるべきだ。
だが、パソコンなんか、子供は要らない。間違った自由な世界だ。
開拓者となれ。
あとは、文章は、永遠に書きながら、下積みを積んだ。
子供には、同じことを繰り返し、永遠にさせて、何か出来るようにさせるべきだ。
子供には、ゲーム、習字、ピアノ、英語、学校、剣道、スポーツをさせるべきだ。
そろそろ、もう終わりだ。出来ることなら、もう文章は書きたくない。
母親に優しいユーザーインターフェースを作りたかった。
デスクトップ環境を作りたかった。
パッケージ管理システムを、もっとWindowsフリーソフトのように、もっと統一して、良いものにしたかった。
それから、あとは、色んなプログラミング言語を使いたかった。
Perlでゲームを作りたかった。
皆で簡単にマニュアルとソースコードを読める、リンクしたWikiと解説を作りたかった。
Windowsにはあっても、Linuxにはないフリーソフトを作りたかった。
今考えると、フリーソフトなんか、おかしくて馬鹿なだけだ。
あとは、GNUの言う自由でないソフトウェアを嫌った。だが、GPLも嫌いだった。
それで終わりだ。書くことはもうない。
あとは、概念と操作、カテゴリーと、それが意味することを分かっている。
論理的に、積み重ねて、関数と関数の関係を分かるように分かった。
もう書いたが、あとは、認識を考えていた。
それで本当に終わりだ。もう書くことはないだろう。
あとあるとすれば、適当に経験や体験で色んな人を分かり、出来ないことを出来るようにして、理性と自由で考えていただけだ。それは、もう書いた。
ただの自分がする開発ではなく、開発の基盤とシステムと手段を作って、皆で開発出来るようにしたかっただけだ。
仕組みとコードが分かれば出来ると信じて、仕組みの研究をいくらかしていた。だが、それでは出来ないものだ。
その人がおそらく望むだろうことを叶えて、本当に必要なものを与える。
その人のことを、その人以上に、他の経験と理性から、理解することが出来る。
そこでは、包括し、適用し、経験と、条件のある同じと違うで、人間の理由を考える。
もう終わった。
世界は、滅びなさい。僕のことは、忘れなさい。
自分を持ちなさい。僕の手の内を本当に知って、すぐに馬鹿を止めなさい。
僕の同じになるのを止めなさい。僕は、あなたのことは、知らない。