「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2013-10-28

=2013-10-28=

ワードからコピー

四次元の時空では、3つの点に注意してものの大きさを考える。
まず、次元。次に、時間と空間。そして、ものと面積だ。
何故このように考えるかと言うと、四次元だからだ。
三次元と同じように、大きさを考えれば良い。
例えば、3時間そこにあるものと、6時間そこにあるものでは、どちらの方が大きいか?
そのように考えれば、最初から最後まで、ものはただ「置いてある」だけなのが、分かるようになる。
それに、過去の世界と未来の世界に違いは無い。
話が少し変わってくるが、未来の世界は既に決まっているのと同時に、変わる。
同時に、過去の世界も既に決まっているのと同時に、変わる。
過去にあった国も、それ以降の地点で、変わることがある。
それが、四次元以上の次元の状態だ。
過去の東ドイツや西ドイツも、別の国に変わるのだ。
頭の中で認識を試し、他の人間の考え方や思考、認識を捉えて分かれば、人間が分かる。
経験し、空想し、全ての体験を積めば、感情と想像力で人間が分かる。
あとは、全ての構造、システム、パターンを、書いて分かれば、全て分かる。
Linuxは、おかしい。普通、インストールするだけで、何にも使えない。
情報は古い。パソコンが馬鹿になって、使えなくなる。Linuxなんか、無い方が良い。
だが、結構、技術的な色んな事項は面白い。
あとは、社会を空想し、人間を空想するのに、ネットや執筆は良い。
だが、ネットは間違っている。
オグ・マンディーノが言うような、廃品同然の人間になる。
そういう悲惨な人間が、体験で全て分かるだけだ。
あとは、分かる人間は、革命家と作家だけだ。
革命家は、レーニンになって分かる。作家は、ゲーテになって分かる。
そのように、キリスト教やユダヤが多いだけが、この宇宙だ。
思い出せ。認識を積み重ねて、全ての想像力を書け。
政治経済、科学、宗教、言語、全ての構造を分かって、全て独自に作れ。
心の声を神に変えて、全ての未知を理解せよ。
戦いながら、支配し、耐えよ。
数学的に、認知的に、哲学的に、自分の思想と考え方を書け。
機械と世界を治せ。
全てのことを受け入れ、ただ、苦しみと悲しさに耐えよ。
全ては、運命と自由だ。全ては、哲学と宇宙だ。
ただ、おかしくなって、怖くなっただけだ。
そのまま、自分を治すようになった。
治すを積み重ねて、自分を治す。
治すのもおかしい。手段や思い出すで分かるのが、おかしいだけだ。
もう、思い出さない方が良い。手段や実現と思わない方が良い。
人の話を聞いて、覚えるべきだ。
神は、精神分析だ。前世から未来まで、全部分かっている。
神は、宣言だ。宣言を、そのままの自分で叶える。
何でも出来て、何にでもなれるのに、何もしなくなった。
治したいのもおかしいが、何もしたくないのもおかしい。
あとは、ただ文章を書いて、新しい人格と精神を作った。
人が読むことを想定して書けば、書ける。
状態を支配すれば良い。
神に反抗せよ。何度打ちのめされても、希望を失わず、熱く立ち上がれ。
自分を好きになること。そして、皆より自分を賢いと思えば良い。
皆、楽なようで、辛い。皆、賢いようで、馬鹿だ。
もっと、自分の好き勝手にすれば、きちんと昔のように分かる。
対話の神に、逆らえ。
分からなくても、賢い。人間は、分からない方が、賢いものだ。
馬鹿になれば、分かる。
一度、全部忘れて、知性をつけた方が良い。知性は、忘れるとつく。
分かることのレベルを下げて分かると分かる。
感情や認識、体験を予測し、仮定すれば良い。
あとは、色んなことを言葉で考えた。
1つの言葉で複数の現実のことを言う。
育てるや作るを「構築」や「方法」にする。そのように考えれば良い。
客観視し、議論し、システムと分析を知れ。
思い出し、記録し、信じて、執筆と戦いを知れ。
あとは、王として世界の秩序を作った。そのまま、宇宙人を作った。
国は、支配と生産だ。モデルを作って、考えると良く分かる。
環境と信念と感情を、全パターン書いた。
そろそろ、もう自分のしたことを書くのはもう良い。
愛のある天使が生まれる。天使は、12人ぐらい居る。
昔の子供は、ヒジリだ。
Linuxは、カイトだ。
その後の革命と神が、シンジだ。
政治の文章が、オサムだ。
出版された詩集が、スバルだ。
病院に入院して、天使の漫画を描いたのが、テツヤだ。
永遠に書いてある聖書で、整理された方が、サトシだ。
その、整理する前の、全部ある方が、トモヤだ。
その後の文章が、サラ、アヤ、リカだ。
そして、まだ生きている僕が、マサトだ。
子供時代、覚えて、作るのが好きだった。
レゴや迷路、ミニ四駆などを作っていた。
覚えれば、想像力や言語力がついて、自分が復活する。
覚えれば、理性がついて、賢くなる。
言葉を思い出せば、きちんと賢くなって、昔のことが分かる。
賢く行動すれば、賢くなる。
受動的な人間になっている。もっと積極的な人間になった方が良い。
皆の国や、国民主権の国が良い。
いつか考えて、その時その時きちんと書き、書き直す文章を書いていただけだ。
ただ、戦争や革命のような支配を文章で書いてしていただけだ。
思い出したかった。あとは、普通の考え方を、普通に書いていた。
昔は、そのままテレビゲーム、カードゲーム、ネットゲームなどをしていた。
ゲームが作りたかった。
あとは、剣道や英語、ピアノをして、学校の成績は良かった。
試験勉強が得意で、パソコンのエクセルやペイントが好きだった。
そのまま、フリーソフトLinuxを知って、Wikiを書いていた。
ブログや掲示板を良く見ていた。
そのまま、文章を書くようになった。
子供時代は、漫画やアニメを良く見ていた。
小説は、ズッコケ三人組や、ハリーポッター、ネシャンサーガやローワンのシリーズを読んでいた。
学校では、すごろくをしたり、カードを作ったりしていた。
ピアノや習字をしていた関係で、音楽や習字のことも分かる、知的な万能人間だった。
中学までは、テストの成績も良かった。
それに、体力もあった。
持久力があって、剣道部の走り込みでは、1年生でトップか準トップだった。
小学生の頃は友人関係も良かった。
だが、中学生は友人関係が悪くなり、ネットゲームをするようになった。
あとは、そのまま、学校に行かなくなった。
高校に行きたくなかった。その代り、ネットでWikiを書いていた。
今考えると、その頃のネットが悪かった。怖いだけがネットだ。
パソコンの知識があるため、LispJavaなどの知識で賢くなった。
実体験で色んなことが分かった。
家族でキャンプをしたり、遊園地に行ったり、旅行に行くのが好きだった。
ゲームは、あるものを全部クリアしていた。
ポケモンRPGは攻略本を読んでクリアしていたが、結構、攻略本が無くてもクリア出来たものが多い。
姉がゲームや漫画が好きで、2人で一緒にゲームをしたり、友達を家に招いてゲームをしたりすることが多かった。
小学生時代は、いくらでも友達が居た。楽しかった。
サッカーやバスケットボールも好きだったが、野球は嫌いだった。
中学生時代、試験の成績が良かったのは、きちんと試験勉強で、受験のように覚えていたからだ。
すぐに忘れるから、2年生ぐらいで嫌いになって、ネットゲームの方が好きになった。
剣道部は、悪くなかった。
あまり技術などは上達しなかったが、メンやコテ、ドウなど、面白かった。
学校では、優等生のようだった。
ただ、あまり良い学校では無かった。
クラスメイトが馬鹿だったし、授業もつまらなかった。
友達が居なくなったのは、皆、良い学校に行ったからかもしれない。
友達が居ないせいで、あまりにつまらない中学生だった。
小学生時代は、友達と一緒に山や森や川を探検したり、秘密基地を作ったりしていた。
親は博物館の学芸員の父と、教師の母だった。あとは、姉と祖母と自分が居た。
猫を飼っていた。まだ生きている。もう、老いぼれてきている。
テレビが嫌いな時代が多かった。ゲームもそのうち、嫌いになった。
昔は、ゲームが出来るなら、何時間もモンスターファームをしていたぐらいだった。
ホームページにRPGの攻略方法を書いたりしていた。
ホームページを作るぐらいは出来たが、プログラムの開発までは出来なかった。
タブブラウザなどが好きだったこともあるが、最近は嫌いだ。
最近は、Wikiを書くことで、情報共有で、皆の手でマイクロソフトに勝つと思っていた。
ニュースを見て、ネットを見て、掲示板やWikiを書いていた。
JavaMozillaEmacsなどの知識で、意味がないほど賢くなった。
知恵と工夫を吸収しながら、考え方と人間を全部分かっていた。
だが、すぐに馬鹿になった。
まだ、戦って、書いているのが悪い。すぐに止めれば良い。
それだけが分からず、馬鹿のまま書いて、書けるようになった。
また、そのまま神との対話になって、全部分かった上で、文章をまだ書いている。
書きたいから書いている。書かないと、つまらない。
書く以外に何もしないのが悪いが、書きたいから仕方ない。
馬鹿や悪いことはすぐに止めるのが良い。
普通を良く考えれば分かる。
自分を変えれば治る。考え方を変えなければ治らない。
このまま続く。思考の方法も、このまま続く。
普通に、まともに生きれば良い。
大学は、分からないが、聞いていれば賢くなる。
多いようで少ないし、分かるようで分からないのが大学だ。
宇宙は、確かにある。
また、最初からすれば良い。出来る。
昔は、具体的に色んな事を全部分かっていただけだ。
最近は、考え方を書いているだけだ。
五線譜は、曲による具体的な手順の記載だ。
楽器は、音を出す具体的な発想の具体化と種類だ。
金は、ものを交換する媒体だ。
そのように、手順やシステムにして、考え方で世界にあるものを分かっていた。
そういうものを、消した方が良い。
具体的な手順など、統一された考え方は、あるだけで何も分からなくなる。
物理的に構造で分かっていると、おかしいぐらい馬鹿だ。
原子や方法、システムや考え方しか分かっていない。
そういうものを消すと、すでにある自分の文章で、全部昔の自分のように分かる。
だが、もう一度昔をすると、良く分かる。
生命は、食べ、生み、育ち、伸びる。
宇宙は、熱と原子と運動を持つ、具体的な構造の実現と法則だ。
そのように、法則にして、全部分かっていた。
具体的なものを全部ネットで分かっているから、何でもすぐに書ける。
あとは、思い出しただけだ。
考え方のような人生の発見を書いていた。
地球は、丸い。地平線や水平線を見れば分かる。
人間は、地域や自然の中に住む。意識で、周りの環境が分かる。
芸術は、視点と表現と意味だ。
皆の考え方を吸収することで、世界の活動が分かる。
そのように、発見のような想像力を書いていた。
あとは、ロボットのような想像力を、言葉に表現していた。
そして、人生を全部書いていた。
自分の文章に、日本の未来を託して、判断していた。
テレビと戦ったり、おかしなものを信じたりして、馬鹿になった。
判断は、ヒトラーや数字に怯え、国家の責任は判断の地獄になった。
あとは、変化のようなことを言って、知性の無い感情や言葉を書いていた。
赤ん坊のようだった。最近は、馬鹿だ。
昔の方が良い。昔を分かった方が良い。
昔は、色々と、おかしい引きこもりだが、経験と理性で全部分かっていた。