「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2013-10-25

=2013-10-25=

ワードからコピー

構造が知性だ。構造を作って、その通り考えれば分かる。
使えるもの、使えないもの、放送と通信のように、構造にすれば良い。
全ては、構造とパターンだ。
全ては、環境への適応と、体験と意識だ。
何故そうなるのかと、どうすればそう出来るのかを考えれば分かる。
存在と理由と方法で分かる。
何のせいでそうなっているのか考えれば良い。
パーキンソン病や癌は、パソコンが悪い。
ネットのせいで、楽しいことが出来なくなった。
作文を止めて、ピアノをする。
フランスは悪い。おかしな外国人に見える。
哲学や物理は、難しすぎて分からない。
分かる人間より、作る人間の方が良い。
ドイツ人より、日本人の方が良い。
メタ的に考えて積み重ねれば分かる。
分かると信じて分かると分かる。
世界を自分にしなければ良い。
自分にしながら自分で無くすのは出来ない。
自分でなくなると、最近になって、終わる。
自分にするから話が続く。
全部やっていると分かる。
昔から、英語、ピアノ、学校、スポーツ、ゲームで、全部していた。
最近は、Linuxや文章で全部している。
生命は、環境に従属する機械なのか?
神が創ったのか、進化したのか?
昔は、Linuxと全員をネットで分かった。
全部の体験を分かって、全部分かった。
最近は、ネットと支配のせいで何も出来なくなった。
10進法は変えられる。
馬鹿になれば分かる。
馬鹿になれば治る。
馬鹿になるだけで、言葉が分かって、精神が治る。
僕は、全部忘れたいだけだ。
世界は、安心のある楽になれ。
忘れるのが怖いだけだ。
昔の文章は、世界と方法を賢く自由に分かっている。
ものと方法から、イメージと概念、構造と体験で、世界を理解出来る。
人に教え、方法を作り、予測し、実験することが、知を作り、世界を発展させる。
社会の発展は、自由と支配で、国と共同体を築く。
協力せよ。対立するな。だが、時に反することも必要だ。
知は、実験と証明であり、事実と構造だ。
生産的に考え、実験し、体験し、環境を作れば良い。
人にものを与え、環境を作り、手段を実現し、変化を皆で決め、支配することが全てだ。
知と方法は、実現と改良だ。
世界の発展は、意見と方法の共有と、手順の抽象的な構築だ。
可能性は、予測と集積と自由にある。
努力し、学ぶことが全てだ。
全員で作り、与えることが経済だ。
概念と証明が数学だ。
色んな体験や創作は、良く考えると、最終的に数学に行きつく。
本質と構造を捉えて、正しく順序を考えれば、機械が作れる。
人と協力すれば、可能性が高まる。
方法とは、問題の解決と対策だ。
皆に教え、解決策を与えるべきだ。
構造とは、それが構築されるに至る経緯と目的だ。
世界観とは、概念と記憶と愛と認識だ。
考え方とは、それを可能にする手段であり、それがそれである理由だ。
判断とは、全てを分かった上で世界を支配する、自由な知性だ。
きちんと考えれば分かる。
積み重ねと体験と構造で、本質と可能性が分かる。
理由と方法は、システムを形作る。
認識とは、愛と実現の理由と、望みを叶える方法だ。
国は、問題の解決と和平の実現だ。
物事は、生産や研究、組織や生活など、様々なことに利用出来る。
国と社会の構造、実現、行動、発想、変化、学習が全てだ。
経験的に、人間は後の方が分かるようで、どんどん分からなくなる。分からない方が賢い。
自由の中で、計画し、目標を立て、努力し、解決のために頑張るべきだ。
人間は、きちんと考えて分かると知性がつく。
創作や創造は、ある程度の基準に達するものを、手段と理解と経験によって構築することだ。
良く観察し、実証し、想像して、構築すれば分かる。
全ては、変化と支配だ。
記憶とは、人間の知る生きた世界の経緯だ。
自由とは、教え、与え、実現し、創造し、関わり、協力することだ。
仮定とは、世界や人間や環境の別の可能性を考えることだ。
理性と理論、構造とモデル、仮定と仮説によって、人間や世界や心や技術を考えることが出来る。
国と会社は、社会的な発想とシステムとインフラの実現だ。
国は、伝統と先進性、集積と分散、発展と停滞だ。
会社は、先進性とブランドだ。
会社は、組織とマーケティングだ。
ものは、光だ。
生き物は、ものと精神だ。
あとは、環境を変えるとか、設計とか、新しい発見の方法が多かった。