「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2013-01-18

=2013-01-18=

ワードからコピー

分かり方 07:39

まず、分かり方がある。
想像力で考えること、試し、調べ、体験から考えること、過去の環境を思い出して、可能性を考えること、感じて心で考えること、で分かる。
全ては、創造性、独自性、構造性、関係性だ。
情熱と理想と変化への意思から、世界は発展する。
自由とは、戦いの中で、価値を見出すことだ。
自由とは、平和と争いの中で、秩序を見出すことだ。

神 08:02

あとは、神によって分からなくなっただけだから、神を信じなければ良い。
自然で平和な自由な世界は、全員の協力と共同体によって成り立つ。
自由とは、選択肢、多数決、多様性、組織の可能性、議論、支配者の自由だ。
認識は、それぞれの人間の中に有り、記憶と感情とともに、融和する。
それは、世界モデルとなって、適応や認知と、行動や経験、学習の関係性となる。

認識 08:04

認識は、言葉にすることで、伝達出来る。
認識の共有は、新しい理解と知を作る。
認識の共有は、発想と適応の多様性と集積を生む。
全ては意識と記憶だ。

発想 08:12

発想には、ベースとなる環境や知識、適応や世界観、感情や記憶の考え方がある。
あるものは、環境活動と生産手段、実現のための条件だ。
あらゆる人間を吸収して、良く分かることで、自分は全員になれる。
立場と苦しみ、救いを分かること。
許し、自由にし、自由になりながら、理解すること。
そして、考えるポイントをつかんで、構造的に考えること。

自由 08:18

自由なままで世界を変えたかった。
変化可能性を分かって、自由に世界を変えられるようになると良いだろう。

自由 08:24

自由とは、出来るようになることだ。
自由とは、表現し、理解し、説明することだ。
自由とは、愛情豊かに世界を変えることだ。
自由とは、変化と創造性によって、独自のものを生み出し、構築することだ。
自由とは、目線と認識と経緯の共有、システムだ。
自由とは、愛すること、信じること、世界と人々を豊かにすることだ。
自由とは、最大限の可能性の幸福を、全員に平等に与えることだ。

出来る 08:25

人は、出来るようになることと、観察することや表現することから、何かに気づいて知と理解を知る。
気づくことは、時に驚くことであり、それに長けた人間が哲学者となる。
良く見て、感じて、疑問を持たなければ、分からない。
精霊の神は、全てを導く。

感情 08:27

感情は、構造的な真実だ。
精神は、全ての知覚であると同時に、「分かる」の全てだ。
理解を説明的にすることは、世界の全てを掌握する。時に支配し、時に楽になる。
心理的なことを物理的に考えれば、全て分かる。
社会は、個人主義全体主義の戦いだ。

神 09:01

神を信じていると馬鹿になる。神は信じない方が良い。
神は、信じていると、停止して、認識を考える。
神を信じないと、悪魔になって、変化する。
信じない悪魔しか居ないから、神など信じない方が良い。

科学 09:02

科学ごとに、興味深いトピックがある。
まず、宇宙観の歴史。次に、宇宙の起源と、宇宙とは何なのか。
それから、生物学。遺伝子と細胞の起源や、個別論・機械論、進化論など。
そして、政治ならば、政治家の民主化や、政府の地域化、国際化、信頼性、あるいは、具体的に考えると、王の上に神が居る聖書、全て同じ会社にする、など。
そして、考えるべき政策として、株式による投資、輸入と輸出による利益、税と社会保障、景気と雇用、工場と農場の建設などが考えられる。

あるもの 09:16

あるものは、自由と可能性の法則の中における、変化と多様性だ。
あるものは、生産手段と実現性、自由な組織、継続、プロセス、方法だ。
会社は、大きさから内容まで、多様だ。
設計と方法は、全ての理解と発想を構築し、具現化する。
会社は、金と利益の中で発展しながら、社長の考える通りに世界を変える。
全ては、自由、平等、一体、独立だ。
法則を考え、設計など世界にあるものを構造的に理解して、変化可能に考えること。

構造体と現象 09:22

全ては、構造体と現象だ。
全ては、環境と経緯だ。
全ては、変化と人間による相対性や関係性だ。

経験 09:23

経験的に考えて、全ては、他人の物事を自分の中で再現可能だ。
自由とは、平等な自由のことを言い、不自由とは、平等でない自由のことを言う。
それぞれ全員の自由は、間違っている。
しかし、独りだけの支配する自由は、最も間違っている。
全ては、個別と集合だ。
全ては、意味と可能性だ。
全ては、変化可能なシステムの構築だ。
全ては、応用可能な基礎的で汎用的な道具だ。

初期投資 09:41

初期投資せよ。
知性をつけ、技術と能力をつけ、前提知識を知れ。
インフラを作り、工場や農場を作れ。
世界は、自由と考え方によって、理解可能かつ、変化可能である。

取り決め 09:55

全ては、取り決め、方法、助け合いの、賢い実現と構築だ。
UNIXや法律、英語、交通ルールなどが取り決めである。
C言語や関数、機械や道具、会社組織や工場、などが方法である。
金や配給が助け合いである。
それを、沢山の具体的な知恵、理解から知り、分かることで、人は賢くなる。

UNIX 10:00

UNIXは、パイプによって、コマンドを複数使ってシェル操作を行うことが出来る。
ソートした後で表示したり、検索した後で保管したり出来る。
また、ネットワークが優れている。

変化 10:05

変化の中で、簡単に何かを変えるだけで、改善することも出来る。
本質的なところを、自由に考えて、その自由を束縛すれば良い。
例えば、政治家に試験を与えれば、政治家の質は良くなるかもしれない。
そして、きちんと本質を捉えて考えることで、見えてくるものもある。

国家 10:06

そして、国家は、全てを思想と民族性で分かる。
ただのヒトラーではなく、対話から分かることが出来る。
中国は、組織の改善を独自の社会主義で行う。
アメリカは、あらゆる方法で世界を改善する。
中国も、アメリカも、似たようなものだ。

神 10:14

神は、宇宙の全てを教える。
神は、黒人で、ユダヤ人で、プレアデス星人だ。
自己は神となって、世界と関わる。
全ての科学を作った自己は、あらゆる信念と思想と宣言を持つ。
永遠と真実がそこにあった。
全てを本当に分かった人間だった。
知は、絶対的なものだ。

基礎 10:21

全て、基礎を作って分かることが出来る。
しかし、それを全て終えてしまえば、判断することで分かることが出来る。
自分を統制した戦いで、単純な神となって、世界を導き、治す。
例えば、宣言や対話が、自己を増やすことで治す。
判断、戦い、支配、導き、考える、治癒、書く、思い出す、だ。

残す 10:26

書いて残しなさい。
全て、思い出しなさい。
全て、体験しなさい。
全て、言葉にしなさい。
戦いや支配は、適当に間違っていて良い。
ただ、負けることのない戦いをしなさい。
国会と国王を同時に行いなさい。
新しい発想を行いなさい。
全ての科学を作りなさい。
地域と宗教と科学と歴史から分かりなさい。
信じて分かりなさい。
自由な人生と、社会主義キリスト教の国家を作りなさい。
永遠の苦しみに耐えながら、治すことを頑張りなさい。
思考を書きながら、1つ1つの理解を1つに決めて作りなさい。

科学 10:35

科学は、数学や物理から、経済学と語学、歴史、文学、生物学をその順に行いなさい。
言語は、英語、朝鮮語、中国語、ドイツ語、フランス語、スペイン語ポルトガル語、の順に行いなさい。
国家は、ニュージーランド、アメリカ、フランス、ドイツ、スペインに行きなさい。

最近 10:50

最近は、支配というよりは、自己紹介だ。
自分の人生を書いて、沢山の自分の考えたことを思い出して、まとめただけだ。
世界を治す、はしない方が良い。
神と話す、は、頑張れば出来るだろう。
科学は、具体的なモデルと構造を作れば、簡単な論理で、それらしいことは理解出来る。
また、世界を止め、変える、という支配は、自己を統制して戦いをすることで実現出来る。
ただ、負けられない戦いをして、世界の責任を担えば良い。
だが、それは、しない方が楽だろう。
全ての文章を1行書き、全ての体験を1度して分かっていた。
治すよりも、もっと体験するべきだ。

最近 10:56

最近は、世界を自分にして、恐怖と疲れを治したかっただけだ。
それはそのまま、世界全体を考えながら、科学を作り、思い出すようになった。
あまり不可能なことは、しない方が良い。

文章 11:01

文章で、人を悟らせ、最後に全て分かる。
そんな文章が、いつかどこかにあった。
神は、僕の文章だ。
自分の創造物でそこまで分かると、バッハのように、イタリア人の神になる。

世界観 11:14

世界観の自己紹介を行いなさい。
理由と否定のある全ての理屈を作りなさい。
論理で全員を作りなさい。
神は、あなたに微笑むだろう。

全部 16:21

全部、とは、全部の分かるの選択肢を書いている。
上から意識を逆戻りしながら、逆に読めるように書いた。
世界に1つ1つの理解を教えながら、責任を持って世界を変えていた。
それは、全てを考え、永遠の一瞬となった。
「しかしながら」と「なぜなら」を使っていた。
自己を統制し、現実では戦いながら宣言し、世界を支配しながら、改善して治していた。
神とともに、世界に愛と希望を与えた。

選択肢 16:23

自由になりなさい。
自由とは、発展可能で、自然で、平等な、全てが許され、認められた状態だ。
それを、他に与えなさい。
他に自由を与えることで、皆、微笑むだろう。
他を愛しなさい。
しかしながら、時に、愛だけでは、賢くないものだ。

人生 16:24

人生と認め合いを、信じなさい。
世界は、他の自由を許すと同時に、自己を自由にする。
その中では、助言と手段の助けがあると良いだろう。

希望 16:25

希望を信じなさい。
認め合い、助け合いなさい。
しかし、助け合いと善だけが、あれば良いのではない。
強さと、勇気と、信じる力があれば、なお良い。

思い出す 16:25

思い出しなさい。
絆と皆との友情を思い出しなさい。
憎しみや自己の利益だけを見るのではない。
自分の欲を抑えて、人とともに生活する、そんな節度と秩序を持ちなさい。
人に教えるときには、きちんと敬語を使いなさい。

運命 16:26

運命を否定せよ。
運命や神など、どこにもいない。
自由と自然で、全て分かることをしたものに、訪れるのが、運命だ。
しかし、その運命も、また、自然であり、運命など、どこにもない。

世界観 16:27

世界観と自然と知性から分かることも出来る。
沢山の理解を、現実を良く観察しながら、多角的に考えることで、創り出しなさい。
また、角度を変えながら、その変化を知りなさい。

自然 16:28

自然とは、全てを許すと同時に、何の助けも無いことだ。
助けが欲しいならば、それは、神などに祈っても意味がない。
きちんと考えて、沢山の具体的な素材を加工して吸収しなければ、助けはどこにもない。
現実の中に、全ての考え方は存在する。それを、沢山吸収することだ。

人生 16:30

幸せは、人生と達成と満足の中に有る。
しかし、一度幸せになってしまえば、それは、永遠に続くようで、終わってしまう。

交流 16:30

交流は、まず、家と同じと思いなさい。
そして、勇気を出すよりも、頑張らず、楽にしなさい。

情報 16:31

情報は、全て分かるために、まとめサイト的なものやWikipediaを見ると良いだろう。
情報のせいで、最近は、全て分かる人間が居ない。
しかし、問題は無い。WikipediaFacebookを見ていれば、情報が何なのか分かる。
その上で、その中で体験する自由な理解と経験を、適度に吸収し、最後に自分の詩に作り直してしまえばいい。
プログラミングは、Visual StudioUNIXの力を持って、全て理解できる。
その世界は、楽で、自由で、機能豊かだ。

環境 16:33

環境は、愛を与え、助けを与え、情報を与え、集積を与え、共有を与える。
それは、自然と自己愛から、他者への愛となり、全員を吸収し、許しあい、認め合う、愛の環境となる。
しかし、時にそれは、恐怖と苦しみを与え、永遠の地獄へと人を突き落す。
つまり、良いと思っていたものも、すぐに悪いものへと変わる。
それは、人の本当の輝きを見せるために、必要だ。

経緯 16:35

自由とは、経緯だ。
経緯は、人を確かに分からせる、順序立てた思考の結論であり、経緯を知ることによって、人はそこまでの全てを理解出来る。
経緯は、時系列で行うこともあるが、ツールによって視覚化することも出来る。

論理 16:36

ここまでは良いが、あとは、論理的に考えただけだ。
論理的に考えて、視点と多角的に世界を見ながら、時間や空間とともに、環境が成立する。
それは、学校、会社、工場、などから、発表など、無数のものに及ぶ。

論理 16:38

論理とは何だったのか。
それは、書きながら判断していただけだ。
運命は、信じることと、愛だ。
受容性と思い出す力によって、世界の全てを肯定することが出来る。
自然な客観視と議論によって、恥と経験から、成長し、意識を高めることが出来る。
その上で、現実の空間と存在を考えることで、視野を広げることが出来る。

判断 16:39

ユダヤ教は、それ自体人種差別であり、間違っている。
共産主義は、島への回帰であり、奴隷の平等であり、それ自体、悪い。
そのように、判断していただけだ。

体得 16:41

体得して考えなさい。
その対象となる世界を知りなさい。
それは、心の予測から、自由に考えることが出来る。
自由とは、あらゆる対象に、正しく理由を付け足すことだ。

辿る 16:58

そして、色んなものを辿って文章を書いていた。
世界史や人生、神や前世を辿っていた。
精神分析は、思考を文章に記録する。

子供 17:00

まず、僕は、ただ悲しかった。
そのまま、悲しいが好きになった。
戦う、人間を作る、ものを作る、が好きだった。
それは、そのまま、ロボットやミニ四駆になった。
そのまま、漫画やゲーム、パソコンやボール遊びが好きになった。
小学校の友達が好きだった。
そのまま、中学生になって、色々あって、今に至る。
幼稚園のごろから、漢字が好きだった。
消しゴムを使わないのが好きだった。
それ以降は、中学、高校、などを辿った。

巨大 17:01

巨大な建築物が多かった古代では、それぞれの多様性が高まりすぎて、帝国統一になった。
そのまま、キリスト教とともに、暗黒の中世となった。
その中で、ドイツやフランスが、栄えていた。
絶対王政がナポレオンとなり、近代国家を作った。
そこらへんの、沢山の歴史上の人間たちを書いていた。

思考 17:04

あとは、全ての思考を書いていた。
全ての信念、全ての体験から、全ての老化や、全ての発想などを書いていた。
そのまま、記憶を全て覚えながら、神の言葉によって、永遠に全て分かるようになった。

研究手段 17:09

研究手段のある自由に、情報と道具と会話を与えれば、全て積み重ねることで分かる。
それは、Linuxとともに、沢山の自由を知った。
参加と意見の自由など、世界の暗号をバラバラに解読しながら、全てを論理的に理解した。

基礎 17:13

全ての基礎と永遠の体験を作った後で、経験的に、言葉で、一瞬で分かっている。
それが、最近の僕だ。
それは、科学の全て、思想の全てを知った。
何も分からないようで、きちんと分かっていた。
止めたいのに、止まなかった。
そろそろ、終わるかもしれない。

論理 17:39

あとは、これを全部論理学的にやった。
書きながら、決めながら、言いながら、正しく認識と記憶を積み重ねた。
論理学的に、世界、宇宙、科学、自然、神、宗教、を考えた。
そこを全部すると僕のようになるが、皆は、論理を書いて考えると良いだろう。
全て、独自の解決策と枠組みから、独自の科学や宗教を作り、理解すると良いだろう。

自由 18:13

自由とは、組織と体験の自由だ。
組織と自己を向上し、様々な体験から考えることで、世界を向上できる。
組織は会社で、自己は学習と経験だ。