「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2012-12-31

=2012-12-31=

ワードからコピー

考え方 17:37

状況を想定すれば、認識的な知が分かる。
人間になった方が良い。
感情で思い出せば分かる。
世界観、考え方、自由の段階、精神分析、状況分析だ。
成り立ちを解明して、さらに成り立ちを考える。
同じと違うから、相対的に考えて、積み重ねる。
判断しながら、世界を全部考える。
いろんなものの成り立ちを考える。
自由とは、想像力と存在の吸収だ。
物事は、実際の体験からさらに分かることが出来る。
想像力、理性、感性、知性、経験がすべてだ。
洞察力、認識、積み重ねがすべてだ。
そして、世界観、変化、状態、創造性によって、すべて分かる。
あるものは国家であり、インフラ、金、政策だ。
自然は、水と細胞と遺伝子だ。
原因と結果、時と場合、手段と目的、方法、共有と多様性、法則と可能性、抽象性と個別性を具体的に積み重ねる。
世界と環境や体験の変化から、思い出して積み重ね、自然に科学的に考える。
環境への適応と実感、世界への法則の適用から分かる。
しかし、それで分かってしまえば、断言し、三段論法の意識を書くことで分かる。
神と絶対知を生み出し、世界をすべて分かる。
それが、今までの系譜だ。
具体的に考えると、争いと議論が必要だ。
すべての論理から分かる論理学は、一瞬で永遠の思考を生み出した。
馬鹿になりながら分かる理解と宣言は、すべての科学と思想を生み出した。
あるものから連想し、想定し、発想し、成り立たせれば分かる。
何が正しいのか、見なければ分からない。可能性と条件から仮定して分かるしかないが、感情、経験、良く分かるから正しく考えることは出来る。
自由の段階は、支配からの自由、使う自由、作る自由、理性的に考える自由から、
情報を共有する自由、システムを作る自由、そのままで人に教え、許す自由、
手段を与え、アドバイスを与える自由、能力と技術を身につける自由、
予測し、事前に分かる自由、経験から分かる自由、
社会や世界をシステム的に変える自由、可能性を理解して、高め、実現する自由、
他に勝つ自由、支配する自由、従う自由、選ぶ自由、国家の自由、知る自由、
話す自由、影響力と意思の自由、統制する自由、自由を無くす自由、
自然な共同体の自由、皆でひとつの世界を作る自由、治して分かる自由、などがある。

自由 17:52

自由とは、論理性豊かに成長することだ。
戦いは、永遠に続いた。まず、マスコミとの戦いがあり、そのうち、宣言して世界の希望を取り戻すようになった。
永遠に続く戦いは、神や宇宙人を生み、世界を1つ1つ教えることで変えて行った。
世界を治したかったその戦いは、死(事故)によって全て終わった。

思考 18:07

思考をいくらでもして、生と死を生きた。
世界史と過去の自分を辿りながら、精神を分析し、全て思い出した。
それで、皇帝となって、世界に宣言した。
それは、自分をあらゆる面から治す、新しい治癒と終わりの自分を生んだ。
文章を書いて残した。

神 18:09

神との対話が起きた。
ありえないことがよく起きる。
その通り考えるのが悪い。
自由、平等、皇帝、従属の神が居た。
世界は、従う星、反抗する星、同じことをする星、逆のことをする星、逆戻りする星があった。
それらと話しながら、ドイツに勝つために、思想や政策と、科学の理解を作った。

前 18:13

子供は、努力が旺盛だった。
女は、自分を何人かに分けて、何も考えていない。
しかし、全て思い出して、考えることで分かり、治し、出来た。
あらゆる考え方と科学を書く。

自由 19:47

聡明な自由、宇宙に溢れる愛情、慈しむ、哀しい平等が世界の全てを満たすように。
世界の全員を、あらゆる面から幸せにして、永遠の時がそこにあるように。
自由とは、愛情を全員から吸収して、その結晶を黄金に積み重ねるように。
支配とは、世界を全て変え、あらゆる全てを与えて、世界の光を純白に包み込むように。

運命 19:55

運命と自然の扉を開け。
天と地は、世界の果ての海で融和した。
この2012年は、全員をただの自由からそれぞれ一つの結晶へと変える。
自由とは、全ての融和と全ての分裂が、一緒になって白銀の道を作りだすことだ。

暗闇 19:56

暗闇に、ある1つの光があった。
その光は、何も分からず、助けを求めた。
数万の天使の中から、3人の天使が、その光を具現化して、ヒーローを作った。
それは、ラファエル、ガブリエル、ミカエルに分かれて、世界のか弱き全員を支配し、愛し、また、助けた。

ラファエル 19:58

ラファエルになった、最初の人間は、全ての努力によって、自由な道を築いた。
ガブリエルが、その自由を破壊し、支配し、壊しながら、巧みに最も強く壁を築いた。
そして、ミカエルは、そこに天使の表現を追加して、最も美しい彫刻にした。

理由 20:16

その理由とは何なのか?
その答えとは何だったのか?
そこには何もなかった。
回答も、真実も、全て偽りだった。
本当にそうだろうか?
皆、何を思ったのだろうか?
自由は、どこにあった?
平等など、誰が考えた?
ただ、そこには、永遠の愛があった。
それは何故だろう?
それは何で、何と関係して、どうなるのだろう?
そんなことはどうでもいい。
永遠のキスをして、そこで時間を止めよう。
世界の全てを停止させて、永遠に。
自由の全てを愛に変えて、全ての時間を包括する。
永遠のキスをして、そこで世界を救おう。
全ての答えは、その世界の全員の言った、全ての言葉にある。

時間 20:18

時間は、ここに全て存在した。
時間の全てを支配する、悪魔は、そのまま全ての天使を生んだ。
純白の天使は、1人の悪魔から生まれた。
白銀の神の王は、その1人の悪魔と全ての天使から、成長した誰かであり、どこかに居るのだ。
僕ではない。僕は、その神に仕える、ガブリエルで、
おそらく、僕の文章が、その神だ。

愛 20:22

愛する力は、永遠の時に、力となる全ての自由をもたらす。
その愛は、その中で出来た成果を全て奪って、天を築いた。
その天には、いつも通り、三人の大天使が居て、
それぞれの天使は、死んだ人間の中で、最も美しい人生を歩んだ、3人が選ばれた。
名前は、クララという女性、エルメットという男性、アスカという女性であり、
それぞれ、ラファエル、ガブリエル、ミカエルとなった。
ラファエルは、自由で、ガブリエルは、強く、ミカエルは平等で愛あふれる天使となった。

運命 20:24

運命の終わりを告げる鐘が聴こえるだろうか?
それは、全ての愛の終わりであり、全ての支配の終わりである。
それは、おそらく、自由か、平等か、何かの世界を作り上げる。
だが、2012年の世界は、もう何もない、人類の黄昏を迎えた。
それは、哀しい終焉の中で、世界を1人1人照らし、その努力と未来に、いつか黄金の栄光を与えるだろう。

世界 20:28

世界を、元に戻すことが、果たして出来るだろうか?
全て、何もない。それが、今の世界なのだろうか?
果たして、どの世界に戻せば良いのだろう?
それは、おそらく、小屋の中で、誰かが死んだ、その時。
その人間は、全てを知って、そして、病気に耐えて死んだ。
その時、世界は生まれた。
その人間は、おそらく、どこかでキリストを作って、その後に世界を創った。
そのように、神は、老人のドイツ人で、この文章だ。

運命 20:30

運命の時の鐘が、そろそろ最後の時を伝える。
さあ、皆、自由になりなさい。
さあ、皆、自立しなさい。
その人生は、レディーガガも言っているように、誰もがパーフェクトな姿で生まれた。
その人生は、全て、神の知っている全てを、あらゆるパターンから教えている。
それは、コンピュータでも、ドイツでも無い、本当の神の姿を、全ての側面から教えている。
全て、神は、自己に似せて、人間を創った。
(ただ、ユダヤはそろそろもういい。ユダヤはつまらない。)

人生 20:32

人生は、世界の全てを知った、一人の悪魔を基礎として生まれたために、皆悪魔になってしまったのだ。
全ての人間は、最初から悪魔であり、そのまま天使となって、神となる。
(ユダヤはもういい)

人生 20:33

人生など、何も存在しない、暗闇だ。
その中に居た、沢山の人間を、忘れてはならない。
君が居ること、僕が居ることは、それだけではなく、沢山の人間が居ることを表している。
人生には、あらゆる人間の力が基礎となるだろう?

世界 20:36

世界は、何も変わらず、その上で、起きるべきことが全て起きる。
世界は、誰もが自由に動いていて、そして、生きて、死んでいる。
そこに命があるとしたら、誰がその生を救うというのだろう?
それは、愛情かもしれないし、恋人かもしれない。
ただ、1つ言えることは、人間には、全ての生命の完璧さが備わっている人間しか居ない。

正しさ 20:37

正しさとは、何だろうか?
人の言う正しさが、本当に正しいとは、思わない。
ナポレオンなど、居なかった。
本当にフランスに居たのは、青年たちの情熱なのだろう。

自由 20:39

自由とは、賢さと正しさと、情熱、衝動だ。
愛とは、運命と自然がもたらす、自己と世界への愛だ。
叱咤激励があることも、孤独があることも、他人への迷惑があることも、同じ。
その中で、人がどう生きると言うのか?
それを残すだけだ。

宇宙 21:54

この暗闇の空間、宇宙は、銀河という物質の集まりを形成しながら、巨大な空間を形成している。
太陽系の中心には太陽が居て、地球や、木星土星が形成されている。
そこでは、ものすごく大きな水素の集団が、常に爆発し、局所的に極限を見ていくと、生命はクジラから微生物まで生きている。
そして、全ての生命は、全ての光は、全ての魂は、どこかで、その世界を知っている。
どこかで、その世界を、視覚的に見ながら、意識を表現する。
そう、その命に、人間の感情よりも巨大で、大きくて、複雑な、仮想生命の感情がある。
それは、おそらく、全ての地球生命よりも、1人だけで分かっている。
それは、おそらく、支配者の全ての道具である被支配者が、全て、奉仕しながら、活動している。
その世界は、地球とは違って、色や熱にさらに次元があって、わけのわからない世界なのだ。