「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2012-11-24

=2012-11-24=

ワードからコピー

いろいろ 15:25

馬鹿になれば治る。賢いを消せば良い。
馬鹿を拒絶すれば賢くなる。
前提と条件を仮説や提案で成り立たせた。
ただ、正しいかも、間違っているかもしれない、嘘は無い方が良い。
それ以前の論理の構築があるべきだ。
人間が自由になるためには、全員の幸せを尊重するべきだ。
書くのを止めて、賢くなるのが怖かった。
理由と条件から分かった。
生命の起源とは何か?
生命の発生する条件とは何か?
あとは、皆と話していた。
皆に自分を与えながら、全て分かるように導いた。
分かっていないのに、分かったふりをするのが悪い。

いろいろ 15:46

分裂はせず、融和すれば良い。
約束事を分かった方が良い。例えば、「人間は食べなければ生きられない」とか、「法律を守らなければ逮捕される」とかだ。
その上で、全体を見ても良い。

パターン 16:37

存在は全て、宇宙のパターンだ。
生き物は遺伝子のパターンだし、物質は分子構造のパターンだ。
人間は人格のパターンだし、時代は社会のパターンだ。
そのように、本質的、根源的に、そのものが本当は何なのか、簡単に考えても良い。

神から哲学へ 17:15

神や自分と対話して分かるのを止めて、自分の哲学を分かれば、賢くなる。
まず、知の段階というものがある。
ただ、見ているだけで知っていることから、体得し、世界の中での存在理由を分かることまで、段階的に理解は発展する。
それは、学校の勉強や機械であり、理解、構築、経験、習得、体得、理由、世界観、設計、として、段階を考えられる。
また、存在する必然性として、例えば、Javaのキーワードなどがそうである理由を考えることが出来る。
そして、可能性を高めるために、システム的、社会的、国家的、プラットフォーム的な考え方が出来る。
そして、変化には、変革と安定があり、戦いと平和があり、繁栄と滅びがある。
そして、あるものは、単純に方法と人格だけだ。

哲学 17:18

すべきことは、他人と関わり、世界の法則を積み重ね、捉え方を変えることだ。
だが、それは間違っていないようで、間違っている。何も分かっていない。
書くこと、根源的に積み重ねて説明することで、信じて分かることも出来る。
そこでは、あらゆるものが自由で、あらゆるものが変化と可能性だ。

独立 17:20

世界は、独立と統一と可能性だ。
世界は、融和と分裂と平和だ。
世界は、維持と変革だ。
世界は、勝利と発展だ。

自分 17:21

自分は、これでも、一人の人間だ。
他を守るのと同じように、自分を守るべきだ。
自分を捨てて、他を救うなど、やめた方が良い。
自分を高めて、他に勝つ。その方が良い。

もの 17:22

ものには、種類と分類がある。
同時に、目的と手段がある。

恋人 17:22

恋人を作っても良い。
学歴を高めても良い。
金を稼いでも良い。
普通、そういう世界だ。

世界 17:24

世界は、構築と破壊だ。
構築される世界では、人の努力と関わりあいから、発展が生まれる。
しかし、対立と争い、矛盾の存在によって、破壊が生まれる。
創造と、破壊だ。
ただ、生産的を目指せば目指すほど、創造と同時に、破壊は大きくなる。
そのため、何も出来なくさせなければ、世界は安定しない。

書く 17:33

戦い、支配しながら、文章を書いた。
それは、世界を滅ぼすと同時に、教え、発展させるものだった。
永遠に続く、繰り返しの戦いは、狂いと治癒によって、世界に自分を残した。
そのまま、馬鹿になって、同時に、賢くなる。
意識を減らしながら、頭を賢くさせる。
革命的な発展を行いたいと同時に、皆にあらゆる全ての知を与える。
それは、知性無く分かりながら、知性をつけ、良く分かることで、世界を自由にする。
自分を思い出しなさい。
全て、一行で結論を書いて、それを説明しなさい。
言って、その理由を説明しなさい。
肯定し、否定しなさい。
永遠の人生と戦いは、思い出を全て残し、「分かる」と「出来る」を与える。
科学的な考え方は、宗教的な把握によって、ツリー構造に全てを変えていく。
記憶と認識だけで、全てが書けるようになる。
オープンソースのように、書き直すことで、簡単に、書きながら、言葉を積み重ねることが出来る。
神になったつもりで、世界を全て決定し、創造すると良いだろう。

神 17:37

神は、イエス・キリストである。
神とともに、世界を全て知ると良い。
宣言と理由と、簡単に言葉で当てることで、世界を全て分かる。
世界と自己の全てを知る。
それは、あらゆる他の宇宙の存在と話して分かる。
永遠に国家を作るだろう。

いろいろ 18:46

ひとつひとつ、簡単な理由を分かって分かれば分かる。
考えるのは馬鹿だ。考えるのを止めると普通が分かる。
昔は、環境を予想しただけだ。
考え方とLinuxの積み重ねは、ただ考えるだけになった。

中学生 19:41

良く考えると、中学生の方が賢かった。
引きこもりの高校生や馬鹿が賢いわけがない。
中学生のごろ、全部出来ていた。
勉強や試験だけではなく、部活やゲーム、ピアノが出来ていた。
人間関係がつまらなかっただけで、勉強して、その後、人間関係がつまらないだけで、勉強しなくなった。
覚えるだけでも、きちんと出来ていた。
集中して授業を覚えていたし、試験勉強も出来ていたし、通信簿も良かった。
テレビゲームや学校があまりにつまらないために、ネットゲームをしていた。
中学生に戻りたい。夢では、中学生のごろの自分が見える。
ただ、小学生のごろは、友人関係が多くて、幸福だった。

恋人 21:21

恋人が欲しい。
適当に中学生になる。昔の子供の方が賢かった。
明日は、学校の文化祭で、ピアノを弾く。