「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2012-11-21

=2012-11-21=

ワードからコピー

いろいろ 11:10

可能性を与えただけだ。
いつでも別れられるだけをした。
僕は、政治とパソコンを忘れる。
思い出すは、もういい。
皆、夢と希望を持って、やることを忘れなさい。
自国と世界への愛を持て。
運命とは、自由と革命だ。
分からなくなれば、覚えなさい。
運命とは、支配と平等だ。
以前の言葉を全部忘れれば分かる。
人間は、普通何も分からない。全部間違っている人間しか居ない。
悪いのは、自分より、ネットだ。
自分を倒しても、辛いだけだ。
過ごしやすさを考えるべきだ。
分からなくなって、死ぬしかない。分からなくなるのと、死ぬのが怖い。
馬鹿が分かると、楽に治る。
精神異常を治したかっただけだ。
書いて馬鹿が分からなくなった。
それが分からないまま治るのは、辛い。
何も意識しなくても、現実はそこにある。
分け隔てられた環境では、全く違うことが起きている。
自分は自分にしかなれない。違う人間に変わることは無く、自分が唯一最後まで続く。他の人間も同じだ。それぞれ関係のない世界で、自分や他の人間は分からない。あとは、家と職業、遺伝子が違う。
そして、認識がそれぞれある。

夢 11:16

夢とは、生きる目的を作ることだ。
愛することは、賢くなることと同じだ。
支配者は、平等であるべきだ。
生きることは、己の存在価値を求めることだ。
新聞、本、大学には、知が全てある。
物理学は、ただの力学だ。
感情は、書くことで完成した。
皆、愛、自由、目線、人生を持っている。

基礎 11:32

基礎を学べば、何でも出来る。
沢山の人と会話しながら、パソコンや社会、心理の基礎を、良く考えて作れば良い。
応用とは、考え方を高くして、根源的かつ実践的に考え、システムを作ることだ。
人間は、愛と平等を知ることで成長する。
時に、自由は間違っている。ただ、議論はすべきだ。
出来るようになるためには、認識を改善し、平等の中で会話し、相手を知ること。
出来るようになるためには、世界を自由な考え方で把握し、理由を知ること。
出来るようになるためには、自由と概念、可能を増やすこと。
そして、全てを理解するための基礎を自分の中に構築すること。
それで、全て出来る。
可能性と考え方を知ることで、人は豊かな発想を生む。
案を作り、意見し、自由に取り組むことで、人は世界を変える。
可能を増やしなさい。

思い出す 11:36

思い出すは、もういい。
過去を回想しても、何もしていないだけだ。
あったものは、手段と適応だ。
独立と一体、強制の無い自由、環境への適応から、全て分かった。

経験 12:26

経験と体験から、慈愛と受け入れる精神を知った。
経験と慈愛の精神を持て。
悲しい戦いは、永遠に続く助言になった。

助ける 12:27

人を助けなさい。
勇気を持って、絆を培いなさい。
好きなことを全部して、分かるところを分かりなさい。

共同体 12:28

それぞれの共同体は、支配者とともに実現される。
それは、変化し、協調し、対立する。
そこでは、役割分担と平等や自由がある。

愛 12:30

人やものを愛しなさい。
そのもののために出来ることを全てしなさい。
人を育て、慈しみなさい。
その人のために、出来る全てをしなさい。
例えば、子供たちのために、出来る全てをしなさい。

精神 12:31

精神は、関係性を持つことで良くなる。
勇気を出して、人と関われば、賢くなる。
一番怖いは、精神が死んで治る。
ただ、治りたいならば、もっと馬鹿になれば治る。
狂った方が賢いが、まともな方が分かる。

普通 12:33

動物は、生きるために、食べ物や酸素、水が必要だ。
実験して確かめなければ、何も分からない。
極度に大きなエネルギーがかかると、人は死ぬ。
自動車や、爆弾がそうだ。

数学 12:34

数学の証明は、四則演算に直し、方程式を解くのが基本だ。
細胞は、アミノ酸だ。
光合成食物連鎖は、炭水化物だ。
原子力エネルギーは、莫大なエネルギーを生み出す。
自然の中で生きている、遺伝子の個別化と具体化が生命だ。
物理学は、ものを数にして、関数を組み替え、文章題を解くだけだ。

普通 12:37

家庭の主人は、父親だが、家庭を守るのは、母親だ。
子育ては、一番辛い。
運命は、何か自分を1つに決めるものだ。
パソコンと執筆が僕の運命だ。

ピアノ 14:10

ピアノは賢かった。
弾いていると、多角的に見るようになる。頭が賢くなって、意識が高まる。
基本的に押さえるだけだ。
右手と左手を交互に引き、楽譜を見たり、手を覚えたりする。
昔から、ピアノで賢かった。
積み重ねやパソコンは、ピアノで分かる。
数学は、何も賢くならない。
たすきがけはまだ分かるが、解の公式や三角関数は、分かるわけがない。
あとは、最近は、起源と、独立と、民族性で分かっただけだ。

ピアノ 16:13

僕は、今日はピアノ教室へ行った。
僕は、専門をピアノと英語にすることにする。
トロイメライを弾いた。
週末に文化祭でトロイメライを弾くために、練習した。
今日は、音に気持ちを込める、というレッスンだった。
トロイメライ
基本的に、音に気持ちを込める。
楽譜の場所、部分ごとに、弾き方を作る。重くしたり、明るくしたりする。最後のフレーズはゆっくり終わらせる。
また、細部の工夫として、小指が強すぎるため、弱くして優しくする。流れるところは、スムーズに弾く。フェルマータは長くして、ritはゆっくりにする。
手を離すときは、ゆっくり離す。
自分の音をしっかり聞く。

理想 16:20

理想が無い。言われたことと逆をする。そこが間違っている。
パソコンや政治は忘れた方が良い。物語は、馬鹿だ。何をしてもパクリになる。
大学は悪い。日本史や世界史はナチだ。Visual Basicは、Linuxに見える。
数学や物理は出来ない。
ピアノと英語しか、出来ていないから、それをする。
良く考えると、ピアノと英語の方が賢い。

ピアノ 16:50

ピアノは、基本的にやりながら覚えれば良い。
場面ごとに弾き方がある。もりあげるところを盛り上げる。
流れるところは、スムーズに、ゆっくりと、小指を弱くして弾く。
フェルマータを長くし、ritをゆっくりと弾くことで、長短を際立たせる。
最後をゆっくり、終わらせて、手をゆっくりと離す。

ピアノ 16:50

自分のしていることを、しっかりと覚える。
見て、聞いて、覚えていない。
自分の弾いている音を、しっかりと聞く。そこからだ。

認める 18:19

自分の存在価値を認めること。
相手を思いやること。
当たり前のことを分かること。
生産性とは、初期投資や計画をしながら、建設的にそれを築くことだ。
楽しさとは、自分を許し、相手を許し、勝利し、達成することだ。
普通、当たり前のことを言うから、当たり前のことを言えば良い。
バックアップはそんなに取らなくていい。毎日、寝る前に一度取れば良い。
理解を全部忘れた方が良い。具体的な理由や構造は、要らない。
最初に書いた悪い文章を消した方が良い。
最初に仮面を被って書いた女王の自分を消した方が良い。
皆に、何も与えず、客観視せず、助言せず、支配せず、可能にしない方が良い。
実現性を考えただけだ。
世界を自由にして、沢山の理由と疑問と否定を教えたかった。
世界を自分のものにして、皆を自分にしても、悪いだけだ。
ものには、所有と価値がある。そういう哲学ももう良い。
科学や宗教、政治思想は、一度何も分からなくなった方が良い。
哲学に進まない方が良い。何もしていないように見える。
大学は忘れた方が良い。出来るわけも、入れるわけもない。
ピアノ教室も出来ないのに、大学が出来るわけがない。
英語がしたいが、簡単には出来ない。普通、簡単には出来ない。そこが分かっていない。
簡単に出来るわけないのに、書いて考えるだけで出来る。そんな人間は居ない。
馬鹿なのに賢いのはおかしい。頭は、意識が低いのに賢くなった。そういう発想は悪い。
ただの、普通の良いことを言えば良い。
むしろ、ピアノは一番難しい。
何故、この世には、宇宙があるのだろうか?
自然があるのだろうか?
自分の今があるのだろうか?そのように考えても良い。
ただ、色んな当たり前のことを思えば分かる。
テレビは、馬鹿だ。見たくない。見ていると、馬鹿になる。
新聞は、読めない。読めるわけがない。情報量が多すぎる。
ただ、楽しい方が良いかと言うと、楽しいはつまらない。楽な方が良い。
大学は賢くない。
男になりたい。そういうことを言えば良い。
自分の望む今を考えないのがおかしい。
楽になりたい。普通を分かりたい。休みたい。それだけだ。
言うだけでそれになったりはしない。
ただ、辛いだけだから、辛いことをしなければ良い。
未知のものが未知で、既知のものが既知なのが分かっていない。
皆と関わりあいながら、色んな事を教えてもらった方が良い。
独り、書くだけで分かるのは、機械だ。
ただの機械になった。ガラクタだ。
政治、文学、コンピュータ、の機械は要らない。政治とLinuxの機械は、馬鹿だ。
数学やパソコンはしたい。やめた方が良い。機械になるだけだ。
むしろ、男になりたい。日本人になりたい。日本語を話したい。
それだけで、まともに日本が分かる。だが、日本は分かりたくない。
日本が嫌いになった。そこがおかしい。要は、普通の人間は馬鹿だ。
むしろ、ドイツやアメリカが良い国ならば、誰が見ても日本はさらに良い国だ。
ドイツも悪い国なのが、分かっていない。
ドイツ史は止めた方が良い。ナチにしか見えないし、ドイツは馬鹿な国だ。
サッカーでもすれば良いと、スポーツはしたくない。テレビも見たくない。そういう何もない発想が悪い。
何かすれば良いならば、他の人に教えてもらえばいい。
ピアノは、むしろ、それだけをすれば良い。しないのもおかしいから、する。
ただ、それは辛いだけだ。
ネットは見たくない。無い方が良いものに見える。馬鹿すぎる。
ケータイは要らない。ネットとケータイは無くした方が良い。
テレビは、つまらないほど、悪い。
そういう楽しいものが、楽しい。それは、つまらないだけだ。
政治、科学、パソコンなんか、考えない方が良い。そういうものに何かあるように見えて、何もない。むしろ、テレビや本に色んなものがある。
国家、や、大学、と思うのがおかしいだけだ。日本とか、世界と思うのがおかしい。
何もない世界だから、楽に何もせず休んでいるのが良い。
ゲームや漫画を悪いと言うが、そんなものしかない。
何もしないのもつまらないようで、書くのが楽しい。書いた方が良い。
ただの対話は、つまらないが、何もせず死にたいよりはマシだ。
戦いが面白い。ただ、怖いなら、それは怖いのがおかしい。
恋人を作れば良い。ただ、そんなものは、あるわけないだろう。
良い女なんか、どこにもいない。やめた方が良い。自分はただの馬鹿だ。
学歴のために、勉強すれば良い。良く考えると、勉強が良い。
数学Iを学校でやっている。
自由なことを考えれば良いならば、いつも通り書きながら考えれば良い。
むしろ、書かなかった時代は忘れた方が良い。
ただの楽が良いかというと、そういうことはない。つまらない。何も出来ないだけ、死ぬほど辛い。
普通に当たり前のことを言えば良い。あるものは、食べ物や飲み物だけだ。
ただの普通のものしかない。
身の回りにあるものと、自分のやることしかない。
世界や自分を治すのは、やめた方が良い。治すだけ、おかしい。全部そのままで残せば良いだけだ。
自然な進歩は、間違っていないが、もう忘れていい。
昔の自分は、昔の方も最近の方も、全部忘れた方が良い。
何か出来る、を目指すのはおかしい。楽を目指した方が良い。
実現性や可能性は、意味がない。
ただの楽にした方が良いかと言うと、そういうことはない。
楽なんか、何も出来ないだけだ。
さらに辛くすれば良い。さらに辛い方が、出来る。
辛いことをやりたい子供が多い。
ランニングとか、筋トレをすれば良い。
テレビゲームは、面白い。
ただ、やりたくない。いきなりそういうものは、抵抗がある。
本を読みたくない。馬鹿だから。
楽は悪い。精神が悪くなって、辛くなる。そのまま、引きこもりになる。幾らでも辛いことをしていると、精神が良くなって、楽になる。
辛いのは、精神がストレスによって辛くなっているだけだ。
キモイを受け入れるのが悪い。拒絶した方が良い。
最近は、前頭葉を使わない。何も比べず、思い出さない。そこを、何かすれば良い。何か、することを作れば良い。
真面目に世界ややることを考えれば良い。それが普通の人間だ。
世界は、知性と経験だ。
世界は、会社だ。会社がそれぞれ、金で従業員を従えながら、戦っているだけが、日本だ。
戦いが一番悪い。戦うだけで、自由にすると、滅びてしまう。
怖いが悪い。そこらへんが分かっていない。
怖いが嫌いな人間が多い。そういう人間が、楽で、理性がある。
ただ、悪い心を捨てながら、良い理想を目指せばいいだけだ。
賢い方を取るのが悪い。当たり前の方を取れば良い。
自分は、何も出来なくなった。楽にし、治すのが悪い。色んな事をすれば良いと、書くしか出来なくなった。
自分はきちんと出来ている。出版まで出来たのは、ありえないほど、居ない。
専門分野は、大学で無い方が良い。大学なんか、出来るわけがない。それで入学は、おかしい。金をドブに捨てているだけだ。
誰でも出来る、趣味を作れば良い。文章やピアノだけではない。スポーツや、絵画があるだろう。
会社の製品を買って、好きになれば良い。Macでも買えばいい。何も買わないから、何も出来ない。
何も欲しいものが無いのがおかしい。もう全部手に入れたと思っているが、手に入れたのは、大学のテキストだけだ。
もっと良いもの、という欲求が無いのは、むしろ、悪い。
何かしたいことと言って、具体的に思いつかないのは、夢が無いからだ。
ピアニストになりたいとか、料理人になりたいとか、そういう夢が無い。
作家になりたいのがおかしいだけだ。
普通、医者や弁護士を目指したりする。
作家になりたくない。それはそれでおかしい。ただ、これで出来るわけがない。何も出来ていない。
大学と思うのがおかしい。大学なんか、意味がないだろう。
楽なことをしたい。それどころか、何もしたくないだけだ。何もせず、考えれば良い。
考える、が分からなかった。
何か考えるならば、きちんと考えれば分かる。
ものには、所有者と価値がある。
人間には、記憶と人生がある。
記憶は、全ての過去であり、人生は、同じく全ての過去だ。
では、未来とは何か?未来は、自分で作る、理想の自分だ。
全部しても意味がない。未来を選択し、自由に選ばなければ、意味がない。
さらに辛くする、が出来なかった。昔に戻して、楽にすると、馬鹿になる。書いた方が良いし、それでピアノを弾いた方が良い。
英語は、出来るわけがない。むしろ、出来る意味がないだろう。
英語など、いつもの自分の言語が、英語的だ。
当たり前に、自分は自由だ。そこらへんが分かっていない。
ポルノグラフィティも言っているように、自分の人生は主役であり、自分は映画監督だ。
昔に戻る、は馬鹿だ。要は、大人も子供も本当に馬鹿だ。
大人の方が賢い。大人は馬鹿に見えて、子供は何も分かっていない。
やることを減らして楽にするよりも、やることを増やして辛くした方が賢い。
楽は、辛い。
物語を作るのは止めた方が良い。僕は、オリジナルを作りたくて、パクリになってしまう。レイヤースやハンターハンターなんかパクっても、一番悪いだけだ。
それこそ、パクリをすれば良い。それは、本当にキモイ。
ただの少年・少女漫画になる。やめた方が良い。一番悪い。
政治は止めた方が良い。日本を救っても、誰も評価しない。政治家は悪い。一番悪い、ヒトラーに見える。
ただ、作家になって、作品を作れば良い。それは、おかしくはないが。
ピアニストになれるわけがない。
芸能人や歌手だけは止めた方が良い。本当に馬鹿に見える。
そうすると、むしろ、大学を出て働いた方が賢い。
パソコンは悪い。Linuxハッカーに見える。
そうすると、そういう「見える」は意味がない。
金があって、美味いものを食べるのが良い。
そうすると、むしろ大学の方が良い。
それはおかしい。何も考えていない。
すぐに肯定して、すぐに否定するのは、主観的でない。
主観的に、好き嫌いを作って、好きなことをすれば良い。
自分を賢いと思うのがおかしい。自分は馬鹿だ。
ただ、自分を馬鹿と思うのもおかしい。自分は賢い。
要は、良いものが悪くて、悪いものが良いのは、やめた方が良い。
知識が良い。知識が欲しいだけだ。
記憶も良い。記憶が欲しいだけだ。
想像力、高い意識は、経験しなければ生まれない。
沢山のことを経験したいだけだ。
学習や習得をしたいだけだ。
計画して、きちんと守ってやれば良い。普通、直ぐに終わる。色んな事をしたいだけだ。
1週間の予定を作って、計画的にすれば良い。
自分が自分なのが分かっていない。

自分 19:15

やったことと言えば、自分を全部書いて、何もかもしたかっただけだ。
出来るように理解して、それを書いている。
良く考えると、自分を総合的に考えただけだ。
全ては、経験と挑戦だ。
そのように、書いているだけだ。
僕の言った自由とは、自分の人生の自由だった。
そのように、書いているだけだ。
あとは、全ての答えとして、考え方を提示し、出来るようにしている。
アメリカに全部の国の核兵器を売却せよ、とか、そういうことを言っている。
そういうことは、あまり言っていない。
基本的に、自分の全部の世界観を書きながら、自分を今と昔の2つに分け、分からなくなっているだけだ。
分からなくなっていいと、分かる。
世界は、全て運命と遺伝子だ。
いや、それは無い。普通、自然とみんな同じだ。
宗教で嘘を信じ、科学でその嘘を正す。
それは、おかしい。宗教を信じる意味がない。
数学を、もっと使いやすくするのはおかしい。今の数学が、一番美しい。
古典は、変えるべきでない。
分からなくなっていいと、分かる。
自分は、子供、自由、神だ。
ものは、全て一般と個別だ。
普遍的な裏の世界を、イデアと言う。良く分からない。
その物事には、全て、「出来る」と「出来ない」がある。
それがあることによって、何が出来るか?
それを変えることによって、何がどう出来るようになるか?
制限と、メリット・デメリットは何か?
そのように考えれば良い。
日本語は、最後に動詞を言うように統一した。
日本では、それが普通だ。
英語は、主語の次の2番目に動詞を言うように統一した。
最初に分かったことを、説明するのが普通だ。
ドイツ語は、そこが自由だ。
自由な順番にすることによって、賢い人間が賢い言葉を使う。
ただ、どれも同じだ。差別するのは良くない。
何も変わらない。言語は、何も変わらない。
語彙が違うように見える。沢山のギリシア語ラテン語由来の言葉は、中国語や漢字と矛盾はしなくても、語源が違うだろう。
スポーツは、ルールが違う。そのため、技術志向、体力指向のスポーツがある。
普通、速度や点を競う。
芸術は、マルチメディアとしての概念が違う。絵、もの、音、言葉、と違う。
普通は、美しいものが良い。

安心 19:26

国家の理想は、安心と安全だ。
コンピュータの理想は、速度、安定性、機能、分かりやすさだ。
そういうものは、差がある。
それは差をつけるべきでもあり、つけないべきでもある。
道具には、用途と価値がある。
そこにも、機能性や価格など、色んな概念がある。

解答 19:29

解答の1つは、所有と共有である。
社会のインフラや個人の財産は、所有と共有と思うと、分かる。
インフラは共有されるものであり、税金で作る。
個人の財産は所有されるものであり、稼いだ金で買う。

発明 19:37

あるものは、発明、設計、製造だ。
ものを作るためには、設計と手順を考えなければならない。
その世界では、組織と技術と金がある。それで何かをしなければならない。
情報を知り、考え方を知り、人の言うことを知ることによって、世界を知ることが出来る。
そこでは、自由な情報発信と集積が行われるべきだ。
世界は、発展する。
世界は、豊かになる。
世界は、権利をさらに拡充する。
そして、世界は楽になる。
歴史上の戦争は、おそらく、自信と誇りがあるために起きる。他国に自国を批判され、苛められ、奴隷にされるのは、許しがたいことだ。
独立戦争、革命戦争、領土戦争、宗教戦争、そういうものがある。
人の協調する環境では、秩序とそれを成り立たせる基盤が必要だ。
基盤とは、優秀な人材と技術だ。
そこでは、取り組みや、メソッド、経験が必要だ。
運命性は、自己が大幅に過去と違うものになると、起きる。
自分を2つに分けても、何も分からなくなるのに、自分が自分なのが分からなくなる。
そういう歌が多い。
あとは、自分と世界を見て書いているだけだ。
製品には、価値がある。そこでは、自由競争、あるいは、安値競争がある。
発展は、発明の可能性の拡大と、手段だ。
人間が作るものは、全て、誰かが考えたものだ。きちんと考えれば、分かる。
他人の発想は、良く考えると分かるのだ。ただ、それは、結構おかしな論理だ。
あるものは、全て必要だからある。おや、と思うだけ、良い。
世界は、移り変わるものだ。そこが、分かっていない。
放っておけば、自然なままとなって、自然に変化が起き、それで良くなる。

世界観 20:06

世界観と経験が全てだ。
経験とは、理解と想像力と、意識と言葉から来る、自由な構築だ。
世界観は、社会を想像力で見ながら、分析し、考えることだ。
その両者のバランスを維持しながら、可能性を高めると、僕の昔になる。
その上で、見て書けば、僕の最近になる。

疑い方 20:08

疑い方を工夫し、言葉で推論すれば、何でも分かる。
世界とは、真実の共有だ。
世界とは、常識との戦いだ。
世界とは、向上心と人生、戦いだ。
世界とは、永遠に続く、自分の取り組みだ。

国家 20:09

国家を作り、世界を作り、人生を作り、実現性を作りなさい。
それを、残しながら、世界と関わるのが良い。
それは、むしろ、戦いや支配の要素が強い方が良い。

自由 20:15

想像力は自由だ。
経験や感情は自由だ。
自由とは、皆を愛することだ。

意識 21:38

意識と言葉の多重人格になったが、楽になった。
分かったのに分かっていない。一度分かったことを、何度も同じことを分かっている。
自分の言うことをきちんと覚えれば良い。
なるを考えただけだ。何かが、何かになる。
見て、説明して、論理にして考えた。

機械 22:21

良く考えると、機械を考えただけだ。
機械は、概念と用途に応じて作る。
自然なものを加工し、工場で生産する。
自然のエネルギーと、物理世界の法則で動く。
自然はただの自然だが、機械は自由に作ることが出来る人工物だ。
人間の生活を可能にするために、様々なものがある。
家屋や、自動車だ。
同時に、警察や軍隊によって、外国の敵やリスクから守られる。
目的を果たす構造体の人工物である機械と、生活するのに必要なもの、治安を守る法律によって、人は生きている。

経済 22:23

あとは、経済と発展を考えた。
キーポイントは、自由、発展、平等、強制、楽、給与、だ。
自由な経済は、職業選択と起業の自由によって、限界まで可能性を高め、その人が好きに決められる。
発展する経済では、資本家による投資と労働の自由化によって、皆が豊かになる。
機会や金もうけを自由にすることが出来る。
平等によって、全員雇用して、全員が豊かになる、を目指すことも出来る。
強制は良くないが、時に、強制労働で発展した方が、あとで楽になることもあるはずだ。
楽は、全員の仕事を楽にして、良い仕事を与える。
また、重要な要素は、給与を自由に与えて、自由に努力する、努力に応じた分配だ。

自然 22:27

また、自然は、重力と原子、生き物である細胞だ。
そのように、自然と人工のものがあり、人間はそれを高い立場から眺めることが出来る。

作る 22:29

つまり、人間は、ものを作る生き物だ。
そして、皆が考えた通りにものが出来る。
本当に良いものを会社が作れば、買う。
それによって、会社は利益を得て、さらに良い製品を作る。
そのように発展する。

創造性 22:30

創造性と変化が、人間の世界の全てだ。
出来る、出来ないは、時に紙一重だ。
常に挑戦すると同時に、出来るだけ失敗するリスクを少なくするべきだ。
ものを作るならば、品質と価格の良いものを作りたい。
人生を決めるならば、あらゆる分野を好きに考えたい。

人間 22:32

人間は、理想と理性と手段を構築する生き物だ。
人間は、独自性と模倣性のバランスだ。
人間は、人間を助け、生かす生き物だ。
原始人の村社会では、活気のある交流があったはずだ。
現代は、あまりに孤独になりすぎたのかもしれない。

角度 22:32

角度を変え、視野を広げると、他の人間は沢山いる。
そのそれぞれになって、感情で分かると、意識が高まり、賢くなる。

意見 23:08

世界に意見して自分に言い聞かせた。
世界を変える方法は、自由にしながら、幸福を構築することだ。
裏で実現性を高める、という発想をした。
例えば、Wikiだ。
システムを作ることで、間接的に世界を良く出来る。
縁の下の力持ちだ。
そのため、共有やインフラ、オープンソースを考えた。
教育を変えたかった。
沢山のことを知り、分かり、確かめるために、無数の自由と、社会を知ることが必要だ。
環境を作り、人が関わり、本を読むことが、世界を発展させる。
あとは、人間がどんな時どうなるかを考えた。

世界 23:14

世界を変え、人間に教え、国を守り、能力を向上することが自由だ。
企業は、金と機械だ。それが世界を変える。

キリスト教 23:38

ユダヤ教キリスト教イスラム教は、そのルーツをユダヤ人の神であるヤハウェに持つ、兄弟宗教だ。
一番新しいのはイスラム教で、一番古いのはユダヤ教だ。
優れた宗教は、イスラム教だ。ユダヤ人の神と同一であるアラーを、コーランとともに信じる。つまり、ユダヤ教だ。マホメットを最高の預言者と信じるが、イエス・キリストモーセなども、預言者の一人として信じている。つまり、キリスト教だ。だが、戦争を肯定するジハードや、女性差別、特にスカーフの着用を強制したり、一夫多妻制だったりする。また、礼拝は日に5度もあり、他にも戒律が多い。
キリスト教は、ユダヤ人の「親」の神、主と、「子」の神、イエス・キリスト、そして精霊の神を、一体として信じる。イエス・キリストは、天では主とともに天地を創造し、また、人類の罪を救うために、地上に降り立った。その上で、イエスは処刑され、その後に復活した。キリスト教は、美しいものを作るが、偶像崇拝を許す、日曜日に教会で聖歌を歌う、など、イスラム教とは異なる点が多い。イスラム教ほど、戒律は多くない。
また、キリスト教は、ユダヤ教聖典である旧約聖書と、イエス・キリストの言葉である新約聖書からなる。旧約聖書は、神が天地を創造した場面や、ユダヤ人の王と宗教上の歌が全て書かれている。その、新旧の聖書で分かるのが、ユダヤだ。
共通しているのは、どれも同じ神だ。教義が違うだけで、同じ神を信じている。

影響力 23:45

影響力の風上に居ただけだ。
Wikiを改善した。
教育を変えるべきだ。
出来る手段と、豊富な知や情報を与えるのも良いかもしれない。
治るためには、日本の宗教を信じるとか、本質的に人間を変える必要がある。
また、自分が何をやりたくて、それをやっているかが重要だ。
また、過去の学習が今何に影響しているか、考えれば良い。
また、自分は何に反応しているか、分かれば良い。
ブラウザゲームや、カードゲームを作りたかった。
分かる部分を残して、あらゆる可能性を科学的に、分かれば良い。
宗教は、疑いながら信じるしかない。
まともな正しい世界が良い。