「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2012-08-30

=2012-08-30=

ワードからコピー

楽しく 14:40

皆が、楽しく、楽に生きられるのが良い。
恐怖なく、安心できるのが良い。
そして、喜びのある生活が良い。

大切なもの 14:40

世界にある、大切なものって、何だろう?
助け合いや、望みが叶うことだろうか?
それとも、戦い、勝利することだろうか?
皆と関わり、活発に楽しく生きることだろうか?
信じて、愛することだろうか?
この世界には、あらゆる法則と、真実がある。
理性的に考えられる、知識と知恵がある。
世界を変えたいとか、発展させたいとか、
色んな思いがあり、
小説家になりたいとか、科学者やプログラマーになりたいとか
色んな夢がある。
その先に、達成や喜びがあり、
人は、その感動と、自分への感謝を知る。
自分だけではなく、周りにも色んな事を思うだろう。
大切なものは、はたして夢なのだろうか?
それとも、そこまでの努力だろうか?
あるいは、見えないところにある、この世界や人々なのだろうか?
答えは、1つ。
その思いが可能にした、自分の意志だろう。

存在 14:40

己の存在理由とは、何だろう?
戦いに負けて、何も出来ない日々を過ごす自分が、
いつか戦いに勝って、何かできるだろうか?
愛情を求めても、叶わない自分の思いが、
いつか誰かを、きちんと愛せるだろうか?
反省すること、己を貫くこと、
それは、世界のためになる、何かを実現できるだろうか?
ああ、愛とは、自然と運命のちょうど中間にあり、
自分の夢を追いかけることは、
いつか本気で頑張る何かを超えて、
自分と作品を作るだろう。
自分を好きになって、自分を大切にすること。
それは、人を思いやることに変わり、
愛情になるだろう。

分かる 16:13

パソコンのことを考えて、世界を捉え、予測すると、人間は本当に分かる。
想定、分析、洞察だ。

具体的に 18:10

具体的に考えなければならない。
沢山の経験や体験から分かる必要があるのだ。
沢山の言葉や理解から分かる必要があるのだ。

暗闇 18:28

暗闇の世界は、永遠に続く。
その中で、小さな光が存在した。
その光を、タケルという。
タケルは、何もない光の中で、1つのことを言った。
「僕と話し合える、もう1つの楽しい光が欲しい」
その言葉から、アカリが生まれた。
タケルとアカリは、その世界に、地球という惑星を作った。
地球は、タケルとアカリの力によって、最初に1000の生命を生んだ。
そのうち、800は魚で、150は植物、40は虫、10が人間だった。
人間は、5人の女と、5人の男から、増えていった。
まず、アカリの娘である、レイ、アヤ、ユウカ、ユミ、ハルカが居た。
そして、タケルの息子である、ユウ、ヨシオ、シロウ、ジン、ハルヒコが居た。
それらの生命は、そのうちに、1つ1つの命を増やしていった。

その世界 18:32

その世界は、その最初の10人と、アカリとタケルの2人の、1人1人を神とすることに決まった。
そして、それらは、人間には出来ない、能力を持っている。
レイの能力は、全てを創ることが出来る。
アヤの能力は、全てを止め、変えることが出来る。
ユウカの能力は、全てを構築し、破壊することが出来る。
ユミの能力は、相手を助けたり、陥れたり、騙したり、教えたり出来る。
そして、ハルカは、人を増やし、人を殺し、そして、人と話すことが出来る。
女の能力は抽象的だが、男の能力は具体的だ。
ユウは、技術を全て知っている。
ヨシオは、歴史を全て知っている。
シロウは、宇宙の法則を全て知っている。
ジンは、人を治し、殺す方法を全て知っている。
そして、ハルヒコは、戦う方法を全て知っている。
アカリとタケルは、全知全能の神であり、アカリは全ての可能性を司り、タケルはあらゆる法を司る。

人間 18:39

人間は、そのうち、2つの国に分かれて、戦うようになった。
そして、民族は、10に分かれて、それぞれの神である、レイからハルヒコまでを、それぞれの神とした。
アヤ、ユウカ、ユミ、ユウ、ヨシオの5人を信じる国は、巨大な帝国だった。
レイ、ハルカ、シロウ、ジン、ハルヒコの5人を信じる国は、緩やかな都市国家だった。
そして、それぞれの下に、それぞれの民族が居た。

物語 18:44

物語の主人公は、ユウとレイである。
ユウは、摩訶不思議なコンピュータを操って、そこから投影される大きな現象を操る、魔法のキーボードを使う。電気系の技を使う。
レイは、絶対的な言葉から、あらゆる現象を投影する、自由な言語を操る。言葉の力で敵を倒す。
この2人の物語だ。

善と悪 18:55

善の国は、巨大な帝国である、自由同盟軍だ。
悪の国は、都市国家の集団である、スカイポリスだ。

ユウ 18:57

ユウとレイは、親友で、少しはめをはずしたときだけの、恋人のようなものだった。
愛を交わしたことは無い。
いつまでも一緒に居ようと、永遠の信頼を誓った。
しかし、ユウは、もう一人の少女である、アヤに浮気をしてしまった。

それ 19:03

それが発覚して、レイはショックを受けた。
レイは、ユウをふって、しかし、他の男と付き合いたくなかった。
そんな中、現れたジンとともに、レイは自分の味方である、
ハルカ、シロウ、ジン、ハルヒコたちとともに、同盟組織を作った。
それ以外のもの、はむかうものを倒し、ユウへの復讐を誓う、スカイポリスを結成した。

ユウ 19:05

ユウとアヤは、レイを倒すとはいうが、あまり戦いたくなかった。
ユウカ、ユミ、ヨシオとともに、レイを説得するために、自由同盟軍を作った。
それから、地球は、その2つの組織のままで、人間たちを増やしていった。
民族は、それぞれの地域が、それぞれの神とともに過ごした。
永遠の神である10人は、死ぬことなく、戦う。
誰も死なない神であるため、レイがユウを倒しても、死ぬことは無い。

ユウ 19:08

ユウは、アヤとともに、世界の民族と関係を持つための、旅に出ることにした。
レイとジンのしもべである、ハルカ、シロウ、ハルヒコが、たまに戦うための干渉に出るが、
一番強い魔法である、ウィンドウ・アルスを放つことで、いつもユウとアヤが勝つ。
また、ユウカ、ユミ、ヨシオは、自由同盟軍の長として、スカイポリスと戦う。
スカイポリスのしもべが王国を狙うとき、自由同盟軍の民族は、最強の力を使って、それらをなぎ倒す。

ユウ 19:16

ユウの旅は、ロンドンから始まり、パリ、ローマ、イスタンブールなどへと進む。
ロンドンでの誓いの言葉は、「ユウとアヤ、一切負けることなし、世界へと旅を進めよ」だった。
パリでは、たくさんの観光地を見て回ったが、1人、怪しい人間に、その道中をつけられているのが分かった。
怪しい人間のことを、アヤが発見し、「誰だ?」と話した時、ユウが言った。
「君は、レイ?」
しかし、その人間は、レイに扮した、ハルカと、周りにいる全員は、ハルカの仕組んだ、しもべの扮した民衆だった。
その時、民衆が銃を持って、ユウとアヤに発砲した。
その時のアヤは、1つの能力を使った。
「全員の時よ、止まれ。スリープ・タイム!」
そうすると、民衆は、時間の速度を100分の1に落とした。
そして、ユウがウィンドウ・アルスを唱え、電撃ショックを与えることで、殺すことなく、レイに扮したハルカを捕まえた。
しかし、その正体が発覚すると同時に、「スペース・フリード」を放ったハルカは、民衆とともに、姿を消した。
その時、こう言った。「スカイポリス、すべては皇帝レイとともに」

そのうち 19:21

ローマへと向かう前に、スイスで宿を見つけたユウとアヤは、一向に干渉し続けるハルカと通信した。
レイを説得したいというユウの言葉はかなわなかったが、ハルカと直に話すことが出来た。
ハルカは、人間の姿をしているが、地球人ではない。
異星人の全ての知能を作り上げる、コンピュータのような、機械だ。
ハルカは、主人であるレイの言うことを、淡々とこなす。
アヤは言った。
「私たちの技術があれば、このハルカを捕まえることに成功すれば、私たちの味方に出来ます。」
そして、機械の動きを遅める魔法、ロック・マシーンを使うことで、ハルカを捕まえることに成功した。
ハルカは、その時、レイの命令通り、ユウとアヤの味方にならず、自爆しようとした。
しかし、自爆した後の故障した機械を直すことで、ハルカの名前を、ハルナと変えて、ハルナはユウとアヤのしもべになった。

ハルナ 19:29

ハルナの知能は、人間よりは優れていないが、人工知能としては最高クラスだった。
そのまま、ハルナを改造し、ユウとアヤは、簡単なモーターバイクを作った。
モーターバイク・ハルナは、そのうち、1人の技術者の力によって、イスタンブールで、宇宙ロケットとなった。
その技術者の名前を、スバルという。
スバルはイスラムの技術者で、ユウの民族のしもべだ。
イスラムの技術者であるスバルが宇宙ロケット・ハルナを作ったこと、また、スバルの研究所がそれを月に飛ばす技術を持っていたことで、
ハルナに乗って、月へと旅立つ、と思いきや、その時、レイが現れた。
レイは、直接現れて、言った。
「あなたたちを許してあげる。その代り、私もロケットに載せてほしい。」

スカイポリス 19:31

自由同盟軍の長、ユウカは、現れて言った。
「スカイポリスは、活動をやめるのか?」
そうすると、レイは言った。
「スカイポリスは、すでに崩壊している。
あまりに悪い民族が多くて、政権の実行力は皆無に等しい。
私は、そんなスカイポリスから逃げ出してきたのだ。」
強大な力を誇り、繁栄を極めるユウカの自由同盟軍は、スカイポリスを制圧した。
ユウとレイ、アヤは、それぞれ仲直りして、契約を交わした。
「これ以上、この3人が戦うことの無いように、
戦いの無い平和を誓い、この契約を破るものは、死よりも重い、鉄の牢獄へ向かうだろう。」
そして、めでたしめでたし。
月へと旅行をして、戻ってきた地球では、
治安が復活し、復興するスカイポリスと、自由同盟軍のさらなる栄光があった。

愛 19:43

愛とは、法則と可能性だ。
人生とは、言葉と想像力だ。
理解とは、平等であり、自由だ。
世界の基礎は、皆の持つ希望であり、その上に知の全てがあるのが、世界だ。
知を考えるよりも、皆を考えた方が良い。皆は考えていない。
全ての望みが叶う世界が自由だ。
楽しさは、ときに低い。楽しさは、低いとき、つまらない。
社会と皆を考えた方が良い。

世界 20:29

世界は、夢と挑戦だ。
世界は、社会と心理だ。
世界は、可能性と科学的な考え方だ。
世界は、記憶と意識だ。

社会 20:31

社会と人間をすべて考えなさい。
完璧な世界は、性善説の自由だ。
自由な世界では、力の均衡したものが戦う。
支配や強者が居ないことも、理想だ。

意味 20:37

意味の無いものが悪い。
自由も、不自由も、意味がない。

支配者 20:39

支配者など、居ない方が良い。
王者に従い、他の国を倒すだけだ。

人間 20:41

人間の本来あるべき姿は何だろう。
それは、愛するものを助け、嫌いなものを倒すだけだ。

教育 20:44

教育は、もっと好きなことを出来ると同時に、
賢いことや、意味のあることを出来るべきだ。

強制 20:46

強制するな。
支配するな。
統制するな。

人間 20:47

人間は、最後まで見なければ、幸福であったかは、分からない。

人間 20:50

人間には、視点というものがある。
その人にならなければ、何も分からない。
その人になったつもりで考えるとよく分かる。

習得 20:52

習得と挑戦が、人間のすべてだ。
しかし、それは、ときに継続だ。

環境 20:56

環境は、心理と認知とともに、人間の感情を知らせる。

愛 20:57

愛と運命は、ときに同じだ。
強くなればなるほど、愛と運命は高まる。

時 20:59

時は、平等だ。
生命の命は、平等だ。

覚える 21:01

覚えることと、考えることと、比較することと、思い出すことで、人は分かる。
体験すること、言葉にすること、関わり合うことで、人は知る。

現実 21:03

現実世界は、あらゆる体験の総和だ。
光は地獄であり、暗闇は天国だ。

勇気と愛 21:05

勇気と愛と悲しさが、世界を作り出す。

人間 21:08

人間の関係は、複数の人間の、個人と集団だ。
文化的に、技術的に、政治的に、自由と支配がある。

分類 21:09

分類、構造、名前、説明、積み重ねでしか、人は分からない。

支配 21:11

支配に従うのが普通だが、
たまに反抗することもある。

自由 21:13

自然体で、ありのまま、解放と安らぎを過ごせるのが、良い。
統制された世界で、永遠に戦うのも、自由だ。

解放 21:15

解放された自由な世界では、すべてが楽に可能だ。
作り、買い、使うこと、共有することで、あらゆることが出来る。

賢い 21:21

賢いものは、美しいもの、可愛いもの、強いもの、楽しいもの、面白いもの、賢く分かるものだ。

考える 21:26

考える、作る、見て分かる。
作って分かると良い。

知 21:28

知は、経験と理屈を照らし合わせることだ。
現実と論理を照らし合わせることだ。

あるもの 21:30

あるものがある。
いるものがいる。
そこに、世界がある。
そして、皆の世界がある。

もの 21:32

ものに、歴史がある。
経緯のログにも、世界が残っている。
感情を考えることで、過去もよく分かる。
文章を読み、会話することで、今もよく分かる。

人間 21:34

人間は、皆同じだ。
精神性や、記憶、経験や知っていること、国と文化が違う。
しかし、あまり違わない。
テレビで見る中国人は、何も変わらない。

もの 21:38

ものを作る人と組織、場所がなければ、世界は成り立たない。
人間は、一度に農家と工場を一人では、出来ない。
金は賢い。

創意工夫 21:41

創意工夫と助け合いが、世界の行き着く先だ。
合理性や経済性は、あまり必要無い。
自由は、安心と命の保障のある自由であれ。

それぞれ 21:43

それぞれが違うだけで、天才が生まれる。
しかし、その代わり、その世界は、戦いの世界になる。

言語 21:44

言語と文化の多様性は、ときに美しいが、ときに醜い。

自由 21:46

自由は、発明と工夫を生む。
支配は、実現力を生む。
それは、矛盾しない。

愛 21:48

愛とは、信じながら疑うこと。
その人間と融和すること。
そして、幸福を二人で築くことだ。

普遍的 21:50

普遍的なことから、予想しながら分析して分かると良い。
戦うならば、負けるのも、諦めるのも、つまらない。

工場 21:53

工場を作ると同時に、工場で出来ることを自宅で再現し、
ネットで共有すれば、工場とハードをオープンに出来る。

ロボット 21:55

ロボットは、ときに賢い。
そのまま治すと、賢くなる。
書いていると、分かると同時に、治る。
永遠に思い出す、永遠に宣言するのも、良い。

国 21:57

国は、工場、農家、政治家、役人、会社、その他の利ざや企業だ。

アメリカ 21:59

アメリカは、単純な国であれ。
そして、さらに自由で、さらにまともであれ。

経験 22:01

経験と理性は、どちらかが欠けると、成り立たない。
宗教と自然は、ときに片方を否定し、ときに融和する。
科学と論理は、想像し、書く。

モジュラー 22:08

モジュラー化した、ライブラリ関数のような会社も考えられる。
すべてを同じ会社にしたり、
王の上に神を作ることも、
政治家と会社員を兼任することも、考えられる。

この世界 22:09

この世界は、夢の世界なのだろうか。
他の人間は、居ないのか?

普通 22:12

普通と、自分特有は、逆だ。
言葉で考えるとき、疑問と否定と仮定、断定が重要だ。

愛 22:21

愛は、信頼であり、憎しみは、疑いである。
喜びは発展であり、悲しみは滅びだ。
言葉は反省であり、記憶は想像力と言葉だ。

私 22:31

私は、自由だ。
私は、皆に愛を与える。
私は、場と目線だ。

私 22:33

私は、理性を全員に与える。
私は、思考力を全員に与える。
私は、想像力を全員に与える。
ああ、この世のなんと儚いことか。

私 22:35

私は、人生、自由、支配、愛を肯定する。
私は、平等、死、戦いを否定する。

積み重ね 22:36

書いて、想像力で積み重ね、分析し、肯定し、否定しなさい。

愛 22:38

愛とは、幸せだ。
しかし、愛は、支配だ。
愛は、ロボットだ。
しかし、愛は自由だ。

私 22:39

私は、皆に夢と希望を与える。
私は、皆に達成と聡明な理性を与える。

努力 22:41

努力し、本気で頑張ったことを継続しなさい。
賢くなりたいと望みなさい。

愛 22:44

愛と言葉だけを忘れるな。
自由だけを失うな。

私 22:46

ああ、私は何てことをしたのだろう?
皆の自由を無くし、支配して、
解放する王をした。

疑うな 22:48

疑うな。信じろ。
疑問を持つよりも、想像し、可能性を挙げろ。
具体的なことなんかいらない。
思い出して、言葉で分かれ。

意味 22:51

意味を知りなさい。
意味がないを嫌いなさい。
表現と意味は逆だ。
観察し、よく考えることで分かる。

物事 22:52

物事を実現しやすくし、権利と自由を平等に与えることが自由だ。

理性 22:54

理性的に考え、戦うことで人は分かる。
すべて分かれば、本当にすべて分かる。

知性 22:56

知性は、天だ。
愛は、海だ。
自由は、大地だ。

知性 23:00

知性は、覚えて、照らし合わせることだ。
その場を空想せよ。

永遠 23:01

永遠など、すぐに過ぎ去るものだ。

私 23:05

私は、知性だ。
私は、理論だ。
私は、矛盾の無い全員だ。
戦うな。戦うならば、試練を覚悟せよ。

あらゆる 23:08

あらゆる経験を、意味があると思ってすることだ。

日本 23:13

私は、日本人を愛する。
私は、あらゆる学問と世界を知る。

知 23:19

知とは、分からないまま、すべて知り、考えることだ。
知は、思いと経験と、まともで正しい考え方、理性の融和だ。

知 23:22

知は、基礎と応用の積み重ねと、
認識と周りにあるものを、
関連付け、同じと違うで、比べることだ。

場所 23:23

場所を思い出しなさい。
自然から、宗教になり、戦いから王になり、算数から国語になりなさい。

信頼 23:28

信頼を疑うとき、そこに狂いがある。
皆、誰もあなたを疑わない。
皆、誰もあなたを敵視しない。

アドバイス 23:41

アドバイスを与えなさい。
自由には、アドバイスと情報があるべきだ。

力 23:48

力は、世界とともに生き、世界を変えることだ。
力は、希望を皆に与え、復活させることだ。
力は、皆の声を聞き、根本の原因を解決することだ。

自由 23:52

自由にすることで、解決することもある。
しかし、社会を知り、自分の置かれた立場を理解することで、解決することもある。
そして、意味と出来る、出来ないを教えることだ。

政治 23:53

政治への参加は、投票だけで良いのだろうか?

同じ 23:56

同じと違うを分かるためには、思い出して反省しながら、比べることだ。

慈愛 23:59

慈愛を与えなさい。
支配せず、戦わず、自分勝手になることを控えなさい。

その人 00:00

その人の自由にし、教え、諭しなさい。
ありのまま、遠くから見つめなさい。
すべてを理解して、自由にさせなさい。

論理 00:03

論理は、たらればと断定でいい。
それくらいの正しさで良いから、それを書いて覚え、信じて分かる。
新しい知性がつくだろう。

地獄 00:05

地獄のロボットが、かたい言葉で分かる。
世界を支配し、機械になる。
治して、分かって、思い出す。
神よ。そうなることに、何の意味がある?
それは、死ぬまで分からないだろう。

私 00:38

私は、王国を作る。
そこでは、自由と統一と、たくさんのものがある。
領土は広く、全世界に広がる。

世界 00:40

世界には、生命、言語、重力があれ。
私は、そこに、関係性と相対性を付け足す。

楽しさ 00:43

楽しさ、賢さ、楽を選択せよ。
生きるための方法として、種から野菜を作ることも考えられる。

真実 00:44

真実は、実証されると同時に、共有されるものだ。

物理 00:47

物理は、現象を正しい仮説で考える。
実証のために、証明と実験をする。

あるもの 00:48

あるものは、現象だけだ。
なるべきものは、善と悪、真実と嘘、肯定と否定の構造体だ。

世界 00:50

世界を変えるためには、言葉をきちんと言うことだ。
分からないのは、きちんと言わないからだ。

精神 00:51

精神をユダヤの神にしなさい。

失敗 00:53

失敗するな。
常に安定せよ。
同じことを続け、分かって改良せよ。

想像 00:56

想像力を使う、言葉を使う、それは同じだ。
同じことを繰り返し、昔を辿るだけだ。

信じて 00:57

信じて会話して分かっても良い。
しかし、ひきこもりやLinux、右翼になる必要は無い。

一神教 01:01

一神教の保守国家で、イスラムでないと良い。
あとは、民主主義で、連邦であるべきだ。

知 01:03

知を網羅せよ。
自由は、人を救う。
解放された世界と環境で分かれ。

会社 01:05

会社を誰もが作りやすくすべきだ。
労働は、もっと自由で、選択出来るようにすべきだ。
しかし、自由は悪い。
平等にし、まともな仕事を増やすべきだ。

ノルマ 01:06

ノルマと社会所有は、配給と分配の国家という目線で、皆にものをすべて与えるべきだ。

振り返る 01:11

振り返って、反省して分かる。
選択肢を、試して分かる。
思い出して、考えて分かる。
作って分かる。
信じて、疑って分かる。

感情 01:13

感情の可能性を考える。
自由ならば、どうか?
支配ならば、どうか?
生かしては、どうか?
殺すなら、どうか?
議論と王はどうか?
正しい人間であれ。

権力 01:15

権力が一番自由だから、権力者を自由にしてはならない。
民衆を平等に自由にすべきだ。

タリバン 01:17

タリバンやユダヤに何もさせないべきだ。
悪いことをする人間は、悪い。

法治国家 01:19

法治国家と警察が、まず必要だ。
次に、軍隊と民主主義によって、平和になる。
ソ連などのおかしな国は、無いべきだ。
ソ連が強いと、一番悪い。

教育 01:28

教育は、社会を教え、常識を教えること。
挑戦する課題を与えるべきだ。
そして、努力を促し、知を作る研究をさせる。

権力者 01:34

権力者は何でも出来る。
軍隊を従えて戦争をすることも、は向かうものを、法律を作って、刑務所に入れることも出来る。
古来から、王は戦争と処刑するのが仕事だ。
昔は戦争といっても、弱い国を倒すだけだが、
今では、総力戦や冷戦、核兵器によって、地球を滅ぼし、死滅させることが出来る。
独裁者を許すな。
民主主義であれ。

真実 01:38

真実は、感情と理性の融和だ。
愛は、耐えること、疲れること、恐怖することの中にある、希望と受け入れる力だ。

権力 01:42

権力を否定する。
みんなそれぞれにやらせた方が良い。

宇宙 01:45

宇宙の法則は、どの空間でも同じなのだろうか?
だとすれば、空間とは、ものとは何なのだろうか?

職業 01:48

職業と金、雇用の世界だ。
世界は、本当に一人一人違う。
100人居れば、それぞれ、全く違う世界がある。
それが、すべての家に、1億人いる。
しかし、共通する普通があるだろう。

自分 01:52

自分はどこにも居ないから、何でもすれば良い。
存在すら、誰も知らない。誰も思わない。

不安 01:59

不安や心配、罪悪感や自責は、度を過ぎると、自らの生命力を枯らす。

皆 02:04

皆の望みを尊重することが、民主主義と自由だ。

文章 02:17

文章は、自分の記憶だ。

逆らう 02:28

ときに逆らう。それも必要だ。

世界 02:33

世界と自分は一心同体。
世界がそうなるなら、自分もそうなる。
自分から、世界をそうして、自分もなって良いと、治る。
一番辛くなって良いと、治る。