「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2012-08-20

=2012-08-20=

ワードからコピー

僕 13:16

僕は、全部分かっているのが悪いから、全部忘れて消え去らなければ治らない。
だから、思い出すのはむしろ、悪い。
馬鹿なことを永遠に言っていると、分かる。

肯定 15:49

肯定と否定を全部した。全部肯定して、全部否定した。
普通を馬鹿と思うのが悪い。普通は普通だ。
頑張るのは良いが、頑張りすぎない方が良い。頑張らず、適当にやった方が出来ることも多い。
適度な緊張感が無いと、馬鹿になる。

悪い点 15:49

僕の悪い点は、
昔は、ネットで馬鹿を言い、LinuxWikiを自分勝手に変えている。Linuxの初心者を上級者にしたかった。世界を知りたかった。
最近は、皆を自分にし、いつまでも支配し、書いて馬鹿を言っている。皆を治し、皆を賢くしたかった。
それくらいが悪い。皆を馬鹿にはしていない。賢くしている。

変わる 16:18

空の色とか、今していることとか、変わることを覚えるのが賢い。

忘れているもの 16:39

忘れているものを思い出せば良い。
この世界には何がある?

もの 16:53

ものには概念がある。
楽器には、音楽という概念がある。

ビデオ 16:56

ビデオテープには、映像という概念があり、映像を残すという賢さがある。
酒には、飲み物という概念があり、美味いという良さがある。

GReeeeN 16:59

GReeeeNは、宇宙だ。

思う 17:56

何か思えば良い。

知らない 18:18

僕は、まだ何も知らない。
どんな人がいるのか、何があるのか、何が正しいのか、分かっていない。
想像力で分かる。

住み良い世界 18:37

住み良い世界であれ。
正しい人間で、正しい理想を持て。

国境 18:44

渡り鳥に国境など、無い。
出来るだけ、人を殺さず、戦うな。
寛容的であれ。

間違い 19:00

間違ったものも受け入れること。
悪い民族など、居ない。
皆の幸福を考え、アドバイスと微笑みを与えること。

右翼 19:04

右翼から見ると、間違ったものは多いし、悪い民族も多い。
しかし、それは右翼の方が悪い。
悪い民族が多いからといって、殺して変えるのはおかしい。

サダムフセイン 19:07

サダムフセインを殺してイラク人が良くなるか?
それは、日本の天皇を殺して日本人が良くなるわけがない。
アメリカがすべてに勝ち、イスラムを全員殺して、石油資源を奪うだけだ。

戦争 19:10

戦争はすべきでない。
アメリカなどの、保守的な覇権を争う戦争は、間違いである。
しかし、アメリカも間違いではない。
ただ、ナンバーワンの国として、敵を倒しているだけだ。

社会主義 19:21

社会主義も悪い。
社会主義経済は、働く能力や成果に応じて、給与を払わない。
あとは、ものは無いし、発展しないし、辛い。

アメリカ 19:48

アメリカは、何も悪くない。
テロリスト、タリバン自爆テロが多いから、一番のイスラム原理主義の軍事国家をブッシュが倒した。
その後に、オバマビンラディンを殺害することに成功した。
イスラエル、反アメリカのイランには、経済制裁と核の放棄を求めている。
石油、イスラエルタリバンなどの原因とともに、今一番戦っている。
そこまでの敵対国家だ。

イスラム 20:46

イスラムは論外だ。
タリバンも悪いが、イランの国会が悪い。
ヒトラーのように、全員でアメリカ、イスラエルに死と言っている。
最近は、革命で、民衆が悪い政権を倒している。
完全に滅びた世界だ。

アメリカ 20:50

アメリカは、イスラムが嫌いで、左翼が悪いだけの、黒い国になった。
ドイツの首相メルケルを、独裁者のヒトラー共産主義者と言っている。
東ドイツ出身で、指導者として権力で国を決めていくその姿勢に、ナチや東ドイツの亡霊を見た。

地球 21:19

地球は家族だ。
皆の星を、皆で救うべきだ。

国家主義 21:27

国家主義は賢くない。
それが分からなかった。
帝国や社会主義は馬鹿だ。

世界 21:33

僕は、世界など分かっていない。
世界が何なのか、分からなくなった。

皇帝 21:39

皇帝など、いらない。
民族主義は、間違った考え方だ。
自分の国のために死に、他の民族を征服し、奴隷にし、全員殺すのは間違いだ。

社会主義 21:44

社会主義は、独裁者になるのがおかしい。
自由であるべきだ。
ノルマ生産は、おそらく楽だ。
集団農場は、全員で農業をすれば楽だ。
戦車を作るのは、平等を強くすれば終わりだ。
しかし、それで良いのだろうか?
誰も何も考えない、何も出来ない国は悪い。
皆同じように思想統制されていて、誰もが同じことを言う。
ソ連は一番悪い。

ひとり 22:09

ひとりで決めずに、みんなで決めた方が良い。
神も悪魔も居ない。理性的に考えるべきだ。

馬鹿 22:13

自分の馬鹿を治したい。
何も無くなった。
何か作って覚えれば良いのだろうか?

いつも 22:17

いつも言っている自分の言葉を分かれば良い。

言って 22:36

言って元に戻ると治る。

人間 22:39

人間が言葉を言うのは、感情を作っている。
僕は、感情が無くなった。

自分 22:42

自分の昔は、全部要らない。

昔 23:01

脳は昔の外側にあるものに戻れば良い。

昔 23:17

昔出来たことを使って治すのが良い。
想像力を全部消す。

物事 23:29

物事には、順序がある。
何かしたあとに何かが起きる。
日本語は、普通そういう風に言う。

動機 23:31

動機や理由、原因、法則が先にあり、結果や具体性はあとにある。

それ 23:56

それぐらいで賢く見えて、賢くない。
きちんと理由を疑えば、分かるのが日本語だ。
馬鹿を繰り返すべきだから、賢くなると馬鹿になる。
人間は賢くない。

昔 00:39

昔は、世界を変えるために考える必要があった。
社会と情報とともに、ひとつひとつの、する、なる、変わる、出来る、分かる、を考えた。
社長になって会社を作る、芸術をする、総理大臣になる、環境を変える。
それをそのまま、書いた。
世界観をすべて書き、簡単に世界を変える。
それは、自分を神として宣言し、心の声を聞き、神と話した。

昔 00:53

昔は、一番まともな人間だが、引きこもりだ。
Linuxと解放が好きだ。
皆の普通がある中で、ひとり皆を見ながら経験し、すべて知っている。
文章をはてなとブログ、wikiと掲示板で、全部読んだ。

構成 01:03

構成員と環境があって、それは自由に変わる。
社会において、法律と警察で治安が守られている。
金と自由競争によって、世界は発展する。
民主主義において、選挙によって誰でも議員になれる。
あとは、能力と技術がある。
他の可能性として、軍事主義や社会主義がある。

論理 01:07

論理を信じれば分かる。
自由は、表現の自由から、結社の自由まで、すべての自由があるべきだ。
民族主義は悪い。他の民族も、同様に愛するべきだ。
コンピュータは、自由なプログラムで、自由に動かすのも、ときに良い。

自然 01:10

自然科学は、哲学として、想像力と感覚で変化を考えると良い。
視覚的に、目線や視点で見ることを予想して考えると良い。

抽象 01:16

抽象化は、目的と概念だ。
世界は、それぞれの中にある。
ものは、メタ的に分かると良く分かる。
人間は、世界モデルの中で、正しいことをする生き物だ。

意味 01:19

意味するところを考え、「すなわち」や「つまり」を考えると良い。
関係と結果を原因である行動や手段から考えると良い。

遊ぶ 01:21

遊ぶと、子どもは知性がつく。
すなわち、知性をつけるためには、遊ぶのが良い。

学校 01:26

学校で勉強していると、分からない時に教えてもらえる。
家で勉強していると、分からないと分からない。
しかし、家では、いつでも好きなことが出来る。
学校は好きなことが出来ないし、辞められない。

国家主義 01:29

国家主義は、戦争だ。
社会主義は、発展せず、平等に金を払う。
自由は、タリバンのように滅びる。
普通が一番だ。

もの作り 01:34

もの作りは、創造性があれ。
材料と道具と方法だ。
適時的に上手く使う。

人間 01:43

人間から人間が産まれるのは、良く考えるとすごい。
所有出来ないと、意味がない。
人間は、記憶であり、人格であり、遺伝子だ。

会社 01:53

会社は、世界を変える。
会社には、大企業と中小企業がある。
利益や事業の幅が違うだけでなく、新規性や先進性が違う。
大企業が中小企業を買収し、世界は発展する。

原始人 02:01

原始人がどうやって生きていたのかは分からないが、
おそらく、進化したてのころは強かった。

最近 02:06

最近は、石油製品や燃料で溢れ、必要にかられている。
石油があると無いとでは大違いである。

世界 02:20

世界は、行動と組織と考え方が、自由に関係しながら変化する場所である。

人間 02:25

人間は、個数、順序、大きさの機械だ。

言語 02:26

言語は文化である。
日本語は、サムライだ。

音楽 02:27

音楽は、感情である。
想像力は、基礎の知性である。

言葉 02:28

言葉ひとつで考えるのでなく、
きちんと構造と世界から考えるべきだ。

悪い 02:30

悪いものは、処罰しなければならないが、自由も大切だ。