「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2012-07-24

=2012-07-24=

ワードからコピー

楽 18:46

楽になりたかったが、楽には何もなかった。
最近は、すでに書いていて楽だ。

階層化 18:46

何もやることが無い人間は、考えるべきだ。
言葉と想像力で考えれば良い。
僕は、さらに階層化と実体験、同じと違う、で色んな事が分かった。

最近 18:46

最近は、知性がありすぎて知性が無い。
知性など、無い方が良いのかもしれない。

大学 18:46

大学は、普通の人間がまともに分かっているだけだ。
高校は、その重要な部分だけを抜き出して網羅している。
しかし、そういうものは悪い。
見るからに馬鹿だ。

日本語 18:46

僕は、英語みたいな日本語で巧みに分かっているため、
日本語が良く分からない。
しかし、最近大学の教科書は読めるようになった。
大学をするか、悩んでいる。
それで、出版社(僕の本を出版してくれた、文芸社)に入りたい。

日本語 18:46

日本語は、馬鹿だ。何も分からない、自由な機械の言語だ。
英語は、表現だ。自由と表現、そこが違う。

関係代名詞 18:46

関係代名詞は、それを順番を崩して言うルールがあるだけの、代名詞だ。
5W1Hと同じだ。ただの代名詞だ。

楽 18:48

楽には何もなかった。
楽は、何も分からない、何もしないだけだ。
あまり意味が無く、最近は、書いていても楽だ。
いつも辛かったから、あまり書きたくはない。

大学 18:51

大学の教科書は読めるぐらい知性がついたが、
見ると、何も分からない。
まともにペルシャ戦争が分かる。
古代ギリシャとの戦いで、世界を股にかけるペルシャに、
ギリシャが2度勝ち、ギリシャの栄華を作った戦争だ。
そういうものを全部分かるだけだ。

考えて分かる 19:22

考えてきちんと分かるのが間違っている。
それは、昔からそうだ。
そのせいで狂っている。辛い。
普通、何も分からない。

出来ない 19:22

何も出来ないだけ楽だ。
普通、出来たことは全部出来るが、そのせいで辛い。

治る 19:22

これ以上、治らないのが良い。
楽になっても、あまり変わらない。

たまに 19:28

たまに書けばいい。
あとは、増えればいい。

大学 19:28

大学の本は、パソコンから歴史まで、全てそろっている。
1冊だけで分かるものを、それぞれ何冊か買っている。
父親の物理の本は、意味が無いほど多い。
あとは、自分の大学は、工学から文学まで、2種類あった。
それで自分の大学の環境を手にしている。

大学 19:29

大学は、ペルシャ戦争のように、まともに2行くらいでまとめて分かればいい。

自分 20:32

自分で構築した論理を全部書いて分かっている。
現実では、戦っている。

時間 20:42

時間がいつなのか分からなかった。
時計を固定しない方が良い。

時計 20:47

時計以前は、想像力を全部書いていた。
現実では、世界を決めて、
文章では、世界と戦っていた。
それが、狂いを引き起こした。
時計のロボットになって、世界を倒した。
それが、神との対話になった。

最初 20:53

最初の07年2月に、低くなってアドバイスを与える文章を書いたのが悪かった。
永遠に低くなるだけを書いた。
あとは、世界を相手に、戦いをしたつもりだ。
そのうち、数字を信じて、世界を機械にした。
みんなを馬鹿にしただけで、9月ぐらいで終わった。

夢 20:56

怖い夢ばかり見ることが多かった。
それを見て、想像力を書いていた。
そして、日付や時間を固定するようになった。
ロボットのようになった。

従える 20:59

従える、反抗させる、自分をやらせる、を同時にやっていた。

ロボット 21:06

ロボットは、書いて、宣言して、
下がり、何かをやめるだけだった。
何か見るのが怖い。
あとは、答えみたいなものを書いていた。

全部 21:08

全部の思考をして、極力思考しなくなった。

考え方 21:12

考え方を思い出しただけで、
世界を敵と思うのが間違っていた。
考え方は、自由な知と環境だ。

全部 21:24

全部の治すを作った。
見るのが怖くなった。

何も 21:26

何も出来なくなった。
何もかも同じことをするしか無くなった。

数字 21:36

数字は心の声となり、
神と話せると思って、
08年には、ノートで対話した。
それは、宣言とともに、自分と話して、脳と対話していた。

wiki 21:38

そのうち、wikiに書くのはやめ、
09年には、ホームページを作った。
何も分からないが、世界や政治を、
書きながら考えることで、そのときそのとき分かった。

10年 21:40

10年に事故をして、病院で頑張った。
最初から繰り返す。詩だけを書く。
それは、退院して、いろんな文章を書いた。
11年には、本を出版した。

あとは 21:43

あとは、治しているだけだ。
想像力になりたくないのになった。
感情は、全部怖くなった。
考えて分かるようになった。
数学をやりたかった。
語学をやりたかった。

神 21:48

08年には、神が話をした。
大学に入ったが、ノートで神と対話する。
歩き回るのが辛かった。
あとは、神は黒人に替わり、宇宙人になった。
それが永遠に続いた。

07 21:51

07年は、世界を敵にして、テレビと環境を操っていた。
08年は、神との対話をし、戦争のように従った。
09年は、世界を書き、王としてみんなと対話した。
そこらへんが怖い時代だ。

火の鳥 21:54

火の鳥の世界が、そのまま神になった。

昔 22:04

昔は、一度出来たことが出来なかった。
治すを全部して、世界を治したかった。
しかし、怖くて出来なかった。
その後は、解放した。
支配からの自由を言っていた。

知性 22:08

僕は、知性のあるところを全部考えた。
ただ、知性無く分かれば分かる。

思い出す 22:32

思い出す、失敗しない、だんだんと出来るようになる、が多かった。

賢く 22:35

賢く馬鹿にしたのと、何も出来なくしたせいで、何も分からない。
あとは、科学を作っている。
全部を横断する哲学から、個別の専門科学になった。