「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

18-自分

自分

いろいろ

自由とは、僕の昔の経験で、コンピュータでの経験であり、話し、読みながら、会話して考えることである。
自由には、想像力と多様性がある。そこでは、環境と統一された思考力によって、自在にすべてを知ることができる。
すべてとは、世界にあるものを、言葉でわかることである。
すべてとは、話をして、活動し、文章に書くことである。
人生とは、愛と感情の結晶であり、すべてに勝ってすべてを治めることである。
自由とは、僕の自由だ。その自由は、人間を知るため、世界を知るために、
経験と人生を、パソコンの相手とともに分かった僕が、
その後の人生で、神の導く僕の言葉で分かった、理解の結晶である。
理解とは、必要最低限の基礎を、現実世界と最大限の思考で分かることである。
全員を愛する中で、平等にすべてを教えることが愛である。
知性とは、平等の基盤の中で出来る、全員である。
戦いとは、ひとり最後まで全員を愛することである。
自由な科学は、人間として最後まで世界を知ることである。
宇宙とは、全員の作り出した全員の場所である。
社会は、役割分担とルールである。
相互交流は、マスコミやパソコンである。
学校は、自由の管理主義であり、政府が子供を何もできなくしているものである。
教科は、算数と国語である。
悪とは、ひとの気持ちや平等を省みず、個人が他を押さえつける、傷つけるなど抑圧を行うことである。
愛とは、耐えることと、信じることである。
可能性を考えることで、文章は書ける。
新しい世界は、もとの世界をそのままコピーして生まれ、場所と人間を変える。
統一することによって、その世界は全員の手で、同じものを改良することが出来る。
基盤を統一し、中身を多様化することで、Windowsパソコンとアプリケーションのようにその世界は発展する。
まず、世界には、友愛と平等があった。
次に、戦いと信じる愛があった。
次に、絶望と王があった。
次に、希望と国家があった。
次に、政治と機械があり、活動と創造があった。
次に、知恵と工夫があった。
次に、文章とアイデアがあった。
次に、機械の仕組みと原理があった。
次に、世界と環境を変えることがあった。
次に、心理と哲学があった。
次に、コンピュータと物理があった。
次に、世界認識と環境認識があった。
次に、言葉と指導者があった。
次に、革命があり、戦いと支配があった。
次に、執筆と可能性の開拓があった。
次に、思考と精神の研究があった。
次に、数学と戦争があった。
次に、宣言と神があった。
次に、服従する宗教があった。
次に、神との対話と、会話する宗教があった。
次に、支配からの解放があった。
次に、全員との戦いと、知のすべて、治癒、安定した統治があった。
次に、事故と解放があった。
次に、作家と人生があった。
次に、大学があった。
可能性とは、出来ると出来るようになる、である。
可能性とは、社会の多様性である。
可能性とは、知ると分かるである。
◇◇
皆を愛した。
皆を信じた。
皆を救った。
皆に希望を与えた。
皆を治した。
想像力を言葉にして、昔の考え方を書いた。
信じて、愛して、戦った。
常に反省し、常に頑張り、常に皆のことを考えた。
判断した。
狂っても正しかった。
皆に自分を与えた。
皆に自分を教えた。
最後まですべてを書いた。
自分にあるものを全部書いた。
自由、経験、人生を書いた。
体験、感情、想像力を書いた。
状態、知、記憶を書いた。
戦うのでなく、救う。
世界を正しくとらえ、書いて分かった。
思考をすべてした。
自由をすべて述べた。
世界をすべて述べた。
希望をすべて述べた。
認識はおかしくなった。
感情は増えた。
戦いはつらかった。
最後まで頑張り、自分を最後まで書いた。
ここまでは馬鹿な時代だ。
◇◇
神とともに文章の経験を歩んだ。
宣言と対話、戦いをした。
解放し、大学と国家を作った。
ソ連とドイツを分かり、国家を分かった。
自己治癒と科学が多かった。
◇◇
神と自己治癒が多い。
昔は、心理学で治していたが、
考えておかしな点を見つけたり、
普通に考えることで治るようになった。
普通に考えておかしな点を治したり
終わって分かることで治ったりしていた。
神は、色んなことを言う。
何から何まで分かる。
永遠に自分と戦っているのだ。
文章は、昔の自分を書いた。
一行書いて、世界に宣言し、昔を思い出す思考をするのが、
永遠に続く。
神は、何から何まで言っているのに、信じていない。
神と対話した。
◇◇
学校の勉強はどうでも良い。普通のことくらい、誰でも最初から分かる。普通同じだ。
日本人の心が空虚な理由は、自由と受容がないからだ。
誰でも低い人間の平等で分かる。2ちゃんねるなど、そのためにある。一番右翼なのは、平等と言うよりは自由だからだ。
積み重ねと感覚は、心理的な人間の状態研究と、想像力とを合わせて、良く分かる。洞察するのだ。
責任を持って、国を支配し、ひとりひとりのことを考え、配慮しなさい。
過去の自分を知って、最後まで言葉に表現して、名前をつけることと新たな理解で分かるのだ。
積み重ねは、逆の順番でも出来る。先に賢い文章を知って、あとでそれぞれの部品を分かってもいい。
Googleで検索しなさい。人の言ったことを検索して知ることで、ある程度のことは分かるのだ。
僕には、あちらとこちらがある。それぞれ、昔と今の僕を指す。
あちらは、普通に分かっている。こちらは、全て分かっている。
経験し、分かりなさい。
人の言ったことを自分なりに分かる、そんな自分の経験があるために、掲示板にいるだけで、色んなことが分かった。
Wikiに責任感を感じて、自分なりに文章を改良し、良く行動した。
戦い、自分を思い出す。対話の相手とともに、全て分かった。最後まで教えている。
◇◇
みんなは、変わらないほうが良い。そのように、頭の中で言えば良いのである。
分かったことは多いのに、分かったことが分からない。
◇◇
退化を殺すと、賢くなる。賢くなると、退化が消える。
賢くなると、何もしなくなる。
戦後日本は、株価が上がり続けた。
思うこと全部言えば良い。
黒いを治せば良い。
ピアノが積み重ねだ。
積み重ねを分かるためには、ピアノをしなさい。
ピアノと外国語が良い。僕は、ピアノで積み重ねが出来て、フランス語を分かって、文章がドイツ語に出来た。
人間に差異はない。分かる言語が違うだけである。
人間は、分かったことは全て分かっている。
しかし、馬鹿なことが分からないと、馬鹿になる。
そして、賢いことを分かるために、賢くなる。
僕は、昔賢く分かって、今色んな事を分かっている。
全てを所有する国王は悪いようで、町を統一して美しくしたりできる。
見たものを覚えて、考えないと悪い。
むしろ、覚えないと悪い。
僕の言語は、すぐに生きて、すぐに死ぬ。不思議と、普通言語はそうだ。
日本語の達人となり、フランス語を分かった僕は、
神との会話がフランス語になり、どんどん下がっていく日本語を作り、
その上で、そのまま固い言葉で分かるようになって、英語になった。
そのまま、分かって書くドイツ語、全部分かっているフランス語、そのままドイツ語になった。
ピアノと外国語だけをした方が賢い。僕は、昔から、ピアノ、英語、習字を習っていた。そのまま、ゲーム、ネットゲーム、Linuxとなった。
ピアノを練習している。いきものがかりである。
僕は、良く自由と言うが、昔から自由が好きだ。自分が学校から解放され、自由に色んなことが出来るのが好きだった。
それから、神と言うが、神は嫌いだ。つまらない。僕を支配するからだ。
昔は、パソコンのOSを作りたかった。全部は作れないが、Linuxに参加したかった。何も出来ずに、Wikiを書いていた。色んな文章を読んだ。
最近は、何かするのが怖い。文章を書く以外、何もしていない。ピアノを弾きたいけれど。
昔から、世界を変えたかった。
最近は、世界を元に戻したい。
最近は、何も思わないから、そこが馬鹿だ。
怖いのは、そういうものは、無いほうが良い。要は、出来るより、出来ないほうが良い。
出来ることは、少ないほうが良い。それこそ、文章を書くだけでいい。
ピアノと英語だけがしたい。つらくない。楽だから。
それこそ、何も出来ない人間が賢いのだ。
何か言うのも怖い。
何故僕は馬鹿なのだろう。賢い楽な人間になりたい。
何故宇宙などというものが、こんなにも多様な物質とともに、この世界にあるのだろう。それぞれの惑星は、なぜ、アンドロメダ星雲のように美しいのだろう。
地球だけが、こんなにも多様な生物世界を作った。地球だけ、さらに美しい。
日本は美しい。桜や金閣寺のように美しいのだ。日本の文化は、なんて美しいのだろう。
ドイツは美しい。なぜ、全く違うのに、日本が見てもドイツは美しいのだろう。綺麗な建物、豪快な現代文化。
不思議と、イスラムも美しい。幾何学模様が、イスラムの文化を継承している。
賢い人間は多い。なぜ、プログラマはあんなに賢いものを簡単に作れるのだろう。RubyLinuxは賢くなっている。
ビルゲイツは賢い。なぜ、そんなにも高度なものが実現できるのだろう。金があるなら、賢く見える。さらに儲ければ、良いものになるだろう。
Googleは賢い。マップを見れば明らか。
テレビぐらいしか何もない。テレビは賢い。が、馬鹿が多すぎる。不思議と、ラジオがさらに賢い。音楽が聴こえるだけではあるが。
自分を支配するのがつまらない。
物理法則は多いが、なぜ、そんなことが分かるのだろう。理論と実験とは言うが、発見した人間がありえない。
Rubyは、僕はPHPの方が好きだ。
昔の戦いは、剣で戦っている。そこが悲惨だ。死ぬ気で戦っているから、怖い。弓矢を倒す。弓矢は、すぐに死ぬ。
重装歩兵にすれば良いのではないか。
銃が生まれたのは、いつごろなのか、検索しても分からなかった。いつごろなのだろうか。
黒人が悲惨だ。黒人の問題が何なのか良く分からないが、悲しい。
ドイツは、なぜ美しいのだろうか。それは、地方の王や豪族が、勝手に美しくしているからであり、権力のなせる業だ。
人間は、自由で協力する生き物であった方が良い。平等や、殺す、奪う、だます、そういうものは悪い。
殺害、虐待、奪う、騙す、を禁止すればいい。
地球を殺すと治る。何故なのかは分からない。
全部覚えるのが悪い。いくらか覚えるのが良い。
言葉の意味は、覚えれば分かる。言い回しを覚えるしかない。「ほうが良い」などを覚えると良い。
全部作り直すのが良い。
身の回りにある、色んな事を考えるのが良い。
政治など、権力闘争をしているだけだ。
役所は、自由の管理をしているだけだ。
法律で、何でも決められる。国民を人権のある国民にする憲法を制定して各個の法律を作る。優先度を決め、矛盾しないようにし、裁判所が司法する。
思い出さないと悪い。思い出すこと。
良いことを言えば良い。
想像力は、昔あった。最近ないが、昔あっただけで分かる。
世界史は、ナポレオンくらいから始まり、国民国家で完成し、ヒトラーくらいで終わった。馬鹿になるしかないから、馬鹿になっている。その前は、絶対王政で終わった。
世界を、想像力と思い出すで分かった。昔は、心理や精神、意識や感情を、物理で考えた。
上から下に下がって、ひとつひとつ考えて分かった。ツリー構造や葉っぱのように形成された。
ただ、パソコンを見ていただけだ。IT関係のニュースサイト、ブログ、Wikiを見ていただけだ。
知性には、覚えて考える知性、記憶し学習する知性、思い出し言葉を分かる知性、知る知性、分かる知性がある。
理性には、協調する理性、やり遂げる理性、冷静さを保つ理性、考えて分かる理性、許す理性がある。
悟性には、想像力と思い出す悟性、感情を知る悟性、精神を知る悟性、意識を知る悟性、狂う悟性、治る悟性がある。
思考力をつけ、パズルを解くと、知性がつく。人間世界はパズルのようなもので、分かる人間は、放っておくと分かるのだ。
僕は、常に考えるのがおかしい。常にものを見て、全部に対して言葉を言う。馬鹿なことを言うが、そこが間違っている。考えなくなれば賢い。
何も考えない。話も聞かない。
考えない。何かやれば治る。
自分に従わない方が良い。
仕返しするのは悪い。
夢の部分を殺す。
普通、何も分からない。僕は、馬鹿だが、分かっている。それで良い。
◇◇
名前を覚えるのが賢い。見て、名前を覚えれば、分かる。
考えたりしても分からない。
普通、何も分からない。一度言葉にすれば覚える。
想定して試す。そうすると分かる。
怖いだけで治る。仲間の中に入る勇気と恐怖が良い。
常に頑張るのが普通だから、頑張らなくて良い。
◇◇
上から下まで、全部述べた。三段論法に感想と感情を付け加えた、四段論法をした。
それが永遠に続き、最初が高くて、下に付け足して、それで前の文章を分かる。
逆に読める文章を、一番最初から一番最後まで、思い出して書いた。
◇◇
僕は、生まれた時代が1988年のため、ドイツ再統一とソ連崩壊を見た。
英語を習っていたため、やけにアメリカだった。
その後にインターネットでドイツ、戦いでソ連になり
フランス語をいくらかやっていたため、フランスになった。
そのまま、書いた文章のため、イスラムになる。
それくらいが分かっている。
◇◇
仮面をかぶって、戦え。予知に負けるな。機械を倒せ。
神になるならば、そこに愛がある。悪魔になるならば、そこに試練がある。
そう、悪を倒すならば、自分と戦いなさい。
宣言と言葉で、色んな物になり、定めて考えなさい。
捉えて、試して分かったことを、1つ1つ正しなさい。
そう、さらに捉え、さらに分かりなさい。
戦うならば、もう、目的は全て終わっている。
楽になって良かった。全員解放した。
最初から最後まで、同じ戦いをする。
文章を書いていた。最後まで全部、言葉にして、思い出した。
上から下まで、全部書いた。
それが、神になり、対話が始まった。
神は従えて、話して、黒人に変わり、
それがそのまま、ゲーテとなったのだ。
◇◇
感情は、古代と未来の2つがあった。
感情はおかしかった。あまりに虫のようにキモイ。
それは、育って、娘になった。
何も知性が無かったものが、昔の自分よりも賢くなった。
完璧主義者と、自由と、愛が居た。
◇◇
ロボットが怖いのに、自分がロボットになるのは、
みんなを自分のロボットにしているからだ。
ロボットが見えるのは、アンドロイドを知っているからだ。
ロボット的な科学は、文章でさらにロボットになり、
それが、文学的な、神学になったのだ。
◇◇
停止するな。動け。
過去に戻る意味がない。未来へ、未来へ。未来へ向かえ。
◇◇
世界を思い出すと、世界が分かる。
そこらへんが昔で、怖かった。
毎日1人生きるせいで、分からなかった。
◇◇
昔は、実体験と自分の言葉で分かった。
環境を変え、世界を変えたかった。
その頃も、善悪に趣向が大きかった。
想像力と把握力が旺盛な人間だった。
◇◇
最近、僕は、哲学、物理、歴史、外国語の順に嫌いだ。
どれも嫌いになった。証明ぐらいが賢いようで、何も賢くないのが、物理だ。
哲学が嫌いだから、嫌いだ。馬鹿に経験があるだけで分かるのが、哲学だ。
歴史は、読んでも何も覚えない。難しい文章を覚える人間は居ない。
減らすだけで分かるのがおかしい。何も分からない。普通増やすから、出来ない。
あとは、外国人になりたくない。
政治経済も嫌いだ。つまらないほど、国と金なんか、普通に分かる。
理系は、宇宙を全部考える。まったく賢くない。ものを記号にしているだけだ。
◇◇
学校は嫌いだ。最近、キリスト教を賢いと思うが、イエスは嫌いだ。
あんなに間違った人間はいない。そんな風に分かる宗教は、キモイ。
宗教や科学的に考えるのは、やめた方が良い。
◇◇
そうすると、普通の言葉が好きだ。
あとは、感情と、治るが好きだ。
人間は、善と悪で分かる。それが良い。
◇◇
普通に生きていると、悪いものは、どんどん悪くなる。
悪いことをしていた時代が、悪いものだ。
つまり、僕の高校時代、大学時代は、悪い。
◇◇
僕の望みは、楽になること。
忘れている言葉は、記憶や思い出。
楽しさやつらさ。
言葉なんか全部同じ。行動と認識だ。
◇◇
何か1つのことを決めて、それを分かれば良い。
◇◇
時と場所が全てだ。
考えるときに考える。出来るときに出来る。
皆の時よ、治れ!
◇◇
ストックして、すぐに出すのがおかしい。
想像力と記憶で考えると良い。
◇◇
協調しなさい。平等に、それぞれを認め合いなさい。愛しなさい。
そして、平和になりなさい。それぞれの良い点と悪い点を認めながら、理解しなさい。
友を作りなさい。絆を大切にしなさい。
愛することをいつまでも続けるうちに、感動を共有して、楽しさを感じ、面白いものを作りなさい。
◇◇
良く分かる、孤独を選べ。文章を読み、戦え。
全員に勝ち、学び、作り、考え、知り、教え、分かれ。
愛を否定し、平等や自由も否定し、個人や協調も否定し、人生を自由に築け。
◇◇
そして、僕と同じことをしなさい。
◇◇
なぜ、僕は文章を書くのだろうか?それだけが、僕の魂なのだろうか?そんなことはない。
僕の昔、ピアノや英語を習っていたごろは、走るのが好きだった。
その後、コンピュータやフリーソフトが好きだった時期は、挑戦すること、知ることが好きだった。
最近はどうだろう?文章を書くとはいうが、そんなに考えても、つらい。
そう、文章を書くのは、つらいのだ。
なぜ、そんなに考えなければ、僕は満足できないのだろう。
それこそ、考えず、適当なことを信じた方が、賢く色んな事が分かるだろう。
それこそ、考えるなど、馬鹿だ。しかし、考えなければ、何も分からないのだ。
終わっている僕の頭と、楽になった手足が、僕に新しい未来を与え、終わった世界を治していく。
そう、僕は、僕自身を助ける英雄ともなれれば、僕自身を枯らせる病気にもなれるのだ。
◇◇
神、言葉に適応する、治す、塗りつぶして、作って分かる、が多かった。
治すは、気づいていないものを気づいて、本質的に治している。
自分が何がどうなっているのかを考えて、怖い理由を探す。
昔した何か、何かをしているのを、普通に思い出し、普通に反応して分かっている。
賢くないものを賢いと思っていたり、ストックしないのが悪い。
それは、今していることから分かっている。
昔消え去ったものは、もうない。いつもしていることが悪い。
しかしそれは、良いからそうしている。まだ続いている、諦めないのが悪い。
◇◇
歩き回る、怖い、疲れる、が一番多かった。
良いことを他に教えるから、神が自分に良いことを教える。それが一番多かった。
◇◇
政府は居ない。
虚無とロボットが悪かった。
時計に適応するのが悪い。
理解を諦めて、もとに戻れば良い。
世界を普通に変えて、居なくなれば良い。
最後まで続ける必要はない。放っておけばいい。
世界を自分にしなければ良い。
もう一度最初からは、すべて失って、再度は出来ない。
やめるだけは悪い。もう一度、やり始めれば良い。
思考し、対話をやめれば良い。
解放は、もういい。
世界は、何も狂っていない。
良いものは、良い。良いものを悪いと思う必要はない。
セックスも、漫画も、怖くない。
精神を作るや、つらくする、狂う、退化する意味がない。
世界を治す意味がない。そのために頑張る意味がない。
想像力、知性、記憶力をつけて、働けば良い。
◇◇
受け入れるか、あるいは、拒絶しなさい。
最初は、自由と思った。そして、そのあとは、その自由を分かった。
経験とLinux、想像力で分かった。感情と善を分かった。
意見の集積、参加型の組織。初心者に、Linuxとプログラミングを教えたかった。
客観視と自己対話。世界を知る。
情報共有。他の見るものを見たかった。
目線を知り、変化を知り、環境を知る。
コミュニケーションと、相互作用を分かっている。
実感で分かっている。
◇◇
最近は、キリスト、イスラムの神で、
自由のヒトラーソ連で、
文学、哲学、歴史、政治経済だ。
◇◇
色んな人間になって分かった。
間違った戦いをした。
永遠の文章と神が多かった。
◇◇
想像力、記憶力、知性をつける。
虚無を治す。
時間を考える。
◇◇
僕は、文章を使って考えることで、永遠を生きた。
一瞬で分かっていた。
宣言で何にでもなれた。
ただ、判断していた。
◇◇
ただ、神と、政治経済と、作家と、ドイツとソ連があった。
自分を治し、最後まで終わらせる。
詩人になった。
文章で全て考え、残す。
◇◇
男になりたい。男になると、何も怖くない。ただ、何もない。
虚無は、腸にあった。腸を殺すと、治った。
胃を殺せなかった。胃が死ぬと、全部死ぬ。それは、他を生かせば、すぐに死ぬ。
◇◇
僕は、一度言った言葉を取り繕っている。
「はっはっは、僕は自由だ。」と言ったうえで、
「その自由は、愛で、目線だった。」と言っていた。
馬鹿な言葉を、普通の言葉に治す、を永遠に続けた。
2ちゃんねるは「掲示板」だとか、スレッドを「環境」と言ったりしている。
そのまま言葉を言えば、世界が変わらない。
世界を変えたいために、自分を保持し、いつまでも言葉をネットで言ってつきまとう。
ただ頭の中で、普通に言えば良い。
神の言うことに従った。宇宙人や、自由な人生を築く経済学が多かった。
そこらへんの自分は、一切何も分かっていない。
◇◇
客観視し、議論した。
会話を楽しみ、リンクから全てを知った。
フリーソフトが、Linuxになった。
世界モデルが、自由と受容になった。
体験と経験が、環境と変化になった。
言葉は実感となり、積み重ねは法則となった。
◇◇
ただ、耐える。疲れるし、何も分からないから、勇気を出す。
あまりに戦い過ぎて、つらい。馬鹿になる。賢くならない。
世界は停止し、機械となった。それを治したかった。
◇◇
何もかも知りたかった。正しい人間だった。
何も考えていない。馬鹿から分かっている。
◇◇
知性をつけよ!昔みたいに知性をつければ良い。知性で考えるのだ。
理解せよ。ひとりひとりの立場を尊重して、それぞれの言ったことを理解する。
そして、文章をその通り理解する。
そして、Linuxさえも理解するのが良い。
そうすると、世界など、環境の変化を考えることで、全て分かる。
あとは目線である。すべて、知性と想像力で分かる。
積み重ねと法則になるだろう。
◇◇
延々と出来る文章を書いて、頭が全部出来るようになった。
精神を良くすれば治る。
そこまで言うのが馬鹿だ。
前の文章を、後で分からせる文章を書いた。どんどん上から下に下がる。全員に平等に教えた。
◇◇
自分は、そこまで環境に適応するのが間違っている。
環境には、何もない。
環境を忘れるのが良い。特に、パソコンの環境が要らない。
◇◇
かろうじて、LinuxWikiを分かった。
試して、想像力で分かった。
あとは、はてなや掲示板を分かっている。
歴史的に考えて、全てを分かるを繰り返している。
Linuxに関することをWikiに書いて、一通り分かった。
全員同じ立場の自由を分かっている。
フェアでない戦いを嫌う。
言葉に出来ないことを、言葉にせず分かっている。
簡単に自由に分かるようになった。
いくらでも情報を読んでいる。
経験を全員分分かった。
翻訳がしたかった。
環境を想像力で分かり、多様性を信じている。
犯罪や悪を嫌い、自由を好んでいる。
教育を変えたかった。子供を賢くしたかった。
環境がいくらでも楽しく変わり、分かるのが好きだ。
ロボットと可能性の科学をいくらか作った。
認識と記憶を研究している。
分かった後では、世界は違う世界に見える。
分かってしまえば、想像力で把握できる。
内側の環境と外側の環境、ボトムアップトップダウンを、
相対的に考える。
いじめみたいなキモイが嫌いだ。
社会主義ヒトラーが嫌いだ。
自分には出来るはず、最初から勉強すると思って、
Linuxを考えている。
アンドロイドのような組み込み機器を使えば良いような気がした。
日本で流行らないならば、ドイツでは流行らないかと考えた。
ビルゲイツがあまりに儲け、日本が負けるのが嫌いだった。
アメリカは、Windowsだから嫌いだった。
脳が正しいと思っても、正しくない。きちんと分からなければ、分からない。
感情と感覚、意識、精神、記憶を考えていた。
自由が全てではないが、自由にすべきなのは、
心の平安は、拒絶したいものを拒絶し、支配から自由になることで得られる、
と思っていたからだ。
子供だから分かっていない。平安は、支配と平等、不自由から得られるのだ。
戦争が嫌いだから、右翼を倒している。
社会悪や犯罪的思想、精神が嫌いだった。
◇◇
やけに、いきなり文章を書く。
過去に、いくらでも無数に書いた。心理学や記憶を書いたりしている。
構造化し、言葉にし、言葉で分かる。
硬い言葉で知性がついた。
◇◇
精神を良くすれば治る。
楽を入れれば楽だ。
頭の中で声と同じ話をすれば良い。
虫は拒絶すれば良い。
好きなことをせよ。そして、それ以外に従うな。
◇◇
動脈と静脈のバランスが悪かった。
イスラムとキリストが戦っているのが、悪いのが僕の頭だ。
イスラムは嫌いだ。
あとは、ドイツに向けて話しているのが、この話だ。
あとは、僕の体は悪いものが多すぎるだけだ。
◇◇
大学は、全て分かる。大学は、いつかする。
高校で数学をし、ピアノと英語に通う。
専門は、日本とドイツ、特にドイツ史としておく。
他に、世界史と日本史、政治経済、文学、哲学、ぐらいを知りたい。
フランス、イタリアも知りたいから、専門はヨーロッパ史とする。
フランス史とドイツ史の本があるから、それを百科事典で調べるのが良い。
Linuxと同じようにすれば良い。
ドイツに関する文書を全部読んで、知れば良いだけだ。
◇◇
Linuxは、肝心のプログラミングが分からなかった。
Linuxは忘れた方が良い。
ヨーロッパ以外は、ヨーロッパ諸言語が良い。
それらを全部知るのが良い。
そうすると、数学や物理もしても良く見える。
数学、物理の本はある。それはそれで良い。
僕が知りたいのは、何なのだろう。
本当に歴史や哲学が知りたいのだろうか。
◇◇
文字を覚えて、本を読めばいい。
言語が、自分や世界の敵になっている。
日本語の方が良い。
◇◇
日本語が味方になると、楽になった。
楽な方が辛いから、辛い方でいい。
◇◇
僕は、「もう全部分かっている」と思うのが間違っている。
まだ、何も分かっていない。
分かったことは忘れていい。何も分かっていないから。
◇◇
キモイは賢い。なぜなら、日本語やドイツ語もキモイ。
ヨーロッパの歴史は、すでにある欧州共通教科書だけでいい。
なぜなら、放送大学のヨーロッパ史も少ない。
しかしながら、それは放送大学だけだ。
分かった、と思っても、分かっていない。
◇◇
言葉を書いていると、左脳ばかりついて、右脳が無い。右脳をつけたい。
想像力を治すと、怖くなくなった。想像力で、良いものが怖くなるのが怖かった。
想像力をつければ賢くなる。覚えるとつくように見える。
◇◇
僕は2人居る。カイトとスバルが居る。書かなくなるとそれらが分かれる。しかし、まだ書いている。多重人格になりたくない。
日本は、江戸の侍、天皇の帝国、経済成長だ。
何も考えなくて良い。ものの名前だけを分かったほうが賢い。
王が殺すのは普通だ。どの王も処刑して、戦争している。ヒトラーは、ユダヤ人を殺すだけ、良い王だ。
◇◇
恥をかいて、想像力と論理で考え、文字を読み、Linux関係のことを書いて賢くなる。
書いた文章だけを分かり、思考を書き、戦いながら先んじて言葉を書き、書いて悪いと思って賢くなる。
全部思い出す。そういうことをした。
あとは、そういう風になっていたのが分かった。書いた以外のことも言えば、賢くなる。
想像力と現実を照らし合わせて分かると、きちんと分かる。
言うところを言わないと馬鹿になる。きちんと言えば分かる。名前を付けるのが良い。
◇◇
キモイを拒絶するな。キモイ漫画やアニメを本当に拒絶するのでなく、見て、拒絶したい部分を拒絶すれば良い。
昔の感情が悪い。それが要らないが、それを教えていた時代が僕に多かった。
感情は、怖いから逆を言う。僕みたいな人間は居ないのに、こういう人間が多い、と言いたいのが、感情だ。
分かるためには、逆では悪い。色んなことを言って、覚えて、する必要がある。色んな声を聞かなければ分からない。
分かるためには、どんどん逆が逆になる必要がある。Linuxやインターネットに答えは無いが、読んで考えれば分かる。
しかし、自由は一番悪い。自由は、なぜなら、低く怖い。
しかし、自由にならなければ、何も分からない。交流と孤独に情報を付け足して、モデル化と想像力によって人を分かる。
しかし、そんなものは馬鹿だ。意味がない。孤独が好きならば、人を消して、独りきりで、文章を書いて考えれば良いのである。
キモイが怖いのはおかしい。ただ、キモイだけ、何も怖くない。
孤独になりなさい。一人きりになって、理性がつくまで、放っておきなさい。
そこでは、言葉を考えなさい。自分の言葉、他人の言葉。当たり前のことから。
そして、自由と言うならば、そこに永遠の試練。平等と言うならば、耐えがたい屈辱。支配というならば、治癒と努力がそこにあるだろう。
普通の人間なんて、分かっても意味がない。それこそ、ただの普通の人間しかいない。
色んな事をやって分かるとはいうが、全ては出来ない。会社には、何もしないだけがある。
色んな人間の言うことを分かれば良い。
文章を書かなければ、何も分からない。
第一に、色んな人間の言うことを分かりなさい。第二に、文章を書きなさい。
想像力、感情、言葉、それだけで、分かる。
しかし、必要なのは、他の多数の人間が居ることと、現実世界と機械を考えることだ。
第一に、Linuxと多数の人間。第二に、執筆と思考。
多数の人間を分かるために、ピアノなど、弾く感情を覚えて、思い出して考えている。
そして、安全に戦い、支配者となれ。
神よ!おお、私の愛した、どこかの王国の神よ!僕は、愛と言葉を授かった。僕は、あなたを恨む。何も出来ない、馬鹿になったではないか。
この世界は馬鹿だ。何も分からない。
対話するな。自由に考えるために、障害を取り除け。
世界をすべて、直せると思って考えれば良い。直せない、出来るわけがない、そんな発想は要らない。
何でも出来ると思い、何でも分かると思い、前提を取り壊して考えれば良いのだ。
自由ならば、支配者となれ。何も出来ない人間が、評議会や多様性だけを賢くしても、つまらない。
出来る人間は、王ほどに出来るのだ。それならば、すると良いだろう。
他が分からなくていい。自分だけが分かれば良い。
きちんと分からなければ、分かっていない。その、「きちんと本当に分かる」と「逆を言う感情」を適切に取りつかい、遊んでいると分かる。
感情を考えなさい。それで良いようで、それで悪い。それで分かったようで、それは間違っている。
全て言葉にすれば分かる。全てに名前をつければ分かる。それだけで、きちんと分かる。
時間よ、動け!
◇◇
他の人間に意味がない。インターネットにも意味がない。何も分からない。
ピアノ、英語、数学、パソコンだ。何か分かるかもしれない。
パソコンは低い。
◇◇
死んでも治らない。全部生きれば治る。
昔は、普通に積み重ねて分かっただけだ。
論理的に考えて、社会と人間を色々分かっただけだ。
Linuxは、Gentoo Linuxを使いながら適当に分かった。
文章は、戦いながら助けることで書けた。
後は、全て神となった。
僕に逆を言い、従える意味がないのが神だ。
神に従い、戦いながら文章を書く意味がないのが僕だ。
◇◇
僕は、毎日馬鹿が馬鹿を書いているだけだ。
◇◇
ドイツが怖かった。ヒトラーほどソ連が嫌いなのが怖いし、ヒトラーも怖かった。
黙って、聞けばいい。
生きたり死んだりしているから、常に生きれば良い。
昔の僕は、把握して、想像力で考える。予測して、その時を分かっている。
自由と思う。世界は自由にすべきだと思う。自分が自由になって良く分かったし、インターネットの自由で良く分かったから。
インターネットとブラウザとLinuxで分かっている。
その上で、現実世界で考えて分かっている。自由になったから、そこまでの自分の全部を考えて良く分かった。
同じことは2度は分からないけれど、おそらく実体験的で、その上で論理的で、実証的で、感情的で、自由だった。
最近は、すでに分かったことしか分かっていない。永遠に分かっていることを分かる。
戦う。支配者であるテレビと戦い、操っている。支配する。自分の力で、世界を救いたい。
神の言葉を適当に聞いている。文章を書いている。教えるつもりはないが、上から下まで全部書いて、さらに国家と哲学を作っている。
死んだり生きたりしているのを、何とか治している。死ぬだけで治った。生きるだけで治る。
世界と同じ、という症状にかかった。
自分を保持し、黙ったまま同じを続けることで、世界を保つ。文章を書いて変える。
あとは、歩き回る。それが一番つらかった。
神との対話、とはいうが、馬鹿が自分に永遠に話すだけだ。
会話と考えた内容を思い出せば良い。
◇◇
2つに分けると治る。血、記憶、怖いや悪い、ソ連やドイツやイスラムを2つに分ければ良い。
辛いだけで、人間は楽になる。辛いだけ楽なのだ。
◇◇
頭を使わない方が良い。
日本は、グーグル以上の会社を作れば良いと思う。
ソ連は居ない方が良い。悪い。
僕は、日本人が日本語で考えるのが悪い。いつものドイツ人の方が良い。
足から上が死ねば治る。
想像力と精神と世界を殺すと、足の精神が治る。
◇◇
文章を書くならば、全ての文章を書きなさい。
戦うならば、支配し、負けない戦いをしなさい。
信じるならば、従い、反するならば、皆を従えなさい。
人を愛し、自分を愛しなさい。
分かるまで続けなさい。
◇◇
本当に正しいか考えなさい。
本当に分かるまで分かりなさい。
目線と、真実を、いつまでも分かりなさい。
具体的なことで、簡単なことをすべて分かりなさい。
覚えて、出来るようになりなさい。
賢いものを分かりなさい。
◇◇
沢山の人間の、話を聞き、色んな人と話しなさい。
考えなさい。言葉で分かりなさい。脳の真ん中の部分を使いなさい。
神を信じなさい。Linuxの世界をすべて知りなさい。
◇◇
この世界には、最初から自由は無い。夢の世界を考え、僕を考えれば明らかだ。
全て決まっていて、全て作られている。神が創ったのだ。
最初から、1人のイデアを生きている。プログラマプログラマになり、戦士は戦士になり、作家は作家になる。
それでも自由であれ。最後まで自由に、文章を書けば良い。

自分 15:42

自分を好きになれ。
今のままで良いと、本当に思えばいい。
つらいままで良い。いつか楽になるから。

対話 15:45

対話をやめ、黙り、対話に頼らなければ良い。

治ると分からない 15:51

対話が治ってしまうと、何も分からなくなる。

話 16:35

話をすべきだ。親と話をしよう。
色んな事を、質問して聞けばいい。

同じ 19:22

後は、ほかの人間と僕は同じになる。
大学でない普通のことを知りたい。

社会 19:45

社会を考える。それくらいが賢い。

テレビ 19:50

テレビを見ていると、色んなものを売っていて、色んな人が生きているだけだ。

戦い 20:39

知りなさい。読みなさい。
それがモデル化であり、それが相対性だ。
書きなさい。教えなさい。
それが戦いであり、それが神だ。

その他 17:03

人間は、決めるだけで分かる。
することや思うことを決めるのが良い。
思い出すと賢くなる。
怖いものを怖いと思うと怖くない。
本当のことは分からない方が賢くなる。

毎日 17:30

僕は、毎日書いている。
昔つらかったから、今つらくない。
いつもつらいのは、書かない日を入れないから。
あとは、何かが死ぬと楽になる。
書かない日を適当に入れるのが良い。

何か1つにしない 17:31

僕は、1つにすることを決めるのが間違っている。
大学もして、Wikiも見て、文章も書けばいい。
学校に行って、ピアノも英語も行けばいい。

大学 17:32

大学はつらいが、つらくない。
つらいのを頑張っていると、楽だ。

大学 17:39

僕の大学の悲惨な点は、ドイツ史がない。
悲惨に、ヨーロッパ史と古代地中海の歴史、その他の色んな地域の歴史がある。
ドイツ史をしようとは思わない。それは、本を読めばいいと思う。

ドイツ語 17:41

ドイツ語はある。フランス語もあるどころか、スペイン語もある。
後は、中国やイスラムまで歴史がある。

大学 17:44

僕の大学は、歴史だけでは卒業できない。
哲学、文学もしなければ卒業できない。
良く考えると、そこまで出来るのが良い。
文系を全部知れる。

日本史 17:56

僕は、まず日本史をしたい。
日本史を知りたい。
そこらへんが、僕の大学では、歴史として出来る。
それから、哲学をしたい。

治る 18:07

時計のロボットは、何も決めないと治る。
全部が虫になったは、虫でなくそれが好きになると治る。

大学 18:17

大学は、ただ分かるだけでは分からない。
覚えて考えなければ分からない。
それだけでは出来ない。きちんと考えること。

検索 18:25

大学と検索を使うと賢いかもしれない。
大学で出てきた言葉を、検索ワードにして検索する。

分かって分かっていない 18:36

僕は、分かって分かっていない。
見ることなく分かった、聞くことなく分かったから、
聞いても分からない。
英語と同じだ。文法だけで分かってしまうと、英語が分からなくなる。
そうすると、何も分かっていないのが分からない。
僕は、何を分かっているんだろう。

分かったことを忘れる 18:37

分かったことを忘れたい。
しかし、そこが出来ない。

分からない理由 18:38

言葉を書いて、全部作って分かった。
しかし、そのせいで、聞いても分からなくなった。

大学 22:19

大学は良い。脳がつく。

インターネット 22:22

インターネット、テレビは、僕よりもマシに見えて、結構本当にキモイ。
テレビが良い。まだ賢い。
大学が良い。一番賢い。
Wikiが賢い。英語やピアノは良い。
それこそ、農作業をしていると治るのが僕だ。

取り入れる 22:25

外の世界を取り入れないのがおかしい。
テレビやインターネット、他人の知を取り入れない。
そこがおかしい。
要は、取り入れると、それ以上分からない。

大学 22:42

大学は、意味のない人間になる。
全て終わって、まだやっているのが、キモイ。
最初から繰り返すのもキモイ。
全て狂って分からないのもキモイ。

大学 22:44

大学がキモイようで、ただ自分がバカなだけ。
大学はきちんと賢くなる。
考えて、脳がつき、頭が賢くなり、分かる。
素晴らしい。
最先端をし、発見し、古典を知り、知を継承している。

分かる 22:51

僕は、何か分かりたいだけで書いている。
分かるのがおかしい。
普通、何も分からない。
分かるわけがない。

聖書と大学 23:13

聖書と大学が良い。
昔から、あれらでしか分からない。
権威は、宗教と大学にある。

怖いものは怖い。 17:52

怖いものは怖い。
怖くないと、常に怖い。
怖いのは、怖くないからだ。

大学 18:30

大学はバカだ。
普通にならない。
普通賢いのに、大学ではバカになる。

大学 18:34

大学には、全ての知がある。
最近は、Wikiも多い。
僕は、知がほしくない。
そこが意味がない。

大学 18:35

大学には、全ての賢さがある。

大学 18:37

大学は、逃げたりはしない。
常に大学をしなければならないと思う必要はない。

ドイツ 18:43

ドイツの王なんか、何の意味もない。
何故なら、ドイツだ。
物理には、意味がない。
数式で分かるのは良いが、ものだ。
英語や外国語は、NOVAですればいい。

ドイツ 18:46

悲惨なドイツ共和国や、ヒトラーに意味がない。
ドイツ人に負けている。
あとは、物理は、ものを数にしているだけだ。

不良 18:57

自分なんか、ただのひきこもりの不良だ。
大学の方が賢い。

ピアノ 18:58

ピアノぐらいが賢かった。
何も賢くないが、普通に出来る。

ドイツ 19:00

ドイツをやめた方が良い。
ヒトラーなんかわかっていると、ドイツはナチだ。

C++ 19:01

C++は賢くない。何もしていないだけだ。

大学 19:08

大学は、無意味にやっているとバカだ。
考えると、しない方が良い。
した方が色んな事が分かるようで
ドイツやもの・数式なんか分かっても意味がない。

大学 19:09

大学なんか、忘れた方が良い。
僕に出来るわけがない。

大学 19:10

大学は、本当に全部バカだ。

歴史 19:13

歴史は、本当に全部バカだ。
何故なら、歴史だ。
指導者、政策、戦争、革命だ。

経済学 19:16

経済学、心理学、教育学が賢い。
賢くない。賢くないのが、人文・社会だ。

大学生 19:19

大学生は、普通覚えるだけだ。
フランス語や心理学は、普通単位を取るだけだ。

昔 19:51

僕は、昔、自分だけ全部分かった。
それが怖かった。

神 20:10

神と対話なんかしない方が良い。
要らないものが神だ。

何もない 20:36

何もないものは、要らない。
何もかも要らない。全部要らない。

歴史 20:41

歴史には、何もない。
意味がない。

知らない 20:43

何も知らないのが悪いだけだ。
Wikiを見ればいい。
悲惨に、賢くなるのが怖かった。

自分 20:46

自分は終わっている。
意味がない。
テレビを見た方が良い。