読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2009-10-30

(1)

文学を読むべきです。
私は、ニーベルンゲンの歌を読みます。

善と悪は、知ったほうが良い事だ。
行動と結果も、知ったほうが良い事だ。
何を実現できるかと、何を実現すべきかを分かりなさい。
しかし、考えることに尽きないだろう。
しかし、行動することに尽きないだろう。
それでは、何も出来ない。何もかもするからだ。

それならば、人の話を信じることだ。
それならば、文章の内容を信じることだ。

人生の中で、決断することがあるだろう。
安心しなさい。何を決断しようと、あなたは自動的に、中学で大人になり、高校できちんと分かり、大学できちんと出来る。
そして、大人になる。本当の学校の話ではない。自動的にそうなるからだ。信じなさい。

(2)

違いを分かると良い。
統一されたものは、美しい。

自由にすると良い。
よく考えられたものは、実行した時に始めて賢い。それだけでは、ただの自由だ。

実行しなさい。その代わり、まだ決めなくて良い。継続するものは。
教わりなさい。何を聞いても、全て良いものだ。

否定しなさい。そうして、自己が自己を肯定できる。
肯定を知りなさい。何故なら、それは賢く次へと進めるからだ。

何も信じないなら、あなたには訪れない。何もかも信じるなら、意味がない。
ひとつ、ふたつくらいを信じて、考えると、道が増えていく。道なき道に、自己の新しい実存が出来る。

人の知性を疑うな。人はみな賢い。すべて賢い。賢くない人など、一切居ないからだ。
人と戦い、人を批判しろ。それは、人間の本能であり、それによってのみ、分からないことを分かるきっかけになるからだ。

本能はつまらない。
理性のない人間は、居そうにない。

素晴らしいものは、感情と発見である。
発見とは、信じた先に確かさが分かることであり、信じない科学者など居ない。

自由とは、「それ」と言えるものが「分かる」だけであり、つまらないものである。
行動と発見が全てであり、信じない社会主義者など、取るに足らないほど馬鹿である。

作家は、一度自己をこてんぱんに否定すると、本当に否定できて、治るが、いつまでも自己を肯定し続けると、書ける。
科学者は、本当のことを本当に考えると、ただ普通な状態になる。つまらないから戻るが、作家と科学者はいつも頭がおかしい。

発見が面白いから、発見すると良い。それなら、確かに何でも信じるべきだ。しかし、よく考えて信じるものを選ぶようになると、それだけで一番賢い。
その代わり、きちんと普通に賢くなれば、それは病気が治るという意味でもあるが、きちんと今の仕事を続けるべきだ。

数学は賢い。
物理学は、世界であり、人間の外を分かることである。賢いが、不思議と、数学である。

もう書けそうにないが、最後に言えることは、体力と努力、そして、「なること」と「離れること」である。

ヴァイス:白であり、頑張って治している。
ロート:知りすぎた人間であり、情熱の赤だ。
ブラォ:聡明な人間であり、冷静な青だ。
ヴィオレット:ロートとブラォの実存であり、青春の紫だ。
グラォ:普通の人間であり、灰色の学校。
ゲルプ:多くの人間と同じであり、黄金の学校時代。
グリューン:家族と同じであり、心豊かな緑の少年。
オリーブグリューン:少年の実存であり、オリーブ色。
オランゲ:少年の挑戦の先であり、オレンジ色。
シュバルツ:悪いだけの黒であり、たまに現れる。

僕のキャラクターは、オットセイのスティ。