読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2009-10-29

(1)

歴史とは、物事である。
国とは、都市である。
ある都市である人がある物事をしているのが歴史である。
ロマン主義、などというものは、集団に対する属性ではない。ある人が持っている思想信条、あるいは、好き嫌いである。
ローマ人とギリシャ人とイスラエル人が偉大なのがこの地球である。
比較すると、ヨーロッパ人の中ではドイツ人、アジア人の中では、中国人がわりとまともで、他は駄目である。
そういう理由で、歴史を知りたいならば、ナチスだイギリスだと言っているよりも、ローマ神話ギリシア神話を知ったほうがいい。
ただし、出来事はそれなりに意味があるし、たまにいろいろと決まるから、国は結構意味があると思う。
ソ連を理解できないやつらは、ソ連を世界の歴史として見ているからだ。ロシア人にとってソ連は最高だ。
フランスは悪いが、フランス人にとってフランスは最高だ。
ドイツも散々悪いことをしたが、ドイツは最高だ。
アメリカ人にとってアメリカは最高だ。みんな一緒にするのは一番悪い。しかし、ローマは最高だから難しい。

存在は、生まれる、ある、変わる、消え去る、だと思う。

(2)

重力は本当に存在すると思いますか?
全員、イエスですね。見るからに、ひっついているからです。
僕が僕の世界を見るからに、ひっついています。皆さんも、ニュートンさんも、同じものを見ていたはずです。

重力については存在する、で結構です。ひっついていれば存在しますね。
ひっついている、という理論が、重力だったはずです。

重力は存在するようです。

では、天使は存在しますか?
存在します。
しかし、確かめることは出来ません。しかし、存在するのです。

いや、今まで見て存在しなかったでしょう。
そういう理由で、誰が見ても、存在しないので、存在しないでしょう。
誰が見ても、という理由で、存在しない、と結論付けることができます。
でも、そこは疑うことができますね。
なぜなら、自分は、自分の知っている人々しか知らないはずです。
いずれ、天使に出会うことがあるかもしれません。
まぁ、そういう理由から、天使は、「存在しない」というよりも、「まだ見たことがない、聞いたことがない」というべきです。
まぁ、これにもさほど意味はありません。
なぜなら、人生長いものです。たくさんのことを見聞きしていて、その聞いた人も、たくさんの人生経験を送っているはずです。
しかし、人間は全てを知っているのでしょうか?
まぁ、前述から、人間は、自国や、世界の全て、あるいは、いくらかをすでに知っているものです。

それ以上知るためにはどうすれば良いのでしょう?
考えて、調べれば、知識は知れるでしょう。しかし、みなの知っている以上のことを知るためには?
それは、出来ません。

私の共産主義の定義は、国としてみんなで頑張るです。
私の自由の定義は、能力をつけることです。