「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2009-06-17

2009,06,17
全ての出来事、触れ合い、感じ、考え、生き、そして死ぬ全てを人生体験にする。
生きて、知る事を人生とする。
難しいゲームをやるのが一番良い。映画を見ると、更に良いだろう。
子供には映画を見せて、楽器を弾かせるのが一番良い。
思春期にはコミュニケーションを沢山やると良い。
独りきりになって考えると良い。
後は、感情をつけて、善悪を取り入れると良い。
星空は綺麗だ。
田舎に行くと素晴らしい。
海が良い。
四国が良い。
夜、ホテルの外に出て、眺めれば、最高の夜景が見える。
月も綺麗だ。
いつも出ている。
余裕のある時に見ても、良いし、太陽は、悲しい時に見ると、美しい。
後は、雲が美しい。
大いなる大気が、水蒸気を運ぶ。
面白い。
そして、歩きながら、考える。
あの月は、そこにほんとにあるんだと。
太陽は、山々だけではなく、月も照らしているから、月は、同じように、同じ方向から、輝いているんだと。
太陽は偉大だ。
物質という概念は偉大だ。
僕らはみんな物質だ。
光が、光合成で、植物が、光と二酸化炭素を吸収して、酸素を出して、炭水化物を作って、動物は、肉と植物の栄養分をとって、僕らは、それらを食べて生きている。
光なんだ。みんな。
僕らは生きている。
いつも代わりは居て、いつも必要無いと言われるけど、
それでも、自分なりに、いつでも頑張っている。
それでも、みんな必要だ。
本当は、戦って、殺したい相手も居る。
死んでしまえば良いと思うほど、いらつき、自分を病気にした相手も居る。
それでも、独りになってしまえば、自分は死んでしまう。

僕は、ゲームしか出来なかった。
つまらなくて、ただ誰でもやっているから上位に来るのが難しいだけの、
無意味な、ゲームをやった。
でも、オンラインでのコミュニケーションだけが面白かった。
そうではない。本当はそれだけじゃない。
オークションというシステムが面白かった。仮想物質や武器の研究が面白かった。
いつでも、考えていたから、学校の点数も良かった。学級は崩壊していたけど、それでも、みんな本当に好きだった。
悪いことも沢山した。
その後は、成長した。
客観視ばかりしていた。
努力で、全てが理解でき、全員と同じになれて、何でも出来ると信じた。
心で全部理解した。自分の書く言葉、相手の書く言葉、空想力と想像力で、全部習得して、構造化・内部化思考と組み合わせの積み重ねで、全ての言葉遣いをマスターした。
翻訳、執筆、そればかりだった。技術を、方法、構造、常識、情勢、競争のための原理を理解して、独りでマイクロソフトと戦った。
意味は無かった。
農業くらいしか、無かった。整理整頓が好きだった。
芸術が残った。ピアノをもう一度やっていた。

僕が戦ったのは、アメリカ、ユダヤ、ナチス、だけだ。