「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2009-06-10

既にある感情を組み合わせて増やすと僕は良いと思うんだけど。
自由を望むと良いと思うけど、自由は一つの言葉に過ぎないから、組織化の自由や、言論の自由、戦争の自由や、生命の自由、支配の自由や、所有の自由、財産権の自由などとすべきだとも思うけど。
殺し合いの自由なんて合っても仕方が無いから、法律で決めるんだと思うんだけど。
金を無くして法律だけにすると、それはただの共産主義。でも、共産主義とレッテル張りをしないで、一つの仕組みとして、システムとして、肯定も否定もせずに、そうしたものも考えなければ賢くない。
金以外の資産の交換の仕組みがあっても良いと思う。でも、それは標準化されても良い。
自由とは言うけれど、自由主義は金銭と契約のある資本家の自由だから、そこまで自由じゃない。資本家の支配の主義だと思う。
そういうわけで、真の自由や知性、言論による変化などを望むべきだ。
それなら、どんどん変わるべきだと思うけど、悪いものは排除すべきだ。
発展の方向も誰かが調整しないと、変な企業がなりあがる。
青少年が何も分からなくなっている。青少年に分からせるべきだが、肝心の大人も常識と支配に洗脳されている。
自由は何か、という議論はもう良いと思う。
ソ連は平等にしたせいで抑圧が起きたが、それは、抑圧する側と抑圧される側が一緒になったせいで、される側だけになってしまったのかもしれない。しかし、全員する側になってはならない。しない側、されない側、という物を作るべきだが、何も経験しないと、何も分からない。
そういうわけで、今はし合っている。それが間違いだ。する側を罰し、あるいは、実際にしないでも良い様に何か工夫すべきだが・・・
まぁ、自由な精神を身につければ僕は解決すると思う。
しかし、自由になったとして、何をする?
ただ楽しいことをするのも良いけど、そのうち尽きる。
僕は技術を勉強して沢山書いたけど、特に、残ったものはあまり無い。
そういう意味では、学校をもっとゆるやかにして欲しい。