「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2009-06-09から10その2

人が、そうした環境で、どのように生きているか、を考える時、参考になるのが、自分が、そういう環境に置かれた時に、どのように生きるか、である。
そして、環境における、材料と意識、人生を考えれば、人々の生きている全ては分かるであろう。
影響力と変化があるのみである。
人を愛する気持ちを養うためには、どんな人でも、まず愛してみる事である。
それだけだ。
開放と拘束の2つの感情がそれぞれ逆になっているとおかしな病気になります。
その後は、全ての自分と世界、歴史上の全てのもの、この世の全てのものを融和していけば、変わっていきます。
分からなくなった時は昔の文書に当たりましょう。
おびえを無くし、記憶する、のサイクルを繰り返せば成長できる。
記憶を、消して、つけて、は、悪い。その記憶を、消して、戻して、とすると良い。
環境を想定しなさい。そして、コミュニケーションを改善しなさい。
自由は、漫画、ゲーム。人生は、学校。
一杯遊んで、一杯勉強して、沢山仕事すれば、結構素晴らしいと思う。
成長と感情によって社会は理解出来る。そして、この次にそれ、あるいは、その次にこれ(順番を逆にする)とすると、想像力がつく。
後は、ひたすら、単純作業と観察である。
分かる事を恐ろしく思うのは、おかしい。
捨てて変わるのはおかしいので、保ったまま変わります。
後は、変化して理解すべきだと思います。
いや、僕が悪い。それじゃ、僕はいつも通りに戻るよ。
小さな変化から分かる事がある。
後になって分かる事がある。
自分を思い出すと分かる事がある。
自分の周りにあるものと、そのものの状態から分かる事がある。
持して変えるのが悪い。ただ変えれば良い。
自分の普通が普通です。
戦おう。
今だけを思い出します。
常に今しかありません。
終わりすぎが悪いので、これ以上終わりません。しかしながら、それを終わらせます。
し続けるのが悪いので、これ以上し続けません。
立ち止まるのが悪いので、これ以上立ち止まりません。
対峙し過ぎが悪いので、これ以上対峙しません。
影響力を受けます。
全てを思い出します。
内容を知らないのが悪いので、内容を知っていきます。
人を変えるのをやめ、自分を変えていきます。
脳を回復させます。
見せ掛けをやめます。
立場の固持をやめます。
変な脳のコントロールを止めます。
環境のコントロールを止めます。
環境を知ります。
記憶を忘れ、自然で自由な思い通りの行動様式に変えます。
いきなり変えるのはやめます。
よく考えて行動します。
きちんと考えます。
何か目標を持ちます。
数学を目標にします。
目標の固持は悪いので、一旦目標を捨てます。
環境の中に居るのを止めて、文字や環境を外から考えます。
自分を見つめています。
危険視を止めて、もっと自分を見つめます。

脳が勝手に動き出したら、一旦止めて、身体と脳を一緒に融和して、身体とともに動かしていけば良い。
身体の方は、反抗するのも止めて、従うのも止めて、融和させていけば良い。
今の脳と昔の脳を融和させていく。
心地よさを知る。

手法、捉え方、取り入れ方を変える。
思い出す事を止める。
思いつめる事を止める。
こうしたら、こう出来る。こう思える。それだけがある。
選択肢は、「今と違う」の方を選びます。
自由になります。
自ら治ります。
選択肢を全て決定する。
人生を生きる。
気づく事がある。それが人間の全てだ。
肯定すると、繰り返しを突破できます。
自分の全てを与え、王になるのを止めます。
愛と私は関係ありません。

治すためなら怖い事でもしていきます。
脳の中で動いていた感情を統和します。
身体にも感情はあります。身体の感情も統和します。
全ての感情を統和します。
行動様式を変えます。
脳だけで体験している感情、心だけで体験している感情、というものがあります。
この2つを融和させます。
融和させた後は、変化させていきます。
外部から取り入れ、内部を変えていき、混ぜ合わせていくように、新しい感情にしていきます。
幼少期から、青年、大人となるに従って、外界から得た感情は、記憶の中にあり、今も自分の中に眠っています。
それを少しずつ理解し、はめこみ、重ね合わせ、一致させ、取り替え、動かして、別の世界認識と混ぜ合わせます。
進歩はまだ早いぐらいの状態です。
世界に対して、大きく、心を開きます。
恐怖と気持ち悪さが消えました。
頭の中には階段と、心の中は釣り糸があります。
まずは心を片付けます。
釣り糸は、下に引っかかっていました。とめがねのあるマンホールを開けると、中は真っ暗闇ですが、ざわついています。
そのまま、中を覗き込みます。
一匹の龍が、無数の害虫にやられています。
彼を助け出しました。
彼は大きく飛び立っていきました。
心にはもう何もありません。失うものは無くなりました。
今、すでに、頭の中の階段の上の方に居ます。
彼は降ります。
そこには、楽園が、一瞬だけ見えました。
私にはもう恐怖がありません。
心の部分、お腹の部分が、身体と融和して休息に浸ります。
頭の中には、世界があります。
心の中には、全ての命があります。
世界に、命を住ませましょう。
頭の部分、脳の部分が、休息して回復していきます。
後は、上半身と下半身の問題があります。
融和できていません。
心を抑えすぎています。
それを開放して、融和できました。
まだ、首を融和できていません。
顔と融和させます。脳では無かったようです。
やはり、首の付近がおかしい。
場を見ないからのようです。
場(今いる場所)がどんなところかを認識するのが良いのかもしれません。
それで融和され、治っていきました。
克服出来ない事があるようです。
これ以上頑張る事が出来ません。
それでも頑張ります。
そろそろ終わりました。
今度は、続かず、終わらせていきます。
すぐに終わり終えました。
進歩して、はるか遠くへ行きました。
それが融和しました。
表情もよく考えます。

解を一つに定めるのを止めて、沢山の解に戻す。