「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2009-06-04から06

僕は、何もかも同じものだと思います。
しかし、その上で、違いがあるのだとは分かります。
僕の感情は、全て同じものにします。
僕の身体は、全て同じにします。
頭の中も、全て同じにします。
違いが分かる事が、大人だと思います。
違いを分かっていきます。
同じものにするのは正しいことです。
同じものにしていくべきです。
同じことにしていくべきです。
しかし、違いを分かるのが大人です。
違いは無数にあります。
タグのべき乗に増えます。
ツリー状に変わります。
可能性があります。
それが大人です。
同じものにしていきます。
同じことにしていきます。
違いを分かっていきます。

諸君!僕は、個人個人の意思の尊重が一番だと思う。
環境は、自然な自由があるのが一番良いと思う。
意見を聞くべきだ。
ただし、分かったつもりになるのは良くない。
参考にするべきだ。だが、信用しすぎてはいけない。
どんどん参考にすると、おかしくなる。
それが自由だと勘違いするな。しかし、自由とは、ただ、自由であるだけだ。
それだけでは何の意味も無い。
幸福のためには、実行と変化のあるのみだ。
しかし、理解し、能力が無ければ、実行と変化は出来ない。
ならば、参考になる検証された資料と思考力、あとは、想像力でカバーすることが必要だ。
しかし、会話が重要だ。
それならば、人生と体制の歴史的な経緯が重要だ。
技術はそこまで重要ではない。僕には技術しか選択肢が存在しなかったに過ぎない。
しかし、経済的な発展は重要だ。GDPのような生産力だけではなく、雇用と労働者の権利は重要だ。
経営としては、洞察力と選択力が必要だ。しかし、判断しすぎ病になるわけではない。選択を決定し、決定し、決定し、となると、馬鹿になる。
国家としては、人材の育成が重要になり、教育が一番重要だ。
しかし、国民主権の政治を果たすためには、民主主義か、あるいは、特定層に偏る民主主義が嫌いな場合のみ、共産主義になる事が許される。
しかし、反抗には意味が無い。支配にも意味が無いが。権力者には従うべきだが、盲目的にならず、己の正しさと考えを持ち、常に反省し、意見ははっきりと言え。
権力者を自分で選べると楽しいだろう。

権力とは、国家の税金と官僚によって支配される国民、という構図だけではなく、資本家の金銭と契約によって支配される労働者、という観点も含まれる。
どちらにせよ、支配される。
しかし、それが自由だ。
自由自在に影響力を与え合う事が変化であり、自由である。
変な影響力を受けて、つまらない人間になる。つまらないものが楽しくなるが、あまりにつまらない。
国家が分裂すると、その国の国民は何をするか分からない。国家としても、何を画策するか分からない。常に軍事的な防衛力を保持、行使し、核兵器を持ち、いずれは戦争を始める。
統合すべきだ。
しかし、自由ならば、統合してはならない。
ならば、いっそ、全てを支配すべきだ。
皇帝が、平和的な憲法の元、全ての世界を統治すべきだ。

しかし、一人の皇帝には何も出来ない。
党が必要だ。
共産党でも、ナチ党でも構わない。
争い合うのは醜い。
皇帝を革命で殺し、新たな皇帝とするのは、殺害が間違っている。
民主主義的に皇帝を選ぶべきだが、選挙を採用すべきだが、プロレタリア独裁(特定の民主層に偏らず、全プロレタリアの元に支配する)をするならば、選挙は矛盾する。

影響力は、素晴らしい物だ。人から、沢山の生きている人間達から、影響力を受けなければ、何も分からない。何も出来ない。生きているとは言えない。
影響力は、本当に自由になれ、本当に自然になれる。その上で自由で余裕のある環境が認められれば、道具と材料さえあれば、いくらでも研究できる。瞑想できる。感情によって、表現力をつけられる。伝達可能なメディアは必要だ。
しかし、それは、ある意味で支配であり、奴隷を作る。

影響力はおかしなものだ。狂う。
経験の方がより重要だ。やはり、自分で体験し、知恵を絞って覚えて経験しなければ何の意味も無い。
それならば、支配は必要だ。自分独りで出来る人間など、自分や、特別な人間達しか居ない。

普通は、こういう時、支配という言葉を使わない。支配という言葉を使うから悪いだけだ。
単なる協力、教えあい、助け合いに過ぎない。それらが自由で、必要だと言うだけだ。
ならば、党内の助け合いと議論によって、平和的かつ友好的に世界を変えていけば良い。
話し合いで世界を変えれば良いだろう。
ならば、誰とでも平等に接し、積極的なアプローチによって、男なら女を、女なら男を得て、愛せば良い。
それだけが、普通のまともな人生だろう。

僕としては、会社組織の全労働者の給与を30%税金としてカットし(給与税)、教育費と医療費を無料化して欲しい。
そして、物価は非常に安く抑える。後は、食料を自給し、農家を物凄く沢山作って、食費を安く抑える。
しかし、これは、アメリカに逃げ出してしまう。
他の国の人間が大いに金を持って特をしてしまうので、他の国の貨幣は持ち込み時に50%税金を取る。

後は、経験と知識が全てだ。
頭の良さは分かる事である。記憶力、想像力、表現力で分かる。
後は、分かっていない人間達が居る。

この世の全てを、ある意味での「材料」だと見なす事も出来ると思う。
歴史、考える力、全て材料である。
あるいは、「現象」と見なす事も出来るし、「道具」と見なす事も出来る。
あるいは、「相手」と見なす事も出来る。
それならば、「仲間」と見なす事も、「敵」と見なす事も出来る。「奴隷」と見なす事も、「王」と見なす事も出来る。むしろ、「支配者」と見なす事も出来る。「友達」とも見なせるし、「馬鹿なもの」とも「賢いもの」とも見なせる。
「正しいもの」とも、「間違ったもの」とも、「参考になるもの」とも、「信用できるもの」とも、「信用できないもの」とも見なせる。
「嘘」とも「本当」とも、「実物」とも「虚偽」とも、「無くなったもの」とも「存在するもの」とも、「消え去るもの」とも「現れるもの」とも見なせる。
「作り出せるもの」とも「作り出せないもの」とも、「壊せるもの」とも「壊せないもの」とも、「守るべきもの」とも「壊すべきもの」とも、「侵略すべきもの」とも「放っておいてあげるもの」とも見なせるが、この表現も悪い。
沢山の表現をしていけば治るだろう。
元々何だったかを考えて、例えば、木なら、すぐ「材料」と見なせるが、元々が「生きている木」だったのであるからして、それを「死んだ木」とも見なせるだろう。
今どう使われているかを考えて、「テーブルに使われている木」とする。そうすれば、ただのテーブルである。
「昔からあるもの」と見なす事も出来る。
「変化するもの」「変化しないもの」とも見なせるだろう。
「動くもの」「静止している動かないもの」とも見なせる。そうすれば、「静止しているものは動かない」と、特性を考える事が、連想できる。
「ガラスは割れる」と、単純に考えられれば、「あのガラスは割れない」から、大まかに言って、「扉に使われているガラスは、殆どの場合、割れない」と、すぐに考えられる。
もっと考えれば、「扉に使われているガラスは、足で蹴ると割れるし、手で叩くと割れるし、物をぶつけても割れる。しかし、柔らかいボール程度では割れない」と考えられる。
同様に、「扉以外でも、窓や、比較的よく人の触れる場所にあるガラスは、あまり割れない」と考えられる。
後は、人の意見を参考にして、そのように考えるべきだ。
「ピアノは、こう叩くと、こういう音がする。叩き方は、指を滑らかに使って、連続的に叩く」と知れば、「ならば、こういう風に叩くと、どうなるか」と考えられ、更に習得できる。
ここで考えられるのは、叩き方という方法と、こういう音が鳴るという結果(実験結果)があることである。
lsというコマンドを打ち込むと、ディレクトリの一覧が表示される、という具合である。
それならば、パイプを通じて、実験結果を更に実験対象として連続的に実験を繋げられるUNIXのシェルもある。
そうすると、それらは、全て材料と見なす事が出来るのである。
後は、ひたすら、数学で、論理学と関係性を考えるのみである。

人が、そうした環境で、どのように生きているか、を考える時、参考になるのが、自分が、そういう環境に置かれた時に、どのように生きるか、である。
そして、環境における、材料と意識、人生を考えれば、人々の生きている全ては分かるであろう。
影響力と変化があるのみである。

人を愛する気持ちを養うためには、どんな人でも、まず愛してみる事である。
それだけだ。