「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2009-03-16

2009,03,16
人生主義のシンボルカラーは白地に紫だ。

自分を治すにはこれを言いなさい。
自分を肯定する。
自分を否定する。
自分の肯定性を肯定する。
自分の肯定性を否定する。
自分の否定性を肯定する。
自分の否定性を否定する。

権力は必要ない。平等が必要だ。
忘れたが。
聖書は過去や未来の優れた人物を研究するために必要な物だ。
社会所有が最も良いが、ノルマは自由にすべきだ。
要は、ノルマを政府でなく作業員が決め、それを自由に選べるようにすべきだ。
重工業を12万、工業を10万、農業を20万、公務員を8万とする。
後は賢く考えた人間が命令や議論をし合えば良い。
社会所有が良い理由は、自由ノルマでは能力格差が付き、個人所有では子供の世代に完全な教育格差が付くからである。
大人の格差はどうでも良い。しかしながら、最低限生きられる程度の牛乳水道設備ぐらいあっても良いだろう。
これを人生主義と呼ぶ。
思い出すポイントを変えなさい。
考えるポイントを変化させなさい。
自分で表現しなさい。
考えて賢く自由にしなさい。
考え方を変えると頭が良くなる。

子供のごろから持たせる社会所有としては、以下を含める。
サッカーボール
楽器(3種類)(一つはピアノ)
生活用品
画材
コンピュータ(Fedora
音楽アルバム集(1アーティスト)
あとは図書館を作る

動いている自動車。
置いてあるラジカセ。
とにかく私はそこから入った。
そして、そこから入った私。
変わりたい人々。
変わりたくない人々。
安定を求める人々。
変革を求める人々。

人が住んでいる家。
設定された居住区。
私は今内側から考えた。

人の住んでいる家。
開発された居住区。
私は今外側から考えた。

この地球で何をする?
自由な人々。
自由に気づかない人々。
自由が出来ない人々。
自由を与えられていない人々。
自由を欲していない人々。
自由が分からない人々。
どうする?

何が欲しい?
何が望み?
そんなこと、家の中で、一人きりじゃ、分かるわけが無いじゃないか。
こぼす一言。
だから何?
一言こぼしただけさ。

さあどうなるこの世の中?
誰もが見つめる中
さあどうするこの世の中?
誰も見ていない世の中

さああなたはどこに居る?
さああなたはどちら側にいる?


何かと叫ばれる自由
地球に既にある自由
誰にも気づかれる事無く、存在すら忘れられた、自由と言う名の概念
平等という目線

動いている自動車が、今日も職場に向かう

重力と言うものは無い。
同じように動くものを重力という概念を作って呼んだだけだ。

自分の肯定性はどれくらいあると思うか。
かなりあるだろう。
否定性も同じようにかなりあるだろう。
人の肯定性についてはどう思うか。
同じだろう。
否定性はどうか。
同じだろう。
今、自分を内側から考えて、人を外側から考えただろう。
人の内側も同じだろう。
ならば自分の外側も同じなはずだ。

人の世界観はどうなっていると思うか?
自分の世界観はどうなっていると思うか?
それぞれが集まって、話し合いをしたりする。
それでも意気投合できるのは、世界観が一致していたり、あるいは、融和したりするためだ。
しかしながら、世界観が違うとき、争い事は起きる。
世界観が一致していた方が良いと思うか?
それぞれ違うと、世界は無数に作られる、最高の可能性がある。
当たり前の話だ。
そうして考えてゆけば良い。

あなたは、可能性と平和のどちらを取る?
あなたは、争い事と進歩のどちらを取る?
あなたは、発展と停止のどちらを取る?
あなたは、戦争と安定のどちらを取る?
あなたは、多様性と標準のどちらを取る?
あなたは、自分独自と共同体のどちらを取る?
簡単な事だ。
肯定し、否定し、肯定性を肯定し、肯定性を否定し、否定性を肯定し、否定性を否定すれば良い。
あなたは認めるか?それとも、認めないか?
あなたは受け入れるか?それとも、拒絶するか?
あなたの道は?

私は何も言えない。

この世は、イエスとノーでは決まらない。

そう。この世界は素晴らしい。