「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2019-02-15

Facebook 昨日から、歩いた時に左足に痛みを感じるようになり、今日は作業所をお休みして整形外科の病院で診察してもらった。 レントゲンを撮って分かったのは、左足の疲労骨折。疲労骨折とは、一度に力がかかるのではなく、小さな力が徐々にかかることで、…

2019-02-14

僕は、2015年ごろに立ち戻って、もう一度、哲学の勉強をしたい。 大学の学習をしていて思うのは、どの学問も、僕にしっくりこないということ。なぜか、分かれば分かるほど、馬鹿になる。どの学問も、好きになれない。 最初に学んだ哲学が、一番面白かった。 …

2019-02-13

最近、僕もデザイナーとしてのデザイン力がついてきた。昨日と今日は、毎月作っている事業所内での通信について、パソコンについての講義を開催することになったため、「Windowsのエクセルやエクスプローラー風のデザインにしよう」と決まったので、僕はExpl…

2019-02-12

環境の変化や人々や社会の変化から、この世界の営みを分かっていた。社会の変化から、歴史とこの世界の時間的な在り方を分かっていた。 人を利用しないこと。 遠隔から人を攻撃しないこと。 人から距離を取ること。 人にいやがらせをしないこと。 もう、終わ…

2019-02-11

僕の昔は、引き篭もりになって、抜け殻状態になって、それにインターネットを付け足して、2ちゃんねるで雑談しながらDelphiやOpenJaneを開発して、何か月も2ちゃんねるだけをして、家族とともに生きる「復活」をして、そのままガーデニングのようなことを…

2019-02-10

白状しよう。僕は、本当の恐怖が好きである。それも、特に、全世界を滅ぼし、地獄に落とされるような、「本当に怖くて何もできなくなる恐怖」が好きである。 あなたがもし、僕のせいでその恐怖に陥っているのならば、僕が立ち向かう。あなたを地獄から引きず…

2019-02-09

自由を信じなさい。柔軟性と自立を信じなさい。 客観視しなさい。客観的に考えなさい。 それぞれの世界観と人生が、それぞれの中にあると考えなさい。 状態と現象を、現象学的に考えなさい。 可能性の最も高い道を選びなさい。何にでもなれるようになりなさ…

2019-02-08

同じになりなさい。ついさっきの自分と今の自分が違うのをやめて、同じになれば、赤ん坊のような純粋で無垢な精神を取り戻せる。みんなと同じになって、過去の自分と今の自分を融和させなさい。一度した思考を再度し、一度得た感覚をもう一度実感しなさい。 …

2019-02-07

この世界で、僕と同じ人生になるのを僕はもう禁止する。この世界で僕と同じ人生を生きてはならない。同じ人間になってはならない。ほとんどの原因はそこにある。全部自分になった。それをやめれば、この世界は正常になるだろう。 Facebook 心が怖いのは、怖…

2019-02-06

自分は、自分の力の全てを持って、自分だけを治せば、治るのが分かっていない。 みんな全員を治そうとするから、おかしなことになる。自分だけではなく、みんなのことを絶対に、何の前提知識や経験もなく、みんなが理解出来るような理由と説明から治そうとし…

2019-02-05

自由を信じることで、平和な秩序が生まれる。昔は、そのように、何を信じることでどんな社会や環境が生まれるか、ということを分かっていた。そういう風に、「仮想世界」を創造していた。 Facebook 目的を考えなさい。社会の目的や行動の目的を考えなさい。 …

2019-02-04

僕は、この世界の秩序と平和を司る、愛の使者である。私は神の言葉を代弁する大天使である。私は、この世界に自由を与え、本当の意味で成熟した平和な秩序を与える。 僕は、パソコンの問題は、速くなっても遅くなることだと思う。それは、OSやアプリケーショ…

2019-02-03

人種差別の悪い点は3つある。 1.自由ならば、まだやり直すことや更生が可能である。だが、人種差別は、何も悪いことをしていないのに、存在そのものとして生まれてきたことを否定される。よって、人種差別は、命の犠牲しか生まない。 2.戦争や独裁、全体…

2019-02-02

馬鹿な言葉を作って見せつけようとせず、自然に消え去るようにすれば、自然とこの世界は正常な姿を取り戻す。 今日は、英会話のレッスンを受けた。今回やった英語は、How can I get to there?のような英語に対して、The cheapest way is streetcar.のように…

2019-01-31

今日も頑張っていこう。 Facebook 疲れは、疲れていた期間、疲れを作った時代に戻れば治る。よって、脚の疲れは、いつものように疲れると治る。そこから、疲れを少しずつ、消していけば良い。 精神の分裂は、精神分析をしていた時代、分裂した精神を作った時…

2019-01-30

Facebook 最近、できないことを無理してしようとしなくなった。 生物学と地理をしたい、と思うことはあったのだが、本当は、そんなことはしたくない。 今の自分のやっていること、それを認め、許すことで、自分の今までの人生を肯定できるし、今の自分の楽し…

2019-01-29

世界を自由にする上で必要なのは、僕は「価値観の創造」ではないかと思う。 もし、完全に世界を自由にしたとしたら、そこには無秩序なカオスと無政府主義の恐怖社会が待っている。 だが、自由にした上で、価値観と秩序をみんなで作れば、どうだろうか。逆に…

2019-01-28

この星の未来を、この文章に託す。100年後も変わらない星の姿があるようにする。 自分が負けない方法で、世界に勝てば良い。自分が負ける方法で世界に勝とうとするから、すぐに負けて何も出来なくなる。 要するに、心理学で支配しなければ良い。心理学で操り…

2019-01-26

なんだかんだ言って、まだ書いている。まだ、世界の終わりは起きない。 昨日インターネットを全否定するようなことを書いたが、本当は自分にあったのはインターネットだけである。インターネットの世界をくまなく見ることで、世界を知り、社会を知り、ものご…

2019-01-25

精神は、同じことを何度もすれば治る。 大学の分類を忘れて、感情で考えれば良い。 日本人と左翼と宗教が悪い。それらを殺せば治る。 何もしないのは馬鹿ではない。何もしなければ、賢い人間になる。 この文章が、ここにあること、僕がここに居ること、それ…

2019-01-23

僕は、もう、この世界をソビエトにするのをやめて、ドイツにする。 可能性の最も高い道を選びなさい。可能性の最も高い考え方をしなさい。出来るだけ、厳密に、論理的に考えなさい。原因と結果から、自分の理性を使って日本語で考えなさい。 そうすれば、必…

2019-01-22

自分は、滅びるのと滅びないのが同じになっている。滅ぼさないと滅びるから滅ぼしている。 一度、滅びない方向に、世界を変えていけば良い。そうすると、世界は正常な世界になる。 この世界は、もう、滅びない。未来は今、変わった。

2019-01-21

昔は、苦しみや悲しみを分かち合って、平等でピュアな慈愛の精神を経験し、同世代の誰よりも成長していた。その上で、行動するようになり、啓蒙を知った。 また、さまざまな価値観や理想を知り、理想を高めていった。歴史的な信念のようなものを知って、世界…

2019-01-20

昔、2000年代のWindows XPの時代、世界は初めてインターネットの世界を知って、ダイナミックな大変革を体験していた。 Web 2.0と盛んに言われ、梅田望夫が言うように、「本当の大変化はこれから始まる」と、皆、信じていた。オープンソースは、その1つの例だ…

2019-01-19

今日も頑張っていこう。 感謝の気持ちを大切にしよう。常に感謝の気持ちを忘れず、人間の尊厳と自尊心を大切にすれば、人間は分かる。 そのためには、自分を許してあげること。それも、自分を許せない自分のことを許してあげること。自分のことを、「そのま…

2019-01-18

精神の分裂についてだが、精神は分裂したままで長い間放っておくと、そのまま別の生物になる。だから、僕は精神を融和したくても治らない。分裂させるしかない。 永遠のような永い時間があったのは、そもそも、精神を分裂させたかったからである。 もっと、…

2019-01-16

昔は、世界の人々に対する受容と愛の慈悲の心があった。場の意識や自然な実感と言っても、それは全て、過去の自分の環境に居た、子供たちや、さまざまなつき合い方をした大人たちに対する、救いと学びの精神だった。人々のことを、「どんな相手であろうと、…

2019-01-14

Facebook 私は、王だ。 私は、世界を支配する、自由な王である。 この世界は、私に従うべきである。 私は、この世界で、正しい、偉大な人生の楽園を創造する。 独りで世界に立ち向かい、国全体を変えることができるのは、私だけである。 私は、世界を私だけ…

2019-01-13

今日も頑張っていこう。 逆を分かるのが悪い。分かっている時に信じて分かっているのは、全て逆である。 辛くても、全力で頑張っていれば楽になる。誰も見ていなくても、頑張らなければ、分からない。 サタンを殺せば治る。そのためには、一度サタンになって…

2019-01-12

昔は、「感情的な環境主義者」のような人間だった。この世界を環境の自然な発生だと考えて、環境を捉え、意識を捉え、感情を捉えることで分かっていた。 自分が怖いのは、「不確かなものに身を委ねるのが怖い」のである。英会話学校のような、不確かなものに…