「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2019-01-01から1年間の記事一覧

2019-04-19

最後にこの世界は自由となれ。これで終わりである。 精神を治すためには、まず全ての力を抜いて、次に全ての力を融和して、ひとつの力にして力を入れること。力を融和すれば、神経はすぐに治る。

2019-04-18

我が名はヴァルキュリア。絶世の美女であると同時に勇敢な戦乙女、自由な愛を与える、イスラムの神をも恐れぬユダヤの支配者。 この世界は、完全に私たちの支配下に入った。 私は、この世界でひとつの偉大なことをやる。それは、ゲーテやシラーを超える世界…

2019-04-17

本当は、このような世界は古い。このような世界は、既に終わってしまった。 世界は、傷つくことがなくなった代わり、僕と全く同じになった。 これを、「同化世界」と名付けよう。僕は、同化世界を創り上げた、道化である。 精神は、ミミズのようになれば治る…

2019-04-16

この世界は復活する。今日復活する。奇跡の夏、最高の愛がここに復活する。 僕は、2006年に僕がこの世界に与えた、「愛」を復活させる。これは、正しい愛である。 人々が憎しみ合い、哀しみ合い、自分に対して攻撃しても、それに反撃してはならない。彼らは…

2019-04-15

少しの間文章を書かなかったが、この間にこの日本という国の全ては正常に治った。 僕は、ここで居なくなる。はじめて、この国を不死鳥のように蘇らせられる。 最高の恐怖を乗り越えなさい。最強の恐怖を受け入れなさい。そして、最高の恐怖を好きになりなさ…

2019-04-09

我が名は、ヴァルキュリア。 私は、この世界の時と恋愛を支配している。この世界の時は、私が滅ぼせば機械となり、何も分からないロボット人間になる。私が復活させれば、ソ連を超えるユートピアとなって、この世界全ての問題は解決し、哲学的思索の全てを、…

2019-04-08

せっかくなので、自分で「令和」に代わる新しい元号を考えてみた。 「白輝」(「しろき」と読む)という元号はどうかと思う。 白輝元年、白輝2年、と続いていく。発音が「白き」と読めるので、「白き5年」は「白かった年が5年も続いた」という雰囲気を醸し出…

2019-04-07

足の精神は、テレビを殺せば治る。テレビの部分が悪い。テレビは完全に敵である。 先入観を無くして、社会を変えることを目指し、小学校や中学校の算数や数学のように、「自由な積み重ね」を行いなさい。 さまざまな経験をすることで、気付くことがある。こ…

2019-04-06

全員の精神を融和させなさい。 自分にもできる、世界を変えることを考えなさい。 科学や社会論のようなことを、自分の手で全て作りなさい。 物理学から発想し、社会や心理のようなことを「要請」と「見做す」ことから考えなさい。生産手段や機会の平等を考え…

2019-04-05

私の名はヴァルキュリア。燃え上がる炎のような魂を持った、9人の女天使の長である。 ヴァルキュリアは、二度の人生を生きる。一度目は人として、二度目は神として。 祖国を愛する救国の革命家を生きた人としてのヴァルキュリアは、その後の神のしもべとして…

2019-04-04

人々がせわしなく右往左往と流れているところで、僕は立ち止まって、じっくりと光と闇を見て考えた。 この世界で、僕らがどんな風に生きているのか、何を愛し、何を憎んでこの世界を肯定し、否定しているのか、自分の体験から、子供たちの環境や大人たちの声…

2019-04-03

私の名はヴァルキュリア。死体を復活させ、戦士として蘇らせる、9人の女天使、戦乙女。 私は、あるひとつの大発見をする。それは、死者の頭脳を取り出し、その脳を復活させる、という発見である。 人間の頭脳は、脳だけを取り出して、新鮮な血液と栄養分と酸…

2019-04-02

昔かかった菌を殺せば治る。特に、たむしを殺せば治る。 知識は、知れば知るほど馬鹿になる。多重人格の知的障害になる。知識を殺せば治る。 脳を治せば治る。 どのようにすれば治るのか、さまざまに考えて試せば治る。 自分だけ、狂っているのをやめれば良…

2019-04-01

自分は、「途中で止まっている」ところから、変わっていない。言ってしまえば、「文章を書きかけのまま、そのままを生きている」ということをしている。文章執筆中を継続している。今から、きちんと最初からやれば、できる。 狂った人間は、大人になっている…

2019-03-31

僕は犬である。 犬になって、鼻が良くなった。鼻は、戦う部分である。鼻が賢くなると、未来の自分の分かることが分かる。 人間が馬鹿なのは、鼻が悪いからである。鼻が良くなると、生物は「分かる」ようになる。 ただ、僕は本当は犬ではない。普通に人間であ…

2019-03-30

僕は、勝利宣言をする。この世界で、僕は自由な戦いに勝った。勝利した。 どんな戦いであれ、相手がそれ以上戦えなくして、その上で自分が永遠に戦い続ければ、相手は降参するものである。 僕の自由の勝利である。 本当の自由と相対的な共同性と成長、そして…

2019-03-29

僕は、この世界の自由を守るために、この世界の悪魔の王たちと戦う。 今度の戦いで、今度こそ、僕はこの世界を救い、本当の自由な世界にする。三度目の正直である。 僕は、これ以後の人生を、この戦いに捧げる。僕の人生の終わりまで、この戦いは続く。自分…

2019-03-28

昔は、ネットで世界を変えるさまざまな経験を実体験で知った上で、Linuxの会社の経営者のように、Linuxで世界を変え世界の中で活動するような体験をしただけである。 その後は、世界全員を敵に回して、大革命をやっただけである。 僕は、この世界をもう支配…

2019-03-27

今日は、やっとデザインのやり方が分かった、そういう一日だった。やっと、今までできたこと全部が合わさった。 ピアノもあったが、きちんとミスが少なく弾けるようになってきた。今、ジブリのラピュタやもののけ姫や千と千尋の神隠しの曲を弾いている。もっ…

2019-03-26

今日も楽しく生きております。 頑張って活動していきます。もっと謙虚な気持ちで真摯に、ひとりの男として頑張りたいと思います。 そう、もう僕らは戻れない。 僕らは未来を知ってしまった。これ以上、待ってなんかいられない。 今日は楽しかった!今日も、…

2019-03-25

方程式のコンピュータによる解き方。まず、一般的な方法でxにさまざまな値を代入する。ここで、その結果を保管しておく。それでも解けない時は、この結果を分析し、何故解けないのかを考えながら、過去の結果から分析して解き方を考える。人工知能の機械学習…

2019-03-24

昔は、自分の心がその環境や状況にもし居たとして、その心の状態では何を言うか、何を考えるか、何をするかを考えて、心理学的かつ環境状況的に、心と場を分かっていた。 不思議と、それだけですっきりと全てが分かった。 心理学の基本は、何を考えて何をし…

2019-03-23

昔は、さまざまな新しい発想を、「構造から発想を成り立たせる」ように書いていた。 英語を学ぶために。まず、日本の中に、英語しか話さない地域である「イングリッシュ・スピーキング・エリア」を作る。英語の勉強は、そのエリアに行って、英語だけの生活を…

2019-03-22

昔は、いつどのようになれば自由になるかを考えただけである。 人間とは、いつどのようになれば自由になるか、いつどのようになれば出来るのか、可能なのかを考える生き物である。 みんなには、この世界を変えてほしい。僕本人にはできないことが、みんなに…

2019-03-21

自分は、リンパがおかしくなっている。昔、引き篭もり時代に、風呂に入らなかったせいである。 リンパの流れを良くすれば、疲れがとれて、寄生虫が死ぬ。それで、精神は治る。 環境に適応しようとせず、意識を覚えれば精神は治る。

2019-03-20

Facebook ナチに負けることのない、永遠の神の王国を作ろう。 この国は平等であり、どんな思想のものも、どんな人種のものも受け入れる。だが、唯一、平等な受容をしないもの、受け入れることを受け入れないものだけを受け入れない。 そう、これが新しいフリ…

2019-03-19

Facebook ブッダのように、環境に適応できないのを治す。 苦は、三次元の空間に適応できないことである。 苦を滅した状態は、止まっていても焦りや恐怖を感じない状態である。 苦の原因は、おかしな革命の戦いで、環境に恐怖を感じて適応しなくなったことで…

2019-03-18

賢くなるために必要なことは、「意識を覚えること」である。意識を覚えて、意識を思い出せば、意識は賢くなる。昔の自分は、そこが分かっていた。 社会の体制や制度だけではなく、「具体的にどんなことをやるか」を「政策的意見」として書くことが多かった。…

2019-03-17

人間は、視点を変えれば違うように見えるが、本当は同じである。人間のする行動は、その人の生きている必然的な過程を考えれば、全て必然的な行動であり、その過程と理由は自然に生まれたものである。この世界に間違っている人間は居ない。 過去の自分を許し…

2019-03-16

Facebook プログラムの基本はデータ処理と表示である。これは、コマンドからゲームまで、どんなプログラムでも変わらない。データを読み書きし、出力を表示する。 あとは、ファイルやデータベース、コマンドやブラウザやメニューボタン、グラフィックスのよ…