「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2018-03-01から1ヶ月間の記事一覧

2018-03-31

精神は、肯定でも、否定でもなく、次元の違うことを考えれば治る。 戦うのでも、戦いをやめるのでもなく、別の戦い方をすれば良い。 頑張るのでも、頑張らないのでもなく、別の頑張り方をすれば良い。 自分の精神は、二択で選択し、どちらかを選択しなければ…

2018-03-30

昔は、疑うこと、認識すること、応用すること、見方を変えること、経験すること、実験すること、人々の話を聞くこと、などから来る、「正しさと世界観の広がり」のような文章を書いていた。 その正しさがどこで成り立つか、その真理が何を意味しているかを考…

2018-03-29

カントが、経験を可能にするとか、前提条件などと言っているのは、人間の社会がどのようにすれば可能になるかを考え、また人間の経験から人間がどのような知覚を持って人生を生きているのかを考えているからであって、そもそも、カントのように考えると、逆…

2018-03-28

今日は、もうデザインが楽にできるようになった。このホームページを人々に見せるようになってから、新しい「デザインのことを知っている人格」になった。だが、その前は「純粋な発想が出来る人間」だった。この二人が合わさると、どちらも完全に出来るよう…

2018-03-27

昔は、人間の動機や行動の理由のようなことを、心理学的に全部分かっていた。ネットの経験から、人間がなぜをそれをするのか、信念のようなことも含めて分かっていた。また、人間がいかにしてアイデンティティを確立するのか、のような哲学的発達心理学のよ…

2018-03-26

知性を思い出して分かっていた。その知性が、その時何を分かるのか、何を知っているのかを、思い出すことで分かっていた。 相手の立場に立って、実像を知って分かっていた。客観視から予測し、意識で歴史を知った。 ツイッター そして、僕は終わりに、この世…

2018-03-25

僕のこの気持ちは、恋愛ではないと思っている。デザインが出来る先輩に対する憧れであって、恋愛というのとは違うと僕は思う。 あとは、アメリカを治した方が良い。 僕のWikipediaに対する文章によって、アメリカがおかしく精神的害悪の国になっている。だか…

2018-03-24

日本人が英語が出来ないのは、英単語をカタカナで読む癖が染みついているからだ。 カタカナ語を英語の正しい発音だと思っているから、たちが悪い。 きちんと、英語のアルファベットで読むのを英語の正しい発音だと思えば、日本人は英語はすぐに出来る。 たと…

2018-03-23

悪くなった目を良くするために出来ること: 1.目でものを見るとは、ピントを合わせることであり、そのためには水晶体を筋肉で太くしたり細くしたりする。この、太くしたり、細くしたりということを練習することで、楽にものを見ることができるようになる。…

2018-03-22

NHKの人体の特集を見て思ったのは、iPS細胞は本当にとてもすごい技術的発明だということ。 NHKの番組の中で「全自動プログラムのドミノ倒し」という表現をしていたように、細胞がどのように個別の臓器になっていくのかが分かってしまう。 まず、受精卵を培養…

2018-03-21

ツイッター 未来が白紙であると考えると、希望が持てるだろう。だが、今までの全てが決まっていたと思うと、安心できるものだ。 posted at 15:52:16 哀しみと平和の先に、運命の戦いと夢がある。 posted at 15:42:18 絵を描くために学ぶべき分野は、生物と建…

2018-03-20

新しいことを分かるよりも、今まで既に分かっていることを思い出した方が良い。ヨーロッパのようなこと、哲学のようなこと、パソコンのようなこと、語学のようなこと、人生のようなこと、文章のようなこと、神のようなこと、救うため、捉えるためにどんなこ…

2018-03-19

ツイッター 自分は、やるべきことをどうやったら良いかが分かっている。Windowsアプリケーションを作る手順のことも、詳しくはないが、想像がつく。最近はそういう人間になった。 posted at 23:30:33 引き篭もりを経験した者にしか分からないことはある。昔…

2018-03-18

昔は、捉え方を捉えて分かっていただけだ。 世界はありのまま存在する、のように、賢い捉え方をすることで分かっていた。 場の変化を感覚的に捉えて、場がどんな可能性を取り得るか、場が何をしているかで分かっていた。 最近は、その捉え方が進歩しただけだ…

2018-03-17

心を捉えて、理由と原因から状態を考えていた。どのようにすれば幸福にできるか考えた。昔は、そういう風に、地道なところから積み重ねて全てを分かった。 社会については、建設的に、何をどうできるかを積み重ねた。社会に関する全てを書いていた。 対処策…

2018-03-16

本当は、こんな風に、一人の指導者が自分だけでソ連のように全部決めてしまうのは良くない。 指導者はたくさん居た方が良い。一人の王が間違った人間だった時に、別の可能性を選ぶことができる。 独りが作るよりも、みんながそれぞれ作って、それを選びやす…

2018-03-15

昔は、神のように全部分かっていた。この宇宙、世界、科学、全てのことを悟りながら、完全に分かっていた。知性は無かったが、意識があった。辛かったが、全て望んだ上でやっていた。 昔は、自由の下、支配を否定したかった。この世界を支配する、ということ…

2018-03-14

血が循環せず、疲れやすい時は、腸内細菌を増やそう。腸内細菌を増やすと、生態系が豊かになって、血が綺麗になる。 自分は、足の血を治そうとするあまり、腸内細菌を減らしすぎている。 腸内細菌は、増えすぎも減りすぎも悪い。ある一定の限度を超えないあ…

2018-03-13

認識が虫しかなくなっているのを治すためには、赤ちゃんの知性を思い出すしかない。この世界にあるものを普通だと思えば、そのうち治る。 人間の言語の知性とは、センテンスや文脈ごとにある意味と知性を考えることだ。最初は誰でも、子供はそういう風に分か…

2018-03-12

もっと技術を勉強しないといけない。作業所のスタッフの方と話していて、「自分にもパソコンのことが分かる」と言った。同時に、「自分でもプログラミングのことが教えられるかもしれない」と言ったが、そのあとで「やっぱり出来ないと思う」と言った。僕は…

2018-03-11

僕は、このまま二人の人格になる。この二人は最強で、昔の自分は、洞察力とビジョンがあり、環境と相対性のことを全部分かっている。経験を捉える力があり、環境の創造性を経験的な世界観とビジョンから分かる力がある。今の自分は、何でも新しいことを推測…

2018-03-10

精神の中に全ての存在が居た。神からユダヤ人まで、精神の中に全員が居て、その精神と対話していた。 自然に要らないものがはぎ取られて、正しい文章を書いた。 世界は、独立性を高めて自由となれ。多様性となれ。昔は、そのように、世界を自由な世界へと導…

2018-03-08

自分の存在に気付いてもらうために必要なのは、世界を良く見ると同時に、「変えられる可能性を保持して考えること」だ。 何かをするだけではなく、変えられる可能性を残してさまざまなことをすることで、「この世界で自分が確かに何を出来るのか」を知ること…

2018-03-07

ツイッター 自由が嫌いなのは当たり前だ。自由が嫌いだからといって、過去に自分が考えた経済政策が消えるわけではない。自由な考え方をいつまでも正すよりも、もっと違った側面から考え直すべきだ。 posted at 20:06:25 全て分からない人間は、もう、過去に…

2018-03-06

AIは、常に成功し、失敗に対処して失敗を乗り越えられる力を持たせれば、どんな失敗も乗り越えられるようになり、AIは人間になれる。 昔は、環境や人格を網羅しながら、宗教的なことを言っていた。この世界の全てを知って、全貌を分かった、マスターのような…

2018-03-04

昔は、社会と技術を見て、新しい発想が何か出来ないか、アイディアが何かないか、と考えて、実現方法と手段、そして実現可能性を考えていた。 発想法をパターンと考え方にして、一つのことをやるためにどんな選択肢があるかを考え、全ての実現手段を分かって…

2018-03-03

ツイッター あとは、ネットを社会の一例だと考えた。ネットの実例から、社会がどのようになっていくかを、現状分析と変化から考えた。そこから、この世界の全てを救えるような、革命家のような聡明な情熱家になった。許せないことは、全て自由を奪って人々の…

2018-03-02

ツイッター 本当に、これで終わりだ。もう、世界が馬鹿になっているのはきっと治るだろう。 posted at 22:25:56 ただ、僕の悪い点は、全部自分のせいにして世界を見ようとしない。聞こうとも言おうともしない。最初からこんな世界は見たくないと思っている。…

2018-03-01

ツイッター 最近、Facebookをまた始めた。また、ブラウザはFirefoxに乗り換えた。LinuxはDebianを新しく入れた。だが、僕はむしろ、WindowsでJavaとRubyの開発をしたいと思っている。そして、出来たらパソコン系の資格を取りたいとも思う。だが、本当に絶対…