「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2018-11-01から1ヶ月間の記事一覧

2018-11-13

日本だけ、全く違う「日本」というありえないものを信じている。国とは、普通、経済政策と戦争の道具である。文化とは、普通、神と宗教である。言語とは、普通、ドイツ語である。日本だけ、全く違う、日本を信じている。それは馬鹿ではない。全く違う、最高…

2018-11-12

マルクスもケインズも説明できなかったこととして、「儲からなくても作るべきである時はある」ということが言える。経済には、儲からなくても生産しなければならないことはたくさんある。ホームレスの人のための食事や住居を、国が提供することなどが考えら…

2018-11-11

昔は、「何が何を意味しているか」とか、「何が何をもたらすか」とか、「何が何の理由になるか」とか、「目には見えないけれど大切なもの」を良く考えていた。 最近は、全ての理由を考えた。戦いながら、理由全てを説明することで分かっていた。 これは新し…

2018-11-10

昔は、自分で世界を救っておきながら、その世界を自分で破壊し、滅ぼして、その恐怖に耐えながら文章を書くことで、自分で滅ぼした世界を今度は自分で治し、復活させていた。 どんな地獄でも、世界への愛があれば乗り越えられる。 昔は、社会に対する「協力…

2018-11-08

この世界は、僕が治せばすぐに治る。今から、ありえない世界になる。期待していてほしい。最高の結果になるからだ。

2018-11-07

ものの見方を変えなさい。世界を新しい視点で、固定観念なく見ることで、この世界を全く別の世界として、別の視点で見ることができる。それは環境の変化と精神の現象を捉えることから生まれる。 心の持ちようを変えなさい。気分が晴れるだけではなく、新しい…

2018-11-06

僕は、血が最後まで治って楽になった。その理由は、「統合」と「成熟」にある。 まず、男と女の二人になってセックスなんか、しない方が良い。そのせいで、疲れているだけだからである。セックスのようなことを多重人格の力でしなければ、楽になる。 そして…

2018-11-05

未知の発見の方法のようなことを書いていた。たとえば、蛍光灯の作り方のようなものは、既に誰かが知っている、既存の知識や考え方である。昔の自分は、そうではなく、誰も知らないような、新しいものの作り方、発見の方法、解明の方法、応用の仕方、精神の…

2018-11-04

ロシアやアメリカのやっていることは、 ・右翼を騙している。何も出来ない、批判出来ない世界にしている。 ・左翼を騙している。右翼を嫌いになるようにし、共産党を支持するようにしている。 ・右翼を勝てないようにしている。日本人が、全体主義を再び信じ…

2018-11-03

英会話に行ってきた。 今日は、自然環境を守るために私たちが出来ること、という内容で英語のレッスンを受けた。難しい単語がたくさん出てきたが、基本フレーズは「How can we ~?」と「We can start by ~?」であり、簡単だった。 賢くなりたいなら、「自我…

2018-11-02

良いとか、悪いとかいう、「評価」は関係ない。あるのは、ありのままそこに存在する、「状態」だけである。それが、僕の昔考えた、「人生の存在論」である。 知識とは、経験的に得られた現象の捉え方に過ぎない。あるのは、ありのままのこの宇宙、この歴史だ…

2018-11-01

日本人の賢い理由は、僕はアジアとヨーロッパの文化が融和し、どちらも分かる、それも独自の「日本」という文化に形成されている、ということが言えると思う。日本人が英語を学ぶのと、アメリカ人やイギリス人が英語を話すのは違う。アメリカ人は英語しか話…