「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2018-11-01から1ヶ月間の記事一覧

2018-11-30

昔の自分は、「自分なりに全て分かった」だけである。自分なりに経験し、自分なりに考えた。最近は、一度全てをゼロにして、最初から作り直して、永遠を経験しただけである。 一度全て消えて、精神の虫が治る。心の中の虫は、虫歯である。一度全部虫を殺せば…

2018-11-29

逃げるな。逃げずに立ち向かい、受け入れれば、恐怖に打ち勝ち、世界を変えることができる。逃げて何か罪や罰があるわけではないが、逃げなければ必ず恐怖には勝てる。 成長せよ。成長すれば、必ず精神は治る。成長とは、その時分かったことをそのまま分かる…

2018-11-28

自発的な自由と共有が好きだった。自分から何かをする、ということから、共有と友愛、ありのままときっかけを分かっていた。 自分から考え、自分から行動することで、世界が開ける。 抑圧の全てを体験していた。 永遠のような体験をしていた。神の永遠から、…

2018-11-25

今から地球の温暖化が心配だが、本当は何とかなる。人間の体は適応するもので、暑いのを暑いと感じなくなる。普通の気温を寒いと感じるようになる。それから、気象科学が発展して、気象をコントロールできるようになる。豪雨などは気象をコントロールするこ…

2018-11-24

今日も英会話学校に行ってきた。僕は、もう、英語を聞いて分かるようになってきた。講師の言っている英語を、きちんと分かって聞くことが出来るようになった。

2018-11-23

最後に、この世界を正しい世界に治す。今、この世界は、ドイツになっている。それも、米ソを含むドイツになっている。だから、今、この世界をフランスに治そう。フランスに戻れば、世界は良くなる。 僕は、もうこの世界を支配しない。自然に、テレビが支配者…

2018-11-22

今日は少し疲れていて、作業所では仮眠室を借りて休ませてもらった。僕は良く、仮眠室を使って休ませてもらうことがある。いつも、慢性的な疲れに悩んでいる。 昔は、喪失と2ちゃんねるで、苦しみをみんなで分かち合う体験が良かっただけである。自然に、自…

2018-11-21

昔は、子供の成長や青少年の発達心理学を、人生の過程として書いていただけである。 社会から孤立することで、束縛から解放され、束縛とは何であるかということ、解放されるとはどういうことであるかを知る。自分にも出来ることから、夢を探す。人々と一緒に…

2018-11-20

昔は、「仮定」という考え方や手法が進歩した、それだけである。それを為す前に、どのように為すべきなのかが進歩した。世界に対して、どのようにそれを為すことが本質的に正しいのかを考えた。環境や社会問題においては、「今の問題と過去の問題は同じであ…

2018-11-19

僕は、今、とても幸せである。それは、みんなから愛されて、病気が楽になったからである。 僕は、たまに、愛する人を簡単に否定したり、悪く言えばいじめてしまったりするようなことがあるが、それは僕がみんなのことを嫌いなわけではない。 いつも、それと…

2018-11-18

足は、全ての部分を分裂させた上で治し、その上で融和すれば精神が治る。 表の意識が治ったら、裏の意識も治る。最近は、その裏の意識を治すのが辛くなっている。フロイトはそういうことを言いたかった。裏の意識から治した方が治る。 足は、動脈と静脈の分…

2018-11-17

しばらく期間が空いたことで、この世界はもう完全に治っている。後のこの文章は、純粋に自分のために書く。自分の書いておきたいことを書くことにする。 同じものは同じである。同じものを同じであると考えることで、言語的な知性が身につく。それも、教科書…

2018-11-14

何が悪いのかを人物や対象ではなく、概念で考えなさい。何が怖いのかではなく、どんなことが怖いのか考えなさい。 僕は、過去の精神が怖いだけである。過去の狂った精神が怖い。そして、自由を奪われるのが怖い。 正しいマスターの王となって、世界を変えて…

2018-11-13

日本だけ、全く違う「日本」というありえないものを信じている。国とは、普通、経済政策と戦争の道具である。文化とは、普通、神と宗教である。言語とは、普通、ドイツ語である。日本だけ、全く違う、日本を信じている。それは馬鹿ではない。全く違う、最高…

2018-11-12

マルクスもケインズも説明できなかったこととして、「儲からなくても作るべきである時はある」ということが言える。経済には、儲からなくても生産しなければならないことはたくさんある。ホームレスの人のための食事や住居を、国が提供することなどが考えら…

2018-11-11

昔は、「何が何を意味しているか」とか、「何が何をもたらすか」とか、「何が何の理由になるか」とか、「目には見えないけれど大切なもの」を良く考えていた。 最近は、全ての理由を考えた。戦いながら、理由全てを説明することで分かっていた。 これは新し…

2018-11-10

昔は、自分で世界を救っておきながら、その世界を自分で破壊し、滅ぼして、その恐怖に耐えながら文章を書くことで、自分で滅ぼした世界を今度は自分で治し、復活させていた。 どんな地獄でも、世界への愛があれば乗り越えられる。 昔は、社会に対する「協力…

2018-11-08

この世界は、僕が治せばすぐに治る。今から、ありえない世界になる。期待していてほしい。最高の結果になるからだ。

2018-11-07

ものの見方を変えなさい。世界を新しい視点で、固定観念なく見ることで、この世界を全く別の世界として、別の視点で見ることができる。それは環境の変化と精神の現象を捉えることから生まれる。 心の持ちようを変えなさい。気分が晴れるだけではなく、新しい…

2018-11-06

僕は、血が最後まで治って楽になった。その理由は、「統合」と「成熟」にある。 まず、男と女の二人になってセックスなんか、しない方が良い。そのせいで、疲れているだけだからである。セックスのようなことを多重人格の力でしなければ、楽になる。 そして…

2018-11-05

未知の発見の方法のようなことを書いていた。たとえば、蛍光灯の作り方のようなものは、既に誰かが知っている、既存の知識や考え方である。昔の自分は、そうではなく、誰も知らないような、新しいものの作り方、発見の方法、解明の方法、応用の仕方、精神の…

2018-11-04

ロシアやアメリカのやっていることは、 ・右翼を騙している。何も出来ない、批判出来ない世界にしている。 ・左翼を騙している。右翼を嫌いになるようにし、共産党を支持するようにしている。 ・右翼を勝てないようにしている。日本人が、全体主義を再び信じ…

2018-11-03

英会話に行ってきた。 今日は、自然環境を守るために私たちが出来ること、という内容で英語のレッスンを受けた。難しい単語がたくさん出てきたが、基本フレーズは「How can we ~?」と「We can start by ~?」であり、簡単だった。 賢くなりたいなら、「自我…

2018-11-02

良いとか、悪いとかいう、「評価」は関係ない。あるのは、ありのままそこに存在する、「状態」だけである。それが、僕の昔考えた、「人生の存在論」である。 知識とは、経験的に得られた現象の捉え方に過ぎない。あるのは、ありのままのこの宇宙、この歴史だ…

2018-11-01

日本人の賢い理由は、僕はアジアとヨーロッパの文化が融和し、どちらも分かる、それも独自の「日本」という文化に形成されている、ということが言えると思う。日本人が英語を学ぶのと、アメリカ人やイギリス人が英語を話すのは違う。アメリカ人は英語しか話…