「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2018-01-01から1年間の記事一覧

2018-09-20

今日は、作業所で仲間とのお別れパーティがあって、少し切ない気分になった。 昔は、結構仁徳のある人間で、人々がなぜ苦しんでいるのか、何を想って泣くのか、どうすれば喜ぶのか、争いやいさかいはなぜ起きていて、どうすれば解決できるのかを分かっていた…

2018-09-19

昔は、この世界における幸福の追求論のようなことを書いていた。この世界は常に生み出されており、人生と人々の存在はありのままある。自由な社会にすることで、この世界に自分が存在していること、そのこと自体の幸福を実感できる。 僕は、古代のペルシア帝…

2018-09-18

プログラミングを本当に習得したいのであれば、科学技術計算をやった方が良い。 パソコンがいくら高度で便利になったとは言え、プログラミングの基本は数学的な計算である。数学的な計算が出来れば、プログラミングも出来るようになる。 素因数分解のような…

2018-09-17

何かをして、何かが後で出来なくなるのであれば、出来なくなる前にそれをしなさい。後でも出来ることは後でしなさい。先にしか出来ないことは先にしなさい。 自分が確かに出来るように、根を張って種を蒔きなさい。自分の今、出来ることからやり、出来るべき…

2018-09-16

僕は、書きたくないのと残したいのが矛盾している。もう絶対に書きたくないと思うが、一方でこの文章は絶対に消え去ってほしくないと思っている。 もう絶対に書きたくないと思うのは、逆に、今までのこの文章が無かったということを意味する。それは、この文…

2018-09-15

Facebookより 今日は英会話教室に行ってきた。 英語は、日本語のように高低で単語を発音するのではなく、アクセントの音の強弱で単語を発音する。 このため、「ほとんどアクセントの部分しか発音しない(聞こえない)」という特徴がある。 たとえば、「I lik…

2018-09-13

今後は、Facebookの方に情報を書いていきます。以下のリンクをご覧ください: https://www.facebook.com/michael.schwarz.353250 Facebookより ものを変えるよりも、ものを生み出す環境の方を変えた方が良いことはあると僕は考えている。 だが、その時でも、…

2018-09-12

昔は、プラトンやヒュームのように、「本当に考えること」で分かっていた。この世界の全てを、経験論と捉える批判哲学、そして人生の「想起」から分かっていた。原因と結果、理由、構築の社会論、人々のことを「どのように見つめるか」という考え方から、ブ…

2018-09-11

昔の自分は、人々との苦しみや悲しみの分かち合いから、真実の経験を知り、「価値観の確立」を知り、それが「アイデンティティの満たされる社会」に昇華して、「本当に世界を自由にする方法」を分かっていた。 この世界の全てを解決できるようになって、おか…

2018-09-10

自分の病気の問題点は、「ランダムに動き回る」ことだ。ランダムに動くせいで、精神分裂が治らなくなっている。ランダムをやめれば、自由になって楽になる。 ランダムは辛い。完全に、日付と時間を繰り返しながら、永遠のランダム地獄をやっている。もう、ラ…

2018-09-09

今日はNOVAに行ってきた。久しぶりにレベル7の予約をとったが、結論は「授業の内容が難しくて、良く分からなかった」。 最近予約が取れない関係などから、レベル6のレッスンを受けていたが、僕にはまだまだレベル6がちょうどいいように思う。レベル7はレベル…

2018-09-08

いじめは、みんなでいじめられる側について、いじめっ子の方をいじめればなくなる。 昔の自分は、いじめられる側の子供についたことがある。だからといって、リスクのようなものはあまりない。敵が増えるのをいじめっ子は恐れる。正義と正義の戦いになった時…

2018-09-07

経験的に考えなさい。全てのことを経験に起因すると考えなさい。 自分は、治るのの邪魔をしているだけだ。邪魔をしなければ、精神はすぐに治る。何もしなければ良い。 自分は、嫌いな人間たちが嫌いでないのがおかしい。そんなに無条件にみんなのことを受け…

2018-09-06

経験的に、心の理由を解明していた。「それは当然そのように考えるだろう」ということから、みんなの延長線上の人生と自由を体験し、この宇宙の全ての段階を知っていた。 辛い時は、何もせず、あるがままに許すのが良い。不意に予想外のことが起きるのを許し…

2018-09-05

精神病は、止まったままで、自由なコントロールを失えば治る。 環境や自由を分かった方が良い。人間は、分からなくなれば分かる。環境や自由をそういう風に分かることで、すぐに楽になる。分かるようになる。 数学は悪い。数学的に分かっているのは、分かっ…

2018-09-02

過去の成功体験を信じなさい。昔の僕は、さまざまな成功と失敗を繰り返し、その中から成功体験を見出して分かっていた。啓蒙の思想の中で、社会がどのように改革できるのか、あるいは文化や制度から何が「必然的に経験として」生まれるのかを考えていた。そ…

2018-09-01

自分は、「責任を肩代わりする」と「自由なままで相手を変える」ということから分かっていた。本当に相手のことを理解して接すれば、自由なままでも相手を変えることができる。自由を奪う必要も、戦う必要もない。言葉でこの世界は変えられる。また、子供た…

2018-08-31

自分の問題点は、全部、基本的なことしか分かっていなくて、応用的なことが出来ていない。 たとえば、四角形ツールや楕円形ツールの使い方は分かっているが、それを使って具体的なデザインをさまざまにやる方法が分かっていない。 今日はモチベーションが下…

2018-08-30

足の精神は、きちんと健全な日本の宗教を信じれば治る。宗教を信じないのが悪い。 昨日はピアノに行ってきた。上がり下がりを見るのではなく、音符の音階を絶対的に見れば、すぐに弾けるようになる、ということが分かった。 苦しみや悲しみを分かち合って分…

2018-08-28

正しいのでも、間違っているのでもなく、ありのままが良い。ありのままを実体のモデルとすれば分かる。 病気が治らない人間は、辛い部分を全部復活させなさい。途中で治す部分を殺したせいで、治らなくなっている。治ってから、殺せば良い。動く部分や治す部…

2018-08-27

僕は、今から、放送大学の勉強をする。 僕も、もう30代だ。学歴が全くない状態を脱したい。僕はすでに放送大学に入っている。インターネット配信も受けられる環境にある。 放送大学の良い点は、まず、「入学しなくても、テレビやラジオから無料で講義を視聴…

2018-08-26

中国になると、昔の青春のマスターがもう一度できる。経験から発見し悟る哲学者がアジア人だ。 昔は、独り、みんなと違う道を生きることで分かっていた。環境から自由になって、学校を回想し、引き篭もりとなった体験を思い出して考えることで分かった。 数…

2018-08-25

精神を一度に全部つけて、ひとつの精神になれば治る。だが、それはすると死んでしまうせいで、出来ない。だから、男と女の二つの精神にすれば、すぐに楽になる。 「自分は悪くない」と思った方が良い。自分が悪いと思っていると、ストレスや恐怖から歩き回る…

2018-08-24

そもそも、こちらは狂っているだけである。こちらを手放して抹消すれば、自分の病気は治る。こちらをすごいとか、偉大だとか、賢いとか、そういう風に思って、こちらで成し遂げたことに執着するから、精神病が治らない。こちらを手放し、こちらを消せば、す…

2018-08-23

もっと、社会的な目的を考えるようにすれば、資本主義や民主主義や自由のことが分かるだろう。 努力には報いがあるべきである。何かの目的のために、自分の意志で働くか働かないかを決められるべきである。 競い合うことで、社会は発展する。競わせることに…

2018-08-22

昔は、自尊心を形成する過程のようなことを分かっていた。 狂った理性のない人間は、損得の考え方が分からなくなっている。何を得て何を失うのかを考えれば、理性は復活する。 自分は、自分のことを受け入れてほしいのだということが、今日分かった。自分の…

2018-08-20

「それならば」と数学的に考えなさい。この文章は、それならばを考えて書いているだけだ。社会がどのようになっていくのかを具体的に考えながら、「さまざまな支配の形態」を考えなさい。環境から自由になりなさい。 足の精神は、押さえつけるのではなく、引…

2018-08-19

しばらくの間書かなかったことで、精神が楽になった。また、この世界が静かな世界に治った。 これ以上、あまり書かなければ、みんなはきちんと出来るようになる。今まで出来なかったことが、僕が居なくなることで、出来るようになる。僕の夢もそれで叶う。 …

2018-08-13

精神病になったら、自分の出来ることやすべきことをするよりも、病気の方を優先させなさい。 善良な義務感に従うよりも、楽しく生きる道はきっとある。執着心を断ち切った時に、人間は良いことが出来る。あとで何かが分かるようになる。 安心させるために不…

2018-08-12

昔は、本当に社会の経験と理想から分かっていた。社会の全ての経験をして、「この世界が確かにあるという実感」や、「この世界が自由であると信じること」から分かっていた。経験から、社会の可能性と成り立ちの世界モデルを分かった。何より、スラムのよう…