「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2017-09-01から1ヶ月間の記事一覧

2017-09-19

作業所に行ってきた。今日は、父親が寝不足と言うこともあって、農園には行かなかった。 昔は、社会の発展や変化の中での社会の選択肢を書いていた。 選択肢は、福祉国家か、帝国か、完全な平等か、自由か、保守か、経済成長だ。 発展は、進歩か、再分配か、…

2017-09-18

もう、脳が昔に戻る。少しずつ戻っていって、完全に治る。 脳の物理の部分が治った。物理だけが分からなかった。電磁波を出している部分だ。宇宙と対話している。 脳は、全てのことを物理的方法で考えている。実証し、推論し、作用をモデルで成り立たせてい…

2017-09-17

昔は、人間関係について考え、経験することが多かった。 愛することは、支配することでも、所有することでもなく、信じることだ。 義務と考えるのではなく、機会や権利と考えなさい。 沢山の経験をする中で、過去の自分の何が間違っていたのかを知り、正しい…

2017-09-16

昔は、経験を把握して、経験的に人生のことを分かっていた。人生が場面と環境によって、どうなっていくかを、経験的に考えた。 自由な経験的理性で、世界のことを分かっていた。経験から、社会を論理的に考えていた。 宇宙の根源的な意識を分かって、神のよ…

2017-09-15

昔は、全てを解決する王をやっていた。 出てきた問題を全て解決し、あらゆる難問を自分の頭で考えて解決する、「解決者」だった。 その、解決者の知性で精神を治せば、すぐに治る。 解決者は、完全にあらゆることを解決する。そして、そのまま、世界と対話し…

2017-09-14

自分らしく生きることから、価値観が分かる。 知性から、全てのことが分かり、出来るようになる。 社会の可能性から、多様性と、自由なビジョンが分かる。 実感から、全てのものは愛であると分かる。 馬鹿な大人になると、賢くて正常な人間になる。 精神がお…

2017-09-13

その人がそういう人間になる理由、そういうことをする理由を、その人の立場になって考えていた。 そういう人間だから、そういう人間になる、といったことを環境や場面から、思考を辿って考えていた。 どのような環境がどのような環境から生まれるか、のよう…

2017-09-12

今日は、午前中歯医者に行って、今帰ってきた。今から三十分後に昼食をとって午後から作業所に行く。 昔は、労働を成り立たせる社会モデルを作っていた。 経験から普遍的認識が生まれる発展過程を書いていた。 Windowsは、アプリケーションが応答なしになっ…

2017-09-11

自分は、頑張ることがないのは当たり前なのが分かっていない。もう頑張らなくて良い。人生で頑張ることはもう無い。 論理的に考えるということは、理性とは何か考えることだ。 まず現状がどうなっているか認識し、次に何のせいで血がおかしいのかを知り、記…

2017-09-10

最近、毎日すごく疲れる。今日も、本当にものすごく疲れた。 休んでも、休んでも、疲れる。休んでも休めない。疲れが地獄のように永遠に襲ってくる。 ただ、肉体的な疲れではない。精神的な疲れだ。 気が休まる時間が無い。 楽なのは、この文章を書いている…

2017-09-09

昔は、思考的成長の段階のようなものを書いていた。 教育、自由な社会、アイデンティティ、共有、多様性、環境への適応、自由になる、価値観、などと言う。 そういう、成長の段階と思考の発展のようなことを、いつも書いていた。 世界のことを、アイデンティ…

2017-09-08

昔は、認識は経験的である、と言ったことを、「経験を作る」ことから分かっていた。 回想と場の意識から、世界の変化の可能性を知っていた。 ネットの経験から、認識と人間、宇宙と意識、人生と回想を実地的かつ具体的に分かっていた。 自分は、反抗より支配…

2017-09-07

昔は、ネットを見て行動し、出来るようになり、成長し、真理に目覚めていく過程を書いていた。 昔の人生が、もう思い出せる。 人々のことを、包括的に知った。包括的に成長することで、全員を自分の体験から分かった。 メタ的に、作るためのものを作ると考え…

2017-09-06

作業所に行って、今帰ってきた。今日は、ピアノ教室に行く。 作業所では、カレーパーティのポスターを作っている。作業所で、みんなでカレーを作る。 自分でも、デザインのスキルが、少しずつ上がってきたのを実感している。 昔は、自由な人生学のようなもの…

2017-09-05

作業所と農園に行ってきた。 人間には、人生で出来ることの上限がある。 あまり、たくさんやりすぎない方が良い。あとでやることを残さないと、何も出来なくなる。 潜在的に、人生で出来ることは決まっている。 昔は、認識や感情を実感的に具体例で分かって…

2017-09-04

作業所と農園に行ってきた。 今日は、10月のカレンダーが完成した。 昨日から、生物の参考書を読んでいる。難しくて多いから読めないかと思ったが、実際に読んでみるとそうでもない。内容はそんなに多くない。 治らない精神の病気は、酵素を上手く使って治せ…

2017-09-03

NOVAと農園に行ってきた。 昔は、科学者や神のように、全てを分かった上での文章を書いていた。 人間の可能性、宗教的事実、現象学のようなことや、師弟制度や準備投資など、経済学の全貌の全面的に考えたり、空間を空間だと言ったりしていた。 また、仏教の…

2017-09-02

昔は、全貌を経験し、全ての場合を経験することで分かっていた。 経験的に、あらゆる全てを経験して分かる。 それが、そのまま、神の経験になった。神のように全てを経験した。 人間は、本当に全てを経験して、本当に分かると、その部分が「死ぬ」体験をする…

2017-09-01

昔は、世界の全てを自分の目で見て知っていた。 最近は、究極の事実を知った。神のような絶対事実を知っていた。 民主主義の問題とは、紆余曲折を経た上で、最後に経済発展をしている。 そこが間違っている。普通、最初に経済発展をして、最後に平等分配をす…