「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2017-07-01から1ヶ月間の記事一覧

2017-07-26

昔は、「環境が環境によって必然的にそうなる」のを分かっていた。 認識や感情、人間のこともそういう風に分かっていた。必然性を考えることから、限界と環境の因果性が分かった。また、気付きと驚きとたとえ話で分かった。 自分は、最近、必然的に馬鹿にな…

2017-07-25

僕は、みんなを同じにする。人間は「同じ」が善であって、同じにすると相手を吸収し、自分も相手もどちらも賢くなる。同じにすると、普通になれる。 相手を積極的に同じにすること。それが、賢くなって治るための一番良い方法だ。 ただし、自由や多様性は悪…

2017-07-24

昔は、神のようなありえない体験をしていた。最近は、その体験で分かっている。強くて美しい、永遠の戦いだった。 今から、世界が変わる。前回は間違った方向に進んだが、今度は上手くいってほしい。 それでは、さようなら。 昔は、人間の心理的な部分を部分…

2017-07-23

自分は、自分だけが分かって、みんなが何も分からなくするのが悪い。自分だけ分かっていると、辛い。 昔は、分からせていた。一人だけ、分からなくして分からせる。一人、絶対に世界を解決出来る方法を知ったまま、戦っていた。 昔は、解決していた。あらゆ…

2017-07-22

自分は、そもそも、文章を書いて辛いのがおかしい。書いても辛くないのが普通だから、辛くないように書けば良い。 ピアノは、五線譜で音と音が離れているように見えても、鍵盤ではそんなに離れていないことが多い。 昔は、言葉を知らない動物のように、感覚…

2017-07-21

そんなに「僕は嫌だ」と言わないでほしい。嫌だと思っているその相手にも、何らかの正当性は必ずあるはずだからだ。 相手の立場を尊重してほしい。 昔は、「可能性のある分野」をしたかった。自分のやれる可能性がある分野をしたい。それが、見ていると、Lin…

2017-07-20

知性とは、自由だ。 決まりを決めることが出来るなら、社会や機械の権利や設計をすることが出来るなら、その人は自由だ。 技術が公開されていれば、自由に変えることが出来る。 決まりを変える手段があるなら、自由に変えることが出来る。 知性で考えること…

2017-07-18

昔は、終わることを繰り返すことで分かっていた。全部終わって、さらに終わって、いくらでも終わって分かっていた。 人間は、終わると治る。 自分が怖いのは、臆病のフリをしているからだ。臆病なフリをするよりも、勇敢なフリをした方が良い。臆病なフリを…

2017-07-17

作業所では、馬の世話は大変な作業と言うことで、簡単には出来ないと言うことになり、デザインのことをやった。 今日は、パスをもっと綺麗に引く練習をした。教えてもらいながらロゴのトレースをやっていると、とても綺麗にペンツールでパスを引けるようにな…

2017-07-16

もう楽になったから、今からは頭を賢くする。そして、善をした方が良い。 自分は、職業を考えないのが悪い。職業や社会を考えないせいで、馬鹿になっている。 社会のことを考えると、それぞれが大切であることに気付き、それぞれが本当に大切にされ、自尊心…

2017-07-15

今日はNOVAに行ってきた。 今日は頑張ってLinuxのシェルのページを作った。頑張ったが、あまり賢く見えない。 むしろ、僕はもうコンピュータのことはやめようと思う。コンピュータは、UNIXを見てもWindowsを見ても賢くない。UNIXは何かが悪い。Windowsは、Wi…

2017-07-14

環境を目的から作るとか、「環境と決まりの創造」のようなことを言っていた。 環境の目的別形成や、条件、そして決まりや秩序のようなことを言う。 ニュートン力学や単位、微積分や関数など、数学のようなこともたまに言っていた。 環境だけではなく、目的や…

2017-07-13

マララ・ユスフザイさんが「教育こそが世界を変える」と言っていたが、僕は本当にその通りだと思う。 昔の自分も、教育を良くすることで世界を変えられると考えていた。 だが、僕は「教育を受けられる権利を与える」だけではなく、「教育そのものを改善する…

2017-07-11

昔は、共有、価値観、意見、議論などから、偉大な国を作っていた。考え方と成り立ちから、偉大な国家モデルを作っていた。 賢くなるためには、受け入れること。覚えれば、受け入れる。 自分は、恐怖を受け入れると治る。そして、ネットのようなおかしな環境…

2017-07-10

ビル・ジョイはBSD、vi、csh、NFS、Javaなどの開発に携わった天才で、UNIXプログラマ界随一のスーパープログラマだが、ビル・ジョイが居てもSunは勝てなかった。 ある意味、ビル・ゲイツは本当に賢いのだろう。スティーブ・ジョブズも勝てなかったし、リチャ…

2017-07-09

精神分析をしながら、歴史を辿って、精神世界の中で、この地上の歴史の全ての国、全ての人間と対話していた。 神のように、歴史と対話する。本当に、歴史を支配していた。 この世界の全ての歴史を支配していた。どこにも居ないのに、精神の中に居る。そうい…

2017-07-08

昔は、人間のことを良く分かっていた。自分の体験から、生きるための考え方のようなことを分かっていた。 論理的に考える方法とは、三段論法のように考えることだ。 まず、ものはあれば目的を達成出来る。作ることで使うことが出来る。だが、そのためには、…

2017-07-07

環境への適応から、その環境で分かることを分かっていた。環境の変転や新しい環境へと移ることから、どんな環境からどんな環境へ移ったのかを考えて分かっていた。 認識の変転を考えた。 自分は、本当の自分を見せないのが悪い。自分のフリをするようになっ…

2017-07-06

自分は、最近毎日作業所に行っている。もうニートではなくなった。 もっと、デザインを極めたい。そのために絵の練習をしたいと思う。 昔は、感覚と認識を辿って分かっていた。 感覚的に分かるようになると、もう、分からなくなる。逆に、それで賢くなる。分…

2017-07-05

たのしいRuby 第5版と言う本を買った。リンク先は第5版になっているが、僕が買ったのはAmazonの中古の第4版だ。まだ、届いていない。 昔は、ニュートン力学のような「作用のモデル」から分かっていた。作用で分かった。 助け合いから思いやりの精神が生まれ…

2017-07-04

昔は、意識から場の状態や精神を考えていた。この世界を意識的な精神だと思っていた。 知性のモデルを作っていた。論理的な基礎のモデルを作って、その時その時の目的や手段を考え方で考えていた。集団と個人から、世界の全体像と人間の学習行動を分かった。…

2017-07-03

昔は、歴史のようなことを経験的に分かっていた。昨日書いたような、「歴史のもっと前の、原始的な社会の変転の段階」を知っていた。 昔は、開拓して分かる人間だった。自分の後ろに道を作っていた。

2017-07-02

昔は、感覚的に人間のことを分かっていた。「分からなくなる」ことから、感覚で人々のことを分かっていた。 人間は、感覚を思い出せば分かる。 思い出せない不可能を思い出しながら、感覚で、人々のことを分かっていた。 最近は、言葉の経験から意識を分かる…

2017-07-01

昔は、考え方やたとえ話で分かっていた。経済的制裁を受けている時に、軍事的に強くして勝つのは、イランと同じだ、などと言っていた。 もう、頭が完全に消えて治った。分かるのが悪い。人間は、分かるとこういう風になる。完全に頭が分かっている。何を言っ…