「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2016-01-01から1年間の記事一覧

2016-12-31

自分の場合、後継者は居ないが、おそらく、Linuxとオープンソースの馬鹿な集団に任せれば良い。だが、むしろ、そうでもない。TOKIOが言うように、「お前の手でこいでいけ」と言うのが、正しいだろう。自分がしなければ、意味がない。 posted at 22:44:47 あ…

2016-12-30

本当に日本人が一番素晴らしい。日本が好きだ。 posted at 21:53:38 ある意味、白人は実際的、現実的、積極的、行動的だ。日本人は、仮想的、形式的、受動的、調和的なところがある。 posted at 21:53:18 ある意味、白人は映像的だが、日本人やユダヤ人は文…

2016-12-29

セックスのようなものと習慣と場所が悪いと、すぐに精神病になる。 posted at 23:06:04 神経は興奮で、脳は習慣だ。神経がおかしいのは、セックスのようなものが悪い。脳がおかしいのは、日ごろの暮らし方が悪い。そして、血肉は土で、骨は幹だ。自分の今生…

2016-12-28

自由な意志を尊重すること。じかに会って話し、それが無理ならネットで話す。対話と意見を実体験的に行うことで、話すだけでもこの世界の全ては変えられる。そのためには、話して分かるほど、魅力があって分かっている賢い人間になるべきだが、それはソクラ…

2016-12-27

自分がそれを思うのと同じように、他人がそれを思うのを分かっていた。他人の立場に立って、宇宙的な存在性と、知覚や経験の知性の吸収を分かっていた。 posted at 10:35:14 昔は、観念がどのように想起するかで分かっていた。何をどう思うか、を経験、感覚…

2016-12-26

全てを失ったが、その後の頑張りがすごい。自分の出来る全ての力を全力で使って、失ったものの全てを取り戻した。もう、頭も賢くなって、馬鹿も治った。だが、前より馬鹿になっている。 posted at 23:27:34 あとは、振り返って、実体験で分かっていた。自分…

2016-12-25

僕が思うに、日本人に存在しているのは、道義心と言うよりは、自分のことを犠牲にし、全員のことを平等に慈しむ心だと思う。自己犠牲と平等な慈悲の心が、矛盾せずに溶け合っている。その上で、責任感や他者愛のようなものが存在する。武士の魂と仏教の仏の…

2016-12-24

ある意味、金持ちが新事業としてやれば良い。 posted at 16:24:49 むしろ、設置費用が高い。200万円から400万円はする。ある意味、大反対にあうし、失敗するだろう。 posted at 16:16:33 ある意味、国家戦略としても悪くない。ただ、父親に話すと、すでに国…

2016-12-23

ある意味、リアルが馬鹿に見えて、ネットの情報共有も馬鹿だ。おかしなネット優位論は止めた方が良い。ネットに賢い人間なんか居ない。 posted at 22:31:03 もう、疲れることは充分した。これ以上、疲れることはしたくない。 posted at 22:29:34 みんなは、…

2016-12-22

沖縄の問題は、民主主義的でないことだ。みんなが悪いと言っているのに、それを聞かない政府はおかしい。ある意味、「本当にあらゆる検討をして、それでも沖縄しか選択肢がない」なら分かるが、きちんと検討も議論もしていない。頭に来るのを通り越して、完…

2016-12-21

ある意味、子供がみんなのことを救いたいのかもしれない。 posted at 21:37:51 おそらく、何かが問題だ。何故か、最初から全部作りたい子供が多い。それは、青春と言うより、何かのゴールが設定された、ゲームのステージのようなものだ。無事上がることが出…

2016-12-20

何をしたら仕事の役に立つか、作業所に貢献出来るか、考えている。プログラミングと経済のことが、人に教えられるぐらい分かれば良いと思う。 posted at 22:29:58 自分がPHPのことを教えられるようになると、貢献出来る。 posted at 20:59:36 PHPの勉強が良…

2016-12-19

自分は、本当に仕事(作業)をした方が良い。仕事をして、体が軽くなった。疲れたが、体のだるさはそんなに多くない。むしろ、何もせず、馬鹿な文章書きを惰性で続けるのより、はるかに楽だ。NOVAや農園と比べても、仕事の方が楽だ。パソコンの前で、パスを…

2016-12-18

僕は28歳だが、神は、引き篭もりになる前の賢い子供のことをフランス人と言って、その後の引き篭もりをドイツ人と言っている。見ているとそう見える。むしろ、創った人間は神だから仕方ない。フランス人は最低で、ドイツ人は最悪だった。14年で分かれた。こ…

2016-12-16

金もうけだから許されている。それは良いが、「許されない金儲け」もあるのではないか?それなら、それは裁判所で裁くべきではないのだろうか?などと考えてしまう。だが、それは独裁権力になることもあるだろう。 posted at 22:41:06 あまり、「政治と言え…

2016-12-15

自由を個人と社会に認めれば、社会は自然と平和になる。平和から、必然的に自由度を高め、最終的にはメタ的な価値観を持って、自律的な世界にする。昔から、いつも、そういうことを書いていた。 posted at 20:45:05 快楽は、平等だ。だが、快楽から逃れるこ…

2016-12-14

世界の中に真実を見出して、その真実を世界観とともに拡大し、自分の前の方向へと進んでいき、真実から推論して全てを部分化的に分かっても良い。だが、疑うとは言うが、疑いを経験から晴らすことで、むしろ、「疑わないこと」が必要だ。疑うのは悪くない。…

2016-12-13

僕は、正規表現は、二重パターンのようなものを使いやすくすれば良いと思う。あるパターンの中で、その中にあるもう一つのパターンを置換する。そういう置換が、割と多い。 posted at 20:54:22 あとは、目の奥に居る虫を倒しているから、おかしくなっている…

2016-12-12

ある意味、オープンソースの発展が、一番参考になる。だが、それは、10年前に多かった話だから、今はどうかは分からない。だが、それぞれが意見と発想を共有し、開発者の作るコードを自由なライセンスに決める、と言う発想は、爆発的な発展を生み、ありえな…

2016-12-11

昔は、人々のことを自由に変えたかった。協力して、議論して、助言して、自由と成長の論理性を話し合いたかった。それが、戦いになり、全部書くようになった。 posted at 23:18:01 ある意味、精神と心理の裏側では、おかしなことをやっている。真実ではない…

2016-12-10

可能性の留保と許可から、自由な社会の成り立ちを考えていた。それが、自由モデルだ。 posted at 23:56:53 オープンソースの良い点は、可能性が残されているところだ。良く出来る可能性、変えられる可能性がある。昔は、そういう、可能性の関係から、ライセ…

2016-12-09

昔は、インターネットで、一体感と実感から、人生や社会、時間や存在のことを分かっていた。また、法則と環境の適応から、自律的な考え方と、目的や論理のモデルを多面的に分かった。そして、太陽エネルギーや生命存在のようなことを、気付きと経験による意…

2016-12-08

平等とは、それぞれの共同体を作り、手段を与え、それぞれが決められるようにし、人々の環境を守ることだ。平等が、一番自由だ。 posted at 21:16:18 全員に平等な自由を信じなさい。 posted at 21:05:21 支配者は、偏らず、平等であるべきであり、例えば、…

2016-12-07

もう、終わりにする。ここからは、文章ではなく、デザイナーの仕事を頑張る。昨日はパスを引く練習をしたが、一日では普通出来ないことを一日でやった。自分は、もうすでに何をすればイラストが描けるのかをいくらかだが分かっている。 posted at 21:15:34 …

2016-12-06

ある意味、ペットボトルには、水ではなく、お茶も入るだろうし、ピアノがなければ、ギターでも良いだろう。基盤も同じだ。そういう風にすると、ぷラットフォーム的な想像力がつく。決まりを誰が決めるか、なども分かる。 posted at 12:37:05 良い例が思いつ…

2016-12-05

あとは、論理学と言語のモデルを作っていた。言葉と感情から、数学的に法則と法則でないものを考えるような、そういうモデルをゼロから作って完成させていた。 posted at 16:01:59 今、仕事から帰ってきた。 posted at 15:08:48 そんなに脳を全部書くのが辛…

2016-12-04

理想としては、中学校で数学、高校で情報技術、大学で経済学、大学院で哲学をやらせる。 posted at 22:10:00 軍国教育ではなく、それぞれに合った教育をそれぞれが調べて聞いていくような、デューイが言っているような民主主義の学校の教育にすべきだ。そし…

2016-12-03

そろそろ、もう、嫌いになるのはもう良い。嫌いになると、賢い人間にはなるが、キモい人間になる。好きな方が良い。好きになると、馬鹿にはなるが、全てに満足出来る、良い人間になる。 posted at 22:16:23 あとは、自由な国家モデルを作っていた。どんな社…

2016-12-02

極左がきちんと考えているのが日本だ。欧米の極右は、みんなの現実的な問題や早急の課題を解決したいだけだ。中道左派は、批判することによって、国を正しい方向、正常で健全な方向へと導きたい。中道右派は、経済発展をするとは言うが、既得権を守っている…

2016-12-01

自分で気付きなさい。そして、自分で考えなさい。 posted at 22:46:13