読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「不思議だ」の日記

Assy(在導万創)のブログ。デザイナー見習いの作家です。小説と詩集と日記を書いています。

2017-05-16

今日のこと

Illustratorでペンツールや四角形ツールを使ってパスを引いて図形を作っていく時に、線と塗りに色を設定するが、僕は、単に図形を作っている、と言う認識ではなく、「領域に色をつける」と言う認識をしてみると分かると思う。
ペンツールで作っているものは、確かに線と塗りのついた図形だが、ただ図形を作っていく、と思うと、どうしても図形の輪郭ばかりに目が行ってしまう。
そうではなく、「色を付けるための領域」だと考えると、これはたくさんの領域に色をつけていって、パスの集合、色の集合としての図形、と言うものを捉えることが出来る。
正直に生きなさい。正直に生きていれば、良いことがある。
男性ホルモンでも女性ホルモンでもない、両性ホルモンと言うものを僕は作り出す。そして、それで良くなる。
無意識のうちに判断しなさい。こういうおかしな人間は、全て自分の力で考えて判断している。そこが間違っている。それでは、狂う。無意識のうちに判断すると、怖いし、分からなくなるだろう。だが、パソコンでキーを打つ時に、キーの何を打とうとは意識していないはずだ。
むしろ、パソコンのせいで、全てを意識する人間になる人間が多い。そうではなく、子供が最初にパソコンを学ぶ時のような、意識的ではない、無意識の行動と学習をするべきなのだ。
そういうわけで、無意識の中で色んなことを行動し、判断すれば、全てを把握し、敏感に反応する精神病は治る。
人間は、知らず知らずのうちに、馬鹿になっている。知らず知らずのうちに、悪い人間になっている。
それらを反省し、正直に見つめ直して、気付くこと。
正直に生きて、正直に反省していれば、知らず知らずのうちに悪くなったことも、気付くことが出来る。
いつもの文章は、共同体のような文章が多かった。自由な権限と合意における、解放された共同体を考える。それを自由と言って、独立性を考えていた。だが、それは今のこの社会に当てはまる。この社会は、自由な共同体になるのが一番良い。きちんと共同体を復活させて、それぞれが共同体になった方が良い。
こういうおかしな人間は、何もしていないとは言うが、何かやりたいと思っても意味がないのが分かっていない。やっても、ただやっただけだ。本当は、「普通のことをやっていれば明らかに分かることが分かっていない」と言う表現が正しい。それなら、きっと、「難しいことをするためにどのように行うか」を分かれば良い。たとえば、ノートの入力などをしていると、そんなに前後の一行をチェックしなければならないわけではない。そんなことをしていたら、先に進まないし、少しの間違いはあっても良い。きちんと難しいことをしなければいけない、と思うと、いつまでも最高ノルマを課して、絶対にしなければならないと思うようになる。そうではない。本当は、そういう、「出来ないところはしなくても良いのだ」と言う点が分かっていない。だから、本当は、何かをしなければいけないわけでも、何もしていないわけでもなくて、色んなことを空想し、行動し、判断する、そのバランスが足りていないだけで、それをする際に、それが絶対に出来るべきではなくて、出来るためには色んなことを犠牲にして、ある程度妥協しなければならない、と言うことが、分かっていないのだ。
本当は、ネットが怖いのは、しない方が良いからだ。ネットをしていると、何も出来なくなる。心理学的に考えていくと、恐怖と不安のある経験をとにかく合理的に除去していく、と言う手段と目的になってしまうが、それは間違いで、そんなことが怖いこと、出来ないこと、それそのものが問題になることが多い。だから、治せば治すほど、もっともっとおかしな怖いことをする人間になる。解決方法は存在しないが、本当は、怖くない、と思ってしまえば良い。怖いことを消すと怖くなる。怖いことが、本当に怖くなくなってしまえば、それで治る。むしろ、一度そういう体験をしなければ、賢いことが出来ないから、無理やりやっても意味は無くて、怖いままで良いのだと思わなければならないだろうと思う。そのために、神を信じるのが良いだろう。
そこまで分かったら、話は早い。僕の場合、もっと怖いことを怖くないと思った方が良い。いじめも、支配者の抑圧も、不自由も、重責も、何も怖くない。だが、心の何かが怖いのは、今自分のしていることを信じていないのが怖い。すぐに止めたいのに止められないのは何故だろう?それは、自分が本当はやりたいからだ。だから、やりたいと信じれば良い。それで、怖くなくなるだろう。恐怖の原因は、やっている間治らないが、止める方法が無い、と言うことであって、脳は、もう認知症になっているのが分かっているから、こういう風になる。だが、認知症は死なないまま放っておけば、いつか治る。そういう精神病が多い。
なぜ認識がおかしくなったのかは良く分からないが、きっと、おかしな認識の前の認識を忘れるためにおかしくなっている。治したいなら、話は単純で、昔の自分の認識を良く思い出せば良い。ベッドは最初は何だと思っていたか?きっと、それはインターネットを見るのが悪い。全てのものをエロいものだと勘違いしている。だから、認識がキモいものになる。エロいものの前は、何だと思っていたのかを思い出せば良い。そうすると、すぐにきちんとこの宇宙のことが分かるようになる。
認識は、経験と行動に基づいたフィルターである。昔は、それだけが分かっていた。だが、昔は、それを全部2ちゃんねるの言葉づかいと認識で分かっていた。賢いのに馬鹿だった。認識がキモくなったのは、それら2ちゃんねるの認識と言葉が悪いからだ。だから、2ちゃんねるよりも昔の自分を思い出せば良い。それが出来たら、日本語が分からなくなっているのが治るだろう。むしろ、そんなに昔を思い出すより、新しく認識の世界を作った方が、さらに楽なはずだ。だから、昔作った認識も、おかしくなっている認識も、同時に忘れてしまえば良い。

2017-05-15

今日のこと

頭は、2つに分かれたいだけだから、治さなくて良い。
正直に生きた方が良い。正直に生きていると、頭がそのまま昔に治る。
人間は、正直に生きていると、人間になれる。正直に生きていないと、人間以下の生命になる。
みんなは、もう何もしなくて良い。正直に生きたいなら、菩薩のような本当に正直な人間になると良いと思う。
絵は、下手でも描いた方が良い。下手くそな絵を描いていれば、それで良い。
最近、音楽は、GReeeeNが好きになった。
自分がおかしいのは、子供のごろ、ゲームをやっていたが、親はゲームをやってほしくなかったからだ。
親は、いつもそれが辛かった。
テレビも、学校もしてほしくない。パソコンもしてほしくなかったはずだ。
だから、学校に行かなくなって、Windowsを倒すLinuxのようなことをしていた。
そして、Linuxの場合は、自分しか分からなくしながら世界を支配したのが悪い。最近は、Wikiで同じことをした。
それで、終わりだ。脳はもう治った。脳は2つに分かれれば良いと考えれば良い。
ある意味、脳、肺、腎臓は2つあるから、肝臓を2つにして、血を腎臓が作ってしまえば、分かれることは出来る。
それこそ、胃や腸は穴が開いているだけだから、真ん中から分かれれば良い。骨は、千手観音のようになれば良い。
心臓は、赤血球だけを純粋に流すようにすると、疲れているのが治る。
だが、ある意味、そういう発想の全てが間違っている。
それから、未来を絶望的だと教え込むのは、間違っている。未来は、形を変えれば最高の世界になる。
それで、きちんと希望が見つかるだろう。
終わりだ。これで、本当に終わりだ。
今日の作業所は5月号の通信が出来上がって、新しいパートをやることが決まった。カエルのイラストを描いている。
それから、工賃をもらった。一か月で一万円にも満たないが、作業をした自分に対するご褒美だ。

ツイッター

そろそろ、終わりにする。
posted at 22:17:52
最近は、もう覚えていない。哀しみの中で、この世の全てを刻銘に体験した。
posted at 22:17:44
昔は、引き篭もりになって、独りだけでこの世界の全てを経験していた。意識の変転を知り、場の可能性を知り、人々の延長線上を知り、経験から社会的な価値観の変転を知った。いつどのように場が生まれ、自分が何を出来るのか、完全に分かっていた。Linuxをやりながら、本当に最後まで分かった。
posted at 22:17:19

2017-05-14

今日のこと

結論から言ってしまうと、僕は腎臓とホルモンが悪い。
人間には、病気から守る内臓として、肝臓、腎臓、白血球がある。
肝臓は、病気を治してくれる。
腎臓は、老廃物をろ過して楽にしてくれる。
肝臓は、病気が治るだけで、楽にはしてくれない。
だから、腎臓で治した方が良い。腎臓は、要らないものを消しとって、楽にしてくれる。
白血球は、病気を予防してくれる。ばい菌を退治してくれる。今の僕としては、白血球は関係ない。
白血球や肝臓で治そうとするから、辛くなる。腎臓で治した方が良い。
脳がおかしいのは、シナプスシナプスの間を循環する物質伝達の作用が悪くなっている。円滑に伝達すれば良い。
だが、間違っているのは、僕は、小脳が動いてしまう。だから、運動することで治している。そのために歩き回る。
だが、それは間違っている。なぜなら、小脳ではなく、脳下垂体と言うホルモンが出る部分が悪いからだ。
そういうわけで、ホルモンが脳下垂体から出て、おかしくなっている。
僕個人の印象として、男性ホルモンと女性ホルモンを同時に出しているような気がする。
男性と女性を同時にやっている。
これを治すために、腎臓が2つあるのを利用して、左の腎臓を男性、右の腎臓を女性にすれば良い。
おそらく、女性と男性のどちらもになる、と言う最終手段のために、腎臓が2つある。
ただ、僕の間違っている点は、ホルモンは精巣、卵巣、腎臓など、色んなところから出るが、男性ホルモンや女性ホルモンのような性別のホルモンは、脳下垂体ではなく、精巣や卵巣から出る。
ただし、ホルモンは色んなところから出る。腎臓からもホルモンは出ている。僕は脳の病気に見えて、腎臓とホルモンの病気だ。
あとは、肝臓は2つに分かれたがっている。腎臓の2つをベースに、再生能力のある肝臓を2つにしてしまえば、あとは分かれるのは簡単だ。
そういうわけで、僕はアダムとイヴをやっている。唯一、正しい人間だった。
思うに、おそらく、腎臓はセックスの部分だ。セックスの時感じているのは、腎臓であり、相手と融和しているのも、腎臓だ。腎臓を治すと賢くなる。腎臓は、人間を本来へと立ち返らせる部分だ。

ツイッター

昔は、自分の未来のことを全て予測するような文章を書いていた。それよりもっと昔は、Googleなどの動きを見ながら、社会を知って、経験して、社会がどのようになっていくか、「未来のビジョン」や未来像によって分かっていた。
posted at 18:34:44
一度、真実から過ちまで全部経験してしまえば、自分の気持ちに確信を持てるようになる。
posted at 08:03:55
ある意味、日本人は、自分の思いに確信が持てないのだと思う。
posted at 08:02:30
思い通りに生きられなくて悩んでいる人は、何でもかんでも事前に決めてしまって、そこからのブレで考えるのではなく、その時その時の気持ちを素直に言って、「達成出来た」とか「もう一度やりたい」などと思えば、「こうしたいのに出来なくて辛い」と言う思いも無くなるだろう。
posted at 08:01:18
それが何によって生まれるか、を良く考えることで、それが何によってもたらされているかが分かる。
posted at 07:54:20
だから、日本のネットは、「匿名の利用者に向けたサービス」が主体となっているのをやめて、「名前のある利用者に向けたサービス」を主体としてしまえば、過度の匿名依存から抜け出せるだろう。
posted at 07:51:33
ある意味、匿名がそんなに良いわけではない。2ちゃんねるで匿名が叫ばれるのは、本来が匿名の利用者同士のコミュニケーションだから、それを防げるコテハンが嫌われるだけで、名前を付けた人間の利用者同士のコミュニケーションを主体・主軸としてしまえば、逆に匿名が嫌われるはずだ。
posted at 07:50:41
昔は、政治的誘導と支配が多かったが、最近は無くなった。代わりに、虚無の支配する世界になっている。
posted at 07:49:03
そして、様々なことを知ることで、この世界の実像と可能性が見えてくる。
posted at 07:48:31
例えば、セロテープはものを貼るのに使える。それによって何が出来るか。ものを作るのに使える。食べ物は食べると生きられる。それによって何が出来るか。料理を作ることが出来る。そんな、単純なことで良い。そこから、応用的なものの関係と方法が見えてくる。
posted at 07:48:10
かると分からないが逆になっている。新しいことを知るよりも、すでに知っていることから分かれ。
posted at 07:46:48